auペイ残高は現金化できる?au PAYで現金を手に入れる方法とは

auペイ残高を現金化する方法 お金を作る

auユーザーもそれ以外でも使える便利な「auペイ」ですが、果たして現金化はできるのでしょうか?
ほとんどの「○○ペイ」はamazonギフト券や商品券などの金券を購入することはできず現金化に不向きです。
ですが、auペイは現金化定番の「アレ」が購入できます。
どこにも書いていないauペイ現金化の裏技を紹介しますね!

「auペイ(au Pay)」は2019年4月にサービス・スタートとなりました。
サービスの提供業者はKDDI。
携帯電話「au」を手がける会社です。

ちなみに「auペイ」は「QRコード決済サービス」。
ご存知のとおり、キャッシュレスを実現する注目の決済サービスとなります。

そのいっぽう、「au」はすでに「au WALLET」をサービスしており、違いを理解したいところですね。

さっそく解説をすすめましょう。

auPay(auペイ)って最近よく見かけますね!

現金化ってできるんですか?

auPayは2つの方法で現金化できるんだ!
「○○Pay」は現金化しづらいものが多いから便利だよな。

だが、若干面倒だから、即日で簡単に現金化したいならクレジットカード現金化がおすすめだぞ。

auペイ(au PAY)とは?

そもそもauPAYとは?事前チャージが必要な「QR決済サービス」

そもそもauPAYって何でしょう?

事前チャージが必要な「QRコード決済サービス」のことだ。

auユーザーでなくても使えるぞ!

前述のとおり「auペイ」は「QRコード決済サービス」となります。
「電子マネー」ではない点を理解しましょう。

「QRコード決済」の特徴を思いおこしてください。
決済利用に事前チャージが必要でしたね。

これは、いわゆる「ペイサービス」全体にいえること。
「PayPay」「LINE Pay」と共通ですよ。

概要を説明しましょう。

まずはauペイの還元率から。
表組みします。

  一般会員・還元率 プレミアム会員・還元率
通常店舗 0.5% 1.5%
2%還元対象店舗 2.5% 3.5%
5%還元対象店舗 5.5% 6.5%

ちなみに「プレミアム会員」とは「auスマートパスプレミアム会員」を指しています。
月額499円(税抜き)となり「エンタメ楽しみ放題」や「データ復旧サポート」特典が人気です。

有料サービスとなりますが、「auペイ」の積極活用を考えるなら意味はあるでしょう。

auペイの還元キャンペーンについて

それから「auペイ」は豪華キャンペーンを開催中です。
注目されているのは、2020年2/10~3/29開催の「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」
期間中であれば決済額に応じてポイントをもらえます。

さらに掘り下げましょう。
通常は決済額200円に対して付与ポイントが1ポイント。
そこを40ポイント還元(20%還元)となるキャンペーンです。

最大20%還元とはおどろきですね。
期間により上限額は設定されますが、破格のキャンペーンとなるでしょう。

ちなみに2/10スタートのキャンペーンは、開始翌日に還元総額が10億円に到達したため、いったん2/11終了となりました。

期間中「毎週10億円」ですから、翌週月曜日には再スタートです。
おそらく、毎週スタートしたとたん「10億円」到達、となるのでしょう……。

こちらの利用は家電量販店がおすすめ。
「ビックカメラ」や「ケーズデンキ」「ジョーシン」などで使えますよ。

それから「三太郎の日キャンペーン」も注目されていますね。
「auスマートパスプレミアム会員」限定のキャンペーンです。

条件はKDDI運営ショッピングモール(au Wouma!)の利用。
毎月「3」の付く日にショッピングをすると最大「20%」還元となります。
お目当ての商品があれば、かなり「お得」となるでしょう。

auペイとauウォレット(au WALLET)との違いは?

auWALLETって?「ウォレットカード」で簡単決済!

「auペイ」と「au WALLET」って何が違うんですか?

「au WALLET」は「QRコード決済サービス」ではなく、「ウォレットカード」利用で決済するサービスだ。

「auペイ」と「au WALLET」はいずれもKDDIが手がけるキャッシュレス決済です。
「決済方法」に大きな違いがあります。

「auペイ」は「QRコード決済サービス」
スマホ利用の決済サービスとなります。
「QRコード」や「バーコード」利用の決済サービスとなり、事前の現金チャージが必要です。

いっぽう「au WALLET」は「ウォレットカード」利用で決済をします。
プリペイドタイプのカードですが、クレジットカード連携が可能です。
さらに「じぶん銀行」連携ができますから、ご自分にフィットした決済方法を選べます。

それぞれのメリットをみましょう。

「auペイ」のメリットは支払い方法にあります。
スマホをサッとだしてスマートに決済。
あっという間にレジを通過できます。

「au WALLET」ならクレジットカード連携が便利。
事前チャージを忘れても大丈夫。
オンライン決済も対応していますから、ネットショッピングができますね。

auペイ(au PAY)の残高を現金化する2つの方法

「auペイ残高」の現金化方法をレクチャーしましょう。

1.auペイは郵便局で使える!切手を購入して現金化

郵便局で使える!切手を購入して現金化しよう!

ええ!?auPAYって郵便局で使えるんですか!?

郵便局で使える〇〇ペイは限られているが、実は使えるぞ!

スマホで切手が買えるなんてありがたいよな。

キャッシュレス決済は時代の主流となりつつあります。
郵便局も例外ではなく、さまざまな商品やサービスへの対応を促進させたのです。

郵便局ホームページをみればご理解いただけるでしょう。
「切手」「はがき」もキャッシュレス決済で購入できる時代となりました。

郵便窓口においてお取り扱いする次の商品・サービスについては、クレジットカード・電子マネー・スマホ決済でお支払いいただけます。

郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃
切手※、はがき、レターパックなどの販売品
切手販売は、1回の取引において10万円が上限額です。
カタログ、店頭商品などの物販商品

引用元:郵便局「郵便窓口におけるキャッシュレス決済

決済可能ブランドをみると「auペイ」が記載されています。
残高を利用して「切手」を買えるのです。

あとで触れますが「au加盟店規約」で「切手販売」を禁止しておきながら郵便局利用可能とは、一種の盲点かもしれませんね。

ここで豆知識をすこし。
切手換金の常識ですが、「バラ」よりもセットになった「シート」のほうが高い換金率となります。

ここまでは「あたりまえ」。
さらに換金率を高めるには、使用頻度の高い「額面」を購入すること。
具体的には「84円切手」です。

理由はお分かりですね。
手紙を郵送する際に必要だから、となります。

切手買取専門業者の利用で、じょうずに換金してください。
相場は「84円切手・100枚シート」換金率で「92%」。
おぼえておきましょう。

2.auペイでお店の商品を購入して現金化

実店舗を利用!auPAYで購入して商品を転売しよう!

「auペイ」は「QRコード決済」です。
そのため基本的にネット利用ができません。

将来的には「au Wowma!導入予定」とされますが、現状は実店舗のみです。

いずれにせよ残高現金化には換金可能商品の購入が必要。
オススメは高価買取対象商品ですね。

貴金属類、家電品、ゲーム、楽器などが該当します。
目利きをしっかりとして、かしこく現金化しましょう。

auペイ(au PAY)が使えるお店は?楽天ペイが使えるお店でも利用可能!

auPAYってまだ使えるお店少なくないですか?

そんなことないぞ!

auPAYは楽天ペイと連携しているから、新しいさ―ボスの割に使える店が多いんだ。

これからももっと増えるぞ!

「ペイサービス(コード決済サービス)」の利便性は対応店舗の多さで決まります。
「auペイ」は2019年6月26日より「楽天ペイ」との連携を発表しました。

これにより、ほとんどの「楽天ペイ」加盟店での利用が可能となることに。
大幅な利用店舗数増大で、利便性の高い「決済サービス」となりましたね。

「PayPay」におよばない部分はありますが、今後のサービス向上に期待をしましょう。

auペイは金券、新幹線回数券、amazonギフト券が購入できない!

auペイは金券購入不可?ギフトカード・商品券新幹線のチケットなど!

「auペイ残高」現金化をねらうなら、換金率の高い商品を購入したいですね。
しかし、どのような商品でも購入可能とはいきません。

「au Pay(au ペイ) 加盟店規約」をみましょう。

それによると第10条で「取扱禁止商品」に触れています。

第10条 (取扱い禁止商品等)
加盟店は、以下のいずれかに該当する商品又はサービスを取り扱ってはならないものとします。
事実誤認を生じさせ、又はその虞のあるもの

(14)回数券、定期券、商品券、印紙、切手、金券類等の換金性が高いもの、又は換金の虞が高いとKDDIが判断するもの

引用元:au PAY「au PAY 加盟店規約

第10条1項14で「回数券」「定期券」「商品券」「印紙」「切手」「金券類等」の加盟店取り扱いを禁止しているのです。
(前述しましたが、郵便局での「切手」購入は可能)

そのため高値換金がねらえる「ギフトカード(アマゾンギフト券)」「商品券」「新幹線回数券」「金券」の購入ができないと考えてください。

抜け道はあるかもしれませんが、いずれも解約対象の項目とされます。
購入者も加盟店も無傷ではいられません。
わざわざ「危ない橋」を渡る必要はないでしょう……。

スマホ決済サービスってどれも金券は買えないですよね…。

auPAYもダメか~。

まぁまぁ、そう言うな。

切手が買えるだけでもすごいことだぞ。

au WALLETポイントなら回数券や商品券、amazonギフト券が買える!

諦めないで!auWALLETならAmazonギフト券が購入可能!

auPAYでは買えないアマゾンギフト券が、auWALLETなら買えるんだ!

ええ~!そうなんですか!?

思わぬ抜け道ですね!

でも、auWALLETはauユーザーだけのサービスでしょ?

ふふふ…以前はそうだったが、今はauユーザー以外も作れるんだぜ!

auペイで貯まる「au WALLETポイント」利用で「回数券」「商品券」「amazonギフト券」を購入しましょう。
とくに「amazonギフト券」は換金率が高くねらい目ですね。
「au WALLETポイント」は「amazonギフト券(Eメールタイプ)」をセーフティに購入できます。

「amazonギフト券」は換金業者がたくさん存在しますから、現金化へのハードルを下げられると思いませんか?

ここで「amazonギフト券」換金方法をレクチャーしましょう。
「金券ショップ」「専門買取業者」「ヤフオク・メルカリ」利用が該当します。

このうち「専門買取業者」が一番のオススメ。
「換金率の高さ」や「スピーディな換金」が理由といえるでしょう。

「amazonギフト券(Eメールタイプ)」であればメールの送受信で取引きが成立します。
便利な時代になりましたね……。

お目当ての「専門買取業者」へ買取をオーダーして銀行口座指定をすれば、短時間で現金入手できますよ。

問題なければ30分以内に換金可能ですからたまりません。
試してみる価値アリです。

au WALLETはauユーザーしか使えない?

「au WALLET」は利便性の高いサービスです。
ただし注意したいのは「auユーザー」しか利用できない点。
長期間にわたり、この状態が続きました。

ここで朗報です。
じつは2019年8月29日より「auユーザー以外」へのサービス提供がスタートしています。

KDDIが提供するバーコードやQRコードをつかった新たなスマホ決済サービス「au PAY」、お店やネットショッピングでご使用いただける「au WALLET プリペイドカード」は、2019年8月29日より、auをご利用でないお客さまにも提供を開始します

引用元:KDDI「スマホ決済「au PAY」、8月29日からau以外のお客さまも利用可能に

見出しで「使えない」としていますが、現在はスマホ利用で導入可能。
「auPAYアプリ(旧:au WALLET アプリ)」をダウンロードすれば申込み画面から「au WALLET プリペイドカード」を申し込めます。

「じぶん銀行」との連携申込みが便利ですから念頭におきましょう。

そもそも「au WALLET」は「auユーザーのみ」としたのは「au ID」による「ユーザー囲い込み」や「信用度の担保」などが理由でした。

しかし、時代の流れはクローズドな決済サービスをよしとしなかったのです。
NTTドコモ展開の「dポイント」に対抗するためには、「au WALLETポイント」のオープン化が必須だったのでしょう。

今回の措置は利用者側からすればメリットいっぱいですね。
キャリアフリー化によりだれでも気軽にサービス特典を享受できます。

話を広げましょう。
「au WALLET」のみならず「auペイ」もオープン化されています。
そのためにスマホ利用で「au ID」を作成しておきましょう。

これで「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」や「三太郎の日キャンペーン」などの参加条件が整います。(「三太郎の日キャンペーン」はauスマートパスプレミアム会員となる必要あり)

テレビコマーシャルをみて、「auユーザー」だけの特典だと思っていませんか?
キャリアフリーですから「au携帯」を持たなくてもOKですよ。

au WALLETを現金化する3つの確実な方法

金券ショップへ売却

au WALLETを現金化する方法は以下の3通りあります。

どれも方法は似ていますが、換金率や現金化までのスピード、手軽さが違います。

一つ一つ解説していきますね。

1.au WALLETで新幹線の回数券を購入して金券ショップへ売却

ネットオークションで

現金化するのによく使われる「新幹線の回数券」、auウォレットを使えばいいんじゃ?

もちろん可能だが、カード会社に狙われる可能性も高いんだぞ。

au WALLETで新幹線の回数券を購入して、金券ショップへ売却する方法です。

昔からあるオーソドックスなやり方なので、思いついたことがある人もいるでしょう。

新幹線の回数券は、金券ショップで売ると換金率が90%を超えるため、高い換金率で現金化することができます。

ですが、一般的に、新幹線の回数券を使った現金化はリスクが高いことで知られています。

なぜなら、あまりにも有名な方法なので、カード会社などが不正に使われないか目を光らせているからです。

新幹線回数券を複数枚購入するなど高額だった場合は、カード会社に不審がられバレてしまう可能性も高いです。

もし、現金化がカード会社に見つかってしまうと、カードの利用停止だけでなく、利用停止によりまだ返済していない金額を一括請求されてしまう場合もあります。

新幹線回数券は購入しやすいですが、リスクがあることも覚えておきましょう。

「新幹線の回数券をau WALLETで購入して、払い戻しすればお金が返ってくるんじゃ?」

このように考える人もいるかも知れませんが、残念ながらau WALLETで支払った場合はau WALLETで戻ってきます。

払い戻しで現金を手にすることは不可能ということですね。

2.au WALLETで商品券を購入して金券ショップへ売却

買い取ってもらおう

商品券をネットで買うのはなかなか難しそうですね…

こういう場合はネットオークションが最適だな。

ちなみにメルカリやラクマではそもそも販売が禁止されているから気を付けろよ。

新幹線回数券がダメなら、au WALLETで商品券を購入して金券ショップで売ればいいのでは?と思いますよね。

例えば有名な商品券のJCBギフトカードは、金券ショップで高い換金率で売却することができます。

ですが、JCBギフトカードを購入するにはデメリットが2つあり、一つはJCBのクレジットカードか現金かでしか購入することができません。

残念ながら、au WALLETはマスターカードしかありませんので、JCBギフトカードの購入は不可能です。

また、デパートで使える全国百貨店共通商品券は、なんとインターネットから購入ができません。

商品券をネットからクレジットカードで購入するのは難しいようですね。

au WALLETなら、ヤフオクやモバオクなどネットオークションでは、JCBギフト券や全国百貨店共通商品券が販売されているので、そちらから購入することも可能です。

ですが、ネットオークションはトラブルも多く、商品が送られてこないという詐欺被害もあります。

商品券での現金化は、できなくはないけど少し難点があるため、amazonギフト券の購入をおすすめします。

3.au WALLETでAmazonギフト券を購入してギフト券買取店へ買取ってもらう

高換金率なところが

やっぱりアマギフが一番いいんですね!

通常キャリア決済では買えないからこそ、auウォレットを使えば安心なんだ。

一番賢いau WALLETの現金化はamazonギフト券を購入してギフト券買取専門店へ売る方法です。

ご存知のかたもいらっしゃるかもしれませんが、amazonギフト券は携帯会社のキャリア決済では購入することができません。

アマゾンギフト券はよく詐欺に使われてしまうからですね。

そのため、auかんたん決済でもamazonギフト券を手に入れることは難しいのです。

ですが、au WALLETなら普通のプリペイドカード(またはクレジットカード)なので、心配せずに購入することができます。

購入して、ギフト券買取店に売却すれば、現金化完了です。

au ウォレットの現金化ならギフト券買取店「買取ボブ」が高換金率!

ボブが強い

現金化するのにおすすめの業者はありますか?

やっぱり知名度も高い「買取ボブ」がおすすめだな。

HPですぐに見積もりが出来るから、一度やってみるのも良いぞ!

au WALLETを現金化するならアマゾンギフト券の購入がおすすめです。

アマゾンギフト券は、すぐに手に入れられ、換金率も高く、良いことづくめです。

そして、お得に買い取ってもらうのは、優良のギフト券買取店を選ぶことも重要です。

古物営業許可店のある老舗の「買取ボブ」は、有名なギフト券買取業者です。
業界トップの買取率で、アマゾンギフト券の買取を強化しています。

他のお店の多くがamazonギフト券買取率90%を下回るのに対し、買取ボブは、驚きの換金率94%で買い取ってくれます。

WEBのみで申し込みから振込みが完結するため、一歩も外に出ることなく、誰に気づかれることもなく、安心して便利に利用できます。

他にも「買取ボブ」には嬉しいメリットがたくさんあるのでご紹介しましょう。

  • 振込手数料無料
  • 365日24時間営業
  • 最短10分で手続完了
  • チャットや電話でも相談OK

ギフト券買取業者は数多くありますが、中でも最も人気が高いのが「買取ボブ」です。

【悲報】買取ボブはもうオトクじゃない!?

もうオトクではないのか

これまで多くの人に利用されてきた「買取ボブ」ですが、最近ネット上では『使えない』『一気に換金率が下がった』と話題になっています。

それもそのはず、以前では90%以上になることもあった買取ボブの換金率が、現在では80%ほどに大暴落しているのです。

理由としてはAmazonギフト券の需要と供給のバランスが崩れ、供給過多になってしまったことがあります。

そのため、買取ボブに限らずAmazonギフト券の買取をうたう業者が軒並み換金率を下げている状態です。

どうしてもAmazonギフト券を現金に換えたい!という場合でも、本当にこの換金率でいいのかをよく考えてから利用するようにしましょう。

それでも現金が必要…こんな時、どうする?

「明日までに現金を用意しないと」「振込が迫ってきているのにどうしよう」こんな時もありますよね。

その場合でも、あなたがクレジットカードを持っているのなら、『クレジットカード現金化』という道が残されています。

Amazonギフト券の場合は買い取ってもらうまでにいくつものハードルがありますが、クレジットカード現金化であれば

  • 本人名義のクレジットカードがある
  • クレジットカードのショッピング枠が残っている

最低限、これだけの条件をクリアしていれば申し込みが可能です。

でも、クレジットカード現金化業者って沢山あって…

どこを選べばいいんでしょうか?

それなら『ひまわりギフト』がおすすめだぞ!

初心者にも分かりやすくサポートしてくれるから、初めての現金化でもスムーズに手続きが出来るんだ。

ひまわりギフトで現金化してみる

【注意】auウォレットで買った商品を返品しても現金化はできない!

返品からは無理

返品だと、残高で返される上に時間もかかるんだ。

即日でお金が必要なら、他の方法のほうが良さそうですね。

「au WALLETのお店で商品を購入して、それを返品すれば現金として返ってくるのでは?」と考える人もいるかも知れません。

商品を返品やキャンセルしても、au WALLET残高は購入前の状態に戻るだけです。

期待した方は残念ですが、ほとんどのお店の返金対応は、支払い方法と同じ方法になります。

しかも、au WALLETへ残高が戻るまでの時間は、即日の場合もありますが、長くて45日程度かかって返金されることもあります。

auペイ(au PAY)で購入した商品を返品して現金化はできる?

auPAYで購入した商品を返品して現金化

「ペイ残高の現金化なら購入商品の返品でOKじゃないの?」
このような声が聞こえました。

たしかに電子マネーでは購入商品の返品で換金可能となるものがあります。

しかし「auペイ・サポート情報」をみてください。

本サービス決済完了後に、決済された金額に誤りがあったことが判明した場合、返品が生じた場合、加盟店との取引の無効が判明し、又は取消し若しくは解除がなされた場合は、会員はKDDI又は加盟店が本サービス決済を取り消すことができることを了承するものとします。この場合において、なお未精算の決済金額が残存する場合は、会員は、当該決済金額を本サービス又は本サービス決済以外の方法により、加盟店に支払うものとします。

引用元:au WALLET「au PAYサービス利用規約

商品やサービスのキャンセル・返品に対して「現金返金しない」と明記されています。

(返金ではなく、auペイ決済を取り消すという対応)

具体的には、購入商品のキャンセル・返品に対して「au WALLET残高」を戻す措置がとられることに。

しかも、加盟店→クレジットカード会社→マスターカード社経由で返品情報が回るため、残高修正に45日程度かかる可能性が示唆されています。

残高修正・回復に手間と時間がかかるだけ、とはお粗末ですね。
ぜったいに避けてください……。

商品を返品しても、auPAYで支払った場合は、現金で返ってこないんですね…。

これは、スマホ決済だけでなく、電子マネーもクレジットカードも

支払った方法で返金されるんだ。

だが、一部には例外もあるぞ。

正直、あまりおすすめはしないがな…。

クレジットカードなどで買った商品を返品して現金を返してもらう方法は以下のページを参考にしてくださいね。

auペイ(au PAY)やauウォレットの現金化は違法?

「auペイ(au PAY)」「auウォレット(au WALLET)」現金化に関して違法性を問う声がよせられました。
専門家に意見をうかがいましょう。

その結果「違法ではない」が答です。
ただし安心するわけにはいきません。
なぜならば「規約違反」となるから。

規約では換金に対して目を光らせています。
この点を野放しにすれば、将来的にユーザーの債務超過を助長させかねないのです。

結論は「現金化=グレー」となるでしょう。
慎重に考えてください。

まとめ:auペイで現金化は正直非効率!au WALLETで現金化がまだ現実的

auPAY現金化はおすすめできない

前述しましたが、「auペイ」では「金券」「新幹線回数券」「amazonギフト券」購入に利用できません。
これは「QRコード決済」共通となります。

そのため郵便局利用で「切手購入」および「買取専門業者」利用が必要です。
換金率を考えれば非効率と言わざるを得ませんね……。

いっぽう「au WALLET」なら「amazonギフト券」購入が可能。
「買取専門業者」利用で効率よく現金化ができます。

「amazonギフト券」は人気が高く、換金率を期待したいところ。
「au ペイ」換金よりお得となるでしょう。
ただし、いずれも換金スピードに難があります。

そこで、考えを「クレジットカード現金化」にシフトしてください。
期待に応えてくれますよ。

au ペイの現金化って切手が買えるぐらいのメリットしかないんですねぇ。

ぶっちゃけそうだな…。

今すぐ効率よく現金化したいならクレジットカード現金化がベストだぞ。

タイトルとURLをコピーしました