【今すぐ現金が必要なら】マイキャッシュ24公式サイト >>

競馬はクレジットカードで出来る?|JRAダイレクトの払い戻し方法解説

JRAダイレクトの払い戻し方法解説クレジットカード

競馬で勝ったはいいけれど、どうすれば払い戻せるのか分からない。そんな方のために、JRAダイレクトの払い戻し方法を分かりやすく解説します!

JRAダイレクトとは、JRA指定のクレジットカードを使って馬券が簡単に買えるシステムです。

もし的中した場合は、1節分をまとめて口座に入金してくれますよ!

ただし、「使えるカードに制限がある」「原則スマートフォンから利用できない」など、複雑な部分がいくつかあります。

今回は、そんなJRAダイレクトの分かりづらい部分を解説!あわせてクレジットカードを使った馬券の購入方法についてもお伝えします。

マイキャッシュ24
マイキャッシュ24ランキング

\換金率99%!!/

今すぐ即日で現金化するなら「マイキャッシュ24」!
来店不要・審査なし!スマホ1台あれば今すぐ現金化可能♪
最短3分のお振込みだから、忙しい方に特におすすめ!
まずは公式サイトから無料でシミュレーション♪

※クレジットカードが必要です※

【お得な情報を定期配信!】

LINE友だち追加

サイトには書けない金策方法を配信中!

  1. クレジットカードを使って馬券を買う方法まとめ
    1. 1.ショッピング枠で馬券を購入する(JRAダイレクト)
    2. 2.キャッシング枠でお金を借りて資金を用意する
      1. ①現金を持って競馬場やウインズで馬券を購入する
      2. ②現金を銀行口座に入れて「即PAT」「A-PAT」で馬券購入する
    3. ショッピング枠なら「クレジットカード現金化」も使える!
  2. ネットを使えばクレジットカードで馬券が買える!
    1. 競馬の馬券購入に使えるクレジットカードはどれ?
    2. JRAダイレクトの馬券購入はパソコンのみ
  3. 【知っておきたい】クレジットカードで競馬をする時の注意点
    1. 1.払い戻しに時間がかかる
      1. 即PAT会員の場合
      2. A-PAT会員の場合
      3. JRAダイレクトの場合
    2. 2.JRAダイレクトは利用制限やシステム利用料がある
    3. 3.クレジットカードが使えない場所がある
    4. 4.使いたいのに…JRAダイレクトの利用停止措置も
  4. 「JRA CARD」のメリットまとめ!作るべき?
    1. カードデザインが豊富な「JRA DCカード」
    2. 保険サービスつきなら「JRA NICOSカード」
  5. クレジットカード以外で競馬の馬券を購入する方法はある?
    1. ①ICカード「JRA-UMACA」
    2. ②即PAT・A-PAT
    3. 電子マネーやプリペイドカードでは馬券が買えない!
    4. 銀行口座で競馬の馬券を買う方法を解説!
  6. 他のギャンブルもクレジットカードで買える?競艇・競輪は?
  7. まとめ:クレジットカードで競馬をするのは正直オススメできない!

クレジットカードを使って馬券を買う方法まとめ

主なやり方は2つクレジットカード利用で馬券購入

競馬の馬券はクレジットカードで購入できるとお伝えしましたが、実はJRAダイレクト以外にも購入する方法があります。

それがクレジットカードのキャッシング枠でお金を借りるという方法で、JRAダイレクトの利用枠10万円を超えても馬券を購入できます。

ここではそれぞれの購入方法について、具体的なやり方を解説していきます。

いざというときにスムーズに利用できるように、しっかりと頭に入れておいてください。

1.ショッピング枠で馬券を購入する(JRAダイレクト)

ショッピング枠で馬券を買う

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がありますが、JRAダイレクトを使う場合には、ショッピング枠を使った馬券購入方法となります。

ショッピング枠の範囲内で馬券を購入できますが、破綻を防ぐために毎月10万までしか購入できなくなっています。

買い物をしすぎてショッピング枠が5万円になっている場合には、JRAダイレクトで購入できる馬券の金額も最大5万円となります。

JRAダイレクトの利用限度額とショッピング枠の利用可能額の2つの上限があることを覚えておいてください。

また、ショッピング枠での購入は分割払いやリボ払いには対応しておらず、1回払いでの購入となっています。

1回で返済できそうにない場合には、「あとからリボ」などのサービスを使って、自分で返済回数を増やす必要があります。

2.キャッシング枠でお金を借りて資金を用意する

キャッシングでお金を借りて馬券を購入する

JRAダイレクトの限度額10万円を超えた場合には、賭けすぎと判断して翌月まで休むのが理想ですが、収支がプラスになっているなら賭けたくなりますよね。

そういうときには、キャッシング枠を利用して現金を借りましょう。

キャッシング枠の範囲内でお金を借りることができますので、キャッシングの利用限度額が30万円なら30万円まで馬券を購入できます。

JRAダイレクトの限度額よりも遥かに高い金額を賭けられますが、借りたお金は返さなくてはいけないので、キャッシング枠での利用は程々にしておきましょう。

またキャッシングは金利がとても高いので、馬券が当たったからといって豪遊するのではなく、まずは借りたお金の返済に充てましょう。

返済を先送りすればするほど利息が増えていき、競馬での実質収益が減っていきますので気をつけて下さい。

①現金を持って競馬場やウインズで馬券を購入する

キャッシング枠を使ってお金を借りた場合は手元に現金が入りますので、その現金を手に競馬場やウインズで馬券を購入しましょう。

現金購入ですので、馬券が当たればその場で配当金を手にすることができ、そのままATMで返済することも可能です。

競馬場やウインズならパソコンもスマホも、インターネット回線も不要です。

ただし競馬場は100〜200円の入場料がかかります。

少しでも多く賭けたいのであれば、競馬場よりも最寄りのウインズで馬券を購入するのがおすすめです。

競馬場もウインズも、場の空気で熱くなりやすいというデメリットもあります。

負けて破綻するわけにはいきませんので、きちんと予算を決めておきましょう。

②現金を銀行口座に入れて「即PAT」「A-PAT」で馬券購入する

自宅で競馬番組を観ながら投票したいという人や近所に競馬場やウインズがない人は、JRAが運営する投票サイト「即PAT」や「A-PAT」で馬券を購入しましょう。

即PATはJRA指定銀行の預金口座と紐付けして馬券を購入するシステムで、A-PATはJRA指定銀行にA-PAT専用の口座を開設して馬券を購入するシステムです。

いずれも銀行口座を使いますので、キャッシングした現金を口座に入金する必要があります。

A-PATは口座を開設するのに2ヶ月程度かかりますので、すぐにでも馬券を購入したいなら、即日加入できる「即PAT」を利用しましょう。

即PATは土日祝日も入出金にも対応しており、さらには地方競馬の馬券を購入できるなどメリットも多いので、JRAダイレクトと合わせて登録しておきましょう。

うーん、自力でキャッシングして直接競馬場や場外馬券売り場に行く方が良さそうです!

その方が手間も時間もかからないしな。

ショッピング枠なら「クレジットカード現金化」も使える!

クレジットカード現金化ならすぐに現金が手に入る

※手元にクレカをご用意ください※

先ほどはJRAダイレクトを通じた馬券の購入方法を解説しましたが、わざわざカード会社やJRAダイレクトに登録するのは面倒くさいですよね。

そんな時に使えるのが、ショッピング枠を使った「クレジットカード現金化」です。

専門業者を利用すれば、審査も登録もなしですぐに現金を手に入れることが出来ます。

↓当サイト厳選!今月のおすすめ業者↓

かんたんキャッシュ
かんたんキャッシュ_バナーボタン

\最大換金率98%!!/

日本一簡単で早い!クレジットカードを使った現金化なら「かんたんキャッシュ」
トップクラスの還元率と対応の良さで、これまで7万人以上が利用!
LINEからのお申し込みも可能です♪

あんしんクレジット
あんしんクレジット_ランキング

あんしんクレジットなら、全国どこでも現金化OK!

これまで10万人以上が利用してきた老舗業者だから、その名の通り安心して利用できます。

土日や祝日でも、平日夜間でも最短3分で振込可能♪

今すぐ安全に現金化するなら、あんしんクレジットがおすすめです。

ゼロスタイル
ゼロスタイルバナー001

ゼロスタイルなら、手数料・診断料・見積もり料がぜーんぶゼロ!

革命的な「オールゼロ運営」で、お客様ファーストを実践しています。

最大換金率はなんと99.2%!

今すぐに現金が必要なあなたに、最短即日で現金化してくれますよ。

ほかの現金化業者も見てみる >>

ネットを使えばクレジットカードで馬券が買える!

クレカで馬券買える?ネット購入はOK!一定の制限あり

馬券がクレジットカードで買えたら…競馬やり放題なのにな~!!

実は、それが出来るんだ!ただし一部制限があるぞ。

給料日前で現金がないけど、どうしても買いたい馬券がある。

そういうときに所持品を売ったり、質屋に預けたりして資金調達している人もいるかもしれませんが、競馬の馬券はクレジットカードがあれば購入できます。

競馬場やウインズではなくインターネットサービス「JRAダイレクト」での購入になりますが、パソコンやスマホから利用者登録をしておけば、いつでもどこにいても馬券を購入できます。

ただし、利用者登録できるのは競馬開催日の発売時間帯に限られています。

また、1ヶ月の利用限度が10万円に設定されており、最低購入金額が1,000円となっていますので、1ヶ月で最大100回しか賭けられないなどの制限があります。

競馬の馬券購入に使えるクレジットカードはどれ?

楽天カードも使える?登録可能なクレカは全部で7つ

JRAダイレクトで利用できるクレジットカードにも制限があります。

どのようなクレジットカードが使えるのか見ていきましょう。

  • JCBカード
  • 三井住友カード
  • UCSカード
  • MUFGカード
  • DCカード
  • NICOSカード
  • 楽天カード

これだけしかJRAダイレクトでは使えません。

例えばみずほマイレージクラブカードのVISAカードやマスターカードはJRAダイレクトの登録には使えません。

さらに、JRAダイレクトのアカウント1つにつき、登録できるクレジットカードは1枚まで。

クレジットカードを変更したい場合にはアカウントを作り直す必要があります。

また、本人会員カードのみとなっており、家族カードや法人カードでは登録できません。

もちろん未成年も登録不可となっています。

楽天カード、使えるんだ~!

特典ポイント目当てにカード作っておいてよかった~!

そんな理由だったのかっ!?

(でも、確かに結構お得だよな!)

JRAダイレクトの馬券購入はパソコンのみ

JRAダイレクトの注意点

JRAダイレクトが使えるのはパソコンとスマホのみ

携帯電話、いわゆるガラケーからは登録も投票もできませんので注意してください。

以前はスマホにも対応していませんでしたが、時代の流れに合わせて、現在はスマホから登録と投票が可能になっています。

もちろんインターネット回線が必要ですので、どこでも馬券を購入できるとはいえ、圏外エリアなどでは利用できません。

携帯電話キャリアで通信障害が発生していると、スマホでの投票ができませんので、できるだけWiFi環境がある場所で投票しましょう。

ちなみにJRAダイレクトは、パソコンでもスマホでも1回ごとに100円のシステム利用料が発生します。

JARダイレクトシステム手数料

引用:JRAダイレクトの利用制限、システム利用料について

オッズ1.1倍の馬券を1,000円分購入して当たっても利益は0円となり、当たっても収益は0円になります。きちんとシステム利用料のことも頭に入れておきましょう。

僕…すぐ通信制限かかっちゃうからWi-Fi必須ですね

ネットでの購入は1回につき100円のシステム料もかかるからそれも忘れずにな!

【知っておきたい】クレジットカードで競馬をする時の注意点

4つの注意点払い戻しや利用上限など色々なルールがある

クレジットカードで競馬、とっても簡単そう!

これなら運さえ良ければすぐに現金が…

まてまて!クレジットカードで馬券を買っても、払い戻しまでは結構時間がかかるぞ!

クレジットカードがあれば、キャッシュレスで競馬を楽しむことができるので、とてもスマートなのですが、利用するときには下記の4点に注意する必要があります。

すでにお伝えしましたように1ヶ月の利用上限が10万円で、未成年者や家族カード保有者が使えないといったデメリットがあります。

さらに払い戻しが月曜日以降になるため、配当金が出てもすぐに現金を手にすることができません。

また、クレジットカードでは地方競馬の馬券を購入できませんので、地方競馬も楽しみたいなら、オッズパークか即PATの会員になっておきましょう。

1.払い戻しに時間がかかる

的中払い戻し設定銀行口座によって振込に時間がかかる

購入した馬券が的中した場合、通常は窓口や自動払戻機ですぐに払い戻しを受けられますが、ネット購入した場合は口座振り込みになるため、少し時間がかかります

クレジットカードで馬券を購入する「JRAダイレクト」も、もちろん同様です。

ここでは「JRAダイレクトで購入した場合」のほか、同じネット購入である「即PATで購入した場合」「A-PATで購入した場合」の払い戻し日程も併せてご紹介します。

即PAT会員の場合

PayPay銀行節終了後の当日の24時まで
楽天銀行節終了後の当日の24時まで
住信SBIネット銀行節終了後の当日の24時まで
りそな銀行・埼玉りそな銀行節終了後の当日の24時まで
auじぶん銀行節終了後の当日の24時まで
三井住友銀行節終了後の翌日の午前中
三菱UFJ銀行節終了後の翌銀行営業日の午前中
ゆうちょ銀行節終了後の翌日の9時30分まで

インターネットから馬券を購入できる「即PAT」の場合、払戻金を受け取る銀行口座によって振込の時間が変わります。

特に指示しない場合、上記の日程でJRAが一括して自動的に指定の口座に振り込みます(一括出金)。

ただし、自分で振り込みの指示をする「出金指示」を行なった場合、その時点で口座に振り込むことが可能です。

A-PAT会員の場合

三菱UFJ銀行通常月曜日午前中
三井住友銀行通常月曜日午前中
東邦銀行通常月曜日午前中
りそな銀行通常月曜日午前中
その他の銀行通常月曜日中

電話またはインターネットから馬券を購入できる「A-PAT」の場合も、払戻金を受け取る銀行口座によって振り込みスケジュールが異なります。

A-PATの場合、通常金曜日から月曜日までは口座がロックされるため、その間は一切の入出金ができません。

三菱UFJ銀行・三井住友銀行・東邦銀行・りそな銀行の口座は通常月曜日の午前中、それ以外の銀行口座は月曜日中に振り込まれます。

ただし、月曜日が祝日の場合はロック期間が延びますので、翌火曜日に振り込まれることになります。

JRAダイレクトの場合

銀行名振込日程
三井住友銀行月曜日中
三菱UFJ銀行月曜日中
ジャパンネット銀行月曜日午前中
みずほ銀行月曜日午前中
ゆうちょ銀行木曜日中
そのほかの金融機関月曜日中

クレジットカードで直接馬券を購入できるJRAダイレクトの場合も、受け取りの銀行口座ごとに振り込み日程が変わります。

ほとんどの金融機関では月曜日に受け取れますが、ゆうちょ銀行は木曜日まで払い戻しを待たなければなりません。

また、月曜日がJRA開催日や祝日などの場合は、原則、振込日は1日ずれます(ただし三井住友銀行のみ、月曜日が祝日でも月曜日中振り込まれるとのことです)。

いずれにしても、クレジットカードで馬券を購入した場合、すぐに払戻金が振り込まれるわけではない、ということになります。

2.JRAダイレクトは利用制限やシステム利用料がある

JRAダイレクトは様々なネックがある

JRAダイレクトでは、ギャンブル依存症を回避するために利用上限を設定しています。

また、システム利用料にも注意が必要です。

システム利用料100円/1回
購入可能回数無制限
1回あたりの最低購入金額1,000円/回
(システム利用料を含まない)
1ヶ月あたりの利用限度額100,000円/月(システム利用料を含む)

※すべて税込

JRAダイレクトでは、1回100円のシステム利用料を含めて、月10万円までしか馬券を購入できません。

その範囲内であれば、購入回数は無制限です。

10万円分購入してしまうと、次の購入まで1ヶ月待たなければならないので、十分に注意してください。

ええっ、10万円まで!?

もっと買いたいのになぁ~!

まったく…君みたいなやつのための上限設定だぞ!

3.クレジットカードが使えない場所がある

オッズパークや地方競馬場クレジットカード利用はできない!

地方競馬や、競輪・オートレースを楽しみたい場合には、「オッズパーク」がおすすめです。

「オッズパーク」とは、ソフトバンクグループ子会社である「オッズ・パーク株式会社」運営の公営競技総合サービスサイトとなります。

ただし、こちらではクレジットカード利用ができません。

4.使いたいのに…JRAダイレクトの利用停止措置も

どうしてJRAが使えない?

競馬はギャンブルですので、当然ですがクレジットカードを持っていても未成年者は利用できません。

また、家族カードや法人カードは登録不可となります。

カード名義と支払い口座名義が一致しない場合も、JRAダイレクトを利用できません。

中でも一番問題視されるのが「ギャンブル依存症」の問題です。

本人もしくは家族からの申請があれば、JRAダイレクトの利用停止措置がとられます。

やっぱり、未成年はダメなんですね…

同じく、未成年でも持てる「家族カード」も使えないぞ!

あくまで本人名義のカードってことだな。

「JRA CARD」のメリットまとめ!作るべき?

JRA CARDはお得?JRA公式のカード様々なメリットも!

競馬ファンに人気の高いクレジットカードといえば、「JRAカード」です。

JRAカードは、JRA(日本中央競馬会)とカード会社が提携して発行するクレジットカードで、普通のショッピングに使えるのはもちろんのこと、競馬場の指定席を事前予約できるメリットもあります。

「JRA DCカード」と「JRA NICOSカード」の2種類ありますが、もちろんどちらもJRAダイレクトでの利用が可能です。

それぞれの特徴やメリットをご紹介します。

カードデザインが豊富な「JRA DCカード」

JRA DCカード

JRA DCカード

※画像引用元:JRA DCカード公式サイト

JRA DCカード(一般カード)は、JRAと三菱UFJニコスが提携して発行しているクレジットカードです。

申し込み資格20歳以上で安定した収入のある方、または20歳以上で学生の方(高校生を除く)
年会費

1,375円(税込)
※初年度年会費無料
※学生は在学期間中無料

利用可能枠
  • ショッピングご利用可能枠 10~100万円
  • 内リボ払い・分割払い 10~100万円
国際ブランドVISA
付帯サービス特になし
ポイントプログラム
  • ショッピングポイント:1,000円で10ポイント
  • 来場ポイント:最大40ポイント
特典・サービス
  • 選べるカードデザイン(全11種類)
  • JRA競馬場指定席の先行予約
  • 貯めたポイントは「来賓室・来賓席ご招待」「指定席ご招待」「グッズプレゼント」などと交換できる

JRA DCカードは、カードデザインの豊富さが魅力の一つです。

「ディープインパクト」や「トウカイテイオー」など往年の名馬モチーフのデザインなど、全11種類から好きなものを選べます。

JRA DCカードのデザイン

JRA DCカードのデザイン

※画像引用元:JRA DCカード公式サイト

また、インターネットから指定席の先行予約ができるのも大きなメリットです。

ポイントプログラムもあり、通常の買い物で1,000円につき10ポイントがもらえるほか、ネット予約で購入した指定席を利用すると、来場ポイントとして最大40ポイントが付与されます。

貯めたポイントは、来賓室や来賓席へのご招待・競馬場指定席へのご招待・各種グッズのプレゼントなどに使えますので、競馬ファンには非常に魅力的な1枚です。

これはぜひとも持っておきたい~!

デザインもイカしてるな!

JRA CARD公式サイトはこちら >>

保険サービスつきなら「JRA NICOSカード」

JRAニコスカード

JRAニコスカード

※画像引用元:JRA NICOSカード公式サイト

JRA NICOSカードも、DCカードと同じくJRAと三菱UFJニコスが提携して発行しているクレジットカードです。

ブランドが異なるほか、サービス面でもいくつかの違いがあります。

申し込み資格20歳以上で安定した収入のある方、または20歳以上で学生の方(高校生を除く)
年会費

1,375円(税込)
※初年度年会費無料

利用可能枠
  • ショッピングご利用可能枠 10~100万円
  • 内リボ払い・分割払い 10~100万円
国際ブランドVISA・MasterCard
付帯サービス
  • 海外旅行傷害保険サービス(最高2,000万円)
  • ショッピングパートナー保険サービス(年間の上限100万円)
ポイントプログラム
  • ショッピングポイント:1,000円で10ポイント
  • 来場ポイント:最大40ポイント
特典・サービス
  • JRA競馬場指定席の先行予約
  • 貯めたポイントは「来賓室・来賓席ご招待」「指定席ご招待」「グッズプレゼント」などと交換できる

利用可能枠やポイントプログラムなどはDCカードと同じですが、保険サービスが付帯している点が特徴です。

また、国際ブランドはVISAとMaterCardのどちらかを選べます。

ただし、DCカードのようにデザインを選ぶことができないため、デザインにこだわりたい方はDCカードの方がおすすめです。

ちなみに、JRA DCカードとJRA NICOSカードを1人で2枚保有することはできません。

JRA NICOSカード公式サイトはこちら >>

クレジットカード以外で競馬の馬券を購入する方法はある?

クレジットカード以外で馬券を購入する方法

  1. ICカード「JRA-UMACA」
  2. 即PAT・A-PAT

「クレジットカード以外で馬券を買う方法」についても触れておきましょう。

現金での直接購入を除くと、「ICカード」と「口座決済」の2つがあります。

①ICカード「JRA-UMACA」

JRA専用のキャッシュレス投票用ICカード、「JRA-UMACA」を使って馬券を購入できます。

専用の入出金機を使って、事前に現金チャージをしたら、競馬場・ウインズにある「UMACA投票機」から馬券購入できます。

つまり、プリペイドタイプの電子マネーですが、あくまで「JRA専用」ですので、のショッピングに利用することはできません。

また、「JRA-UMACA」にチャージした金額は「投票専用残高」となり、出金できない点にもご注意ください。

レース的中による払戻金(勝ち分)のみ「精算可能残高」となり、出金できます。

②即PAT・A-PAT

即PATとAーPATの違い

JRAが提供する投票システムに、「即PAT」と「A-PAT」があります。

即PATはインターネット投票、A-PATはインターネットおよび電話投票システムです。

いずれも専用の銀行口座登録が必要で、クレジットカード利用はできません。

サービスとしては似ていますが、即PATの方が利用開始までの期間が短く、発売開始時刻も早いため、利便性が高いです。

即PATは、PayPay銀行・楽天銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・住信SBIネット銀行・ゆうちょ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・auじぶん銀行の口座をお持ちの方なら、すぐに手続きできますよ。

電子マネーやプリペイドカードでは馬券が買えない!

基本的には、プリペイドカードや電子マネーで馬券購入はできません。

ただし、解釈を広義にすれば前述の「UMACA」が該当するかもしれませんね……。

いずれにせよ、一般的なプリペイドカードや電子マネーは使えないことを認識してください。

やっぱりクレジットカードだけなんですね!

ICカードは本人名義でなくても使えてしまうからな…。

銀行口座で競馬の馬券を買う方法を解説!

銀行口座を利用するなら、「即PAT」と「A-PAT」の利用が基本でしょう。

地方競馬を楽しみたい場合も同様ですね。

前述しましたが、「即PAT」はインターネット投票(馬券購入)システム。

「A-PAT」は、インターネット/電話投票システムを指します。

(ただし現在では直接電話をしません。インターネットおよびプッシュホン投票となります)

歴史は「A-PAT」のほうが古く、電話投票システム自体は1974年に導入されました。

A-PATでは、電話投票専用の銀行口座設定が必要で、残高範囲内の馬券購入が可能となります

ただし、新規申し込みから口座開設まで2ヶ月以上かかる点が大きなデメリットです。

一方、「即PAT」はJRA指定の銀行普通口座を利用でき、登録当日からすぐに馬券購入できます。

即PAT・A-PATともに地方競馬の馬券購入が可能ですので、JRAダイレクトにない楽しみ方ができますね!

他のギャンブルもクレジットカードで買える?競艇・競輪は?

デメリットが多すぎ!ギャンブルにクレカを利用するのは避けよう

競馬以外のギャンブルでクレジットカードを使えるかどうかですが、残念ながら競艇ではクレジットカードを利用できません。

舟券はインターネット購入できますが、口座からの支払いとなっており、クレジットカードは使えないのです。

クレジットカードを利用するなら、キャッシング枠を使って現金を用意するしか方法がないでしょう。

一方、競輪やオートレースでは「クレジットカード→電子マネー→馬券購入」の手順で利用できます

「Gamboo」「Kドリームス」「エンジョイ」というサイトで、専用電子マネーとなる「デルカ」をクレジットカード購入すれば、オートレース・競輪で投票が可能です。

いずれにせよ、競技場や公式サイトで直接クレジットカードを使用することはできません。

余談ですが、楽天が運営している競輪「Kドリームス」なら、楽天ポイントカードで競輪投票することができますよ。

まとめ:クレジットカードで競馬をするのは正直オススメできない!

【まとめ】クレカで競馬はオススメできない!

JRAダイレクトを利用すれば、競馬にクレジットカードを使えます。

ただし、上限(1ヶ月10万円)がありますので、もっとつぎ込みたい方にとっては使い勝手が良いとはいえません。

また、払い戻しに時間がかかることもあり、使い方をまちがえると資金が底をついて大変なことに……。

さらに、クレジットカードは利便性の高さが「ギャンブル依存症」を助長します。

ギャンブルは、なるべく「ショッピング枠」や「キャッシング枠」に頼らず、安全に楽しみましょう。

君や他のユーザーのためにも、競馬に大金を賭けられないようになってるってわけだな。

ちょっぴり残念だけど、優しさなんですね…!

教えてくれてありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました