ビットコインを現金化するには?換金方法や税金はどうなる?

ビットコインの現金化方法 お金を作る

仮想通貨を所有している方の多くは、代表的な仮想通貨である「ビットコイン」もお持ちでしょう。
どうしても今すぐお金が必要な時、ビットコインを即日現金にできたらありがたいですよね。

 

即日現金化するのにベストなのはどのような方法なのでしょうか。

ビットコインを現金化する時、知らないと損する節税方法とは何か?調べてみました。

ビットコインの現金化方法をチェックする >>

「ビットコイン」は、インターネット上で取引きされる仮想の通貨です。

仮想通貨には多くの種類が存在しますが、ビットコインはその代表格といえるでしょう。

ところで、ビットコインは現金が必要な時にすぐ換金できるのでしょうか?

気になる節税の方法についてもご紹介していきます!

ビットコインを換金する3つの方法ビットコイン換金方法 ビットコインを現金化するタイミングはいつ?現金化のタイミングは?

この記事でお伝えしたい3つの要点

チェックボックスビットコインは即日現金化することが可能

チェックボックス【要注意】ビットコインは換金した時点で税金がかかる

チェックボックスビットコインは適切なタイミングで現金化することが重要

【自己破産しない借金の減らし方】

友だち追加

サイトでは書けないお金の裏技・情報発信中!

ビットコインを即日現金化するには?3つの換金方法

3つの換金ビットコインを即日現金化するには?

ビットコインは仮想通貨なんだから、リアルなお金に換えられないと困ります!

方法、あるんですよね…?

もちろんあるぞ!

いくつかやり方があるから、自分に合ったものを選んでくれ。

ビットコインを現金化する方法は複数存在します。

ここでは、3つの換金方法をレクチャーしましょう。

1.ビットコインの取引所を利用する

手数料に注意!ビットコインの取引所がオススメな理由

ビットコイン取引所の利用がいちばんオススメです。

取引所では、依頼主からの「売却希望額」「売却希望枚数」をもって、買いたい人とのマッチングをします。

一方、Coincheckの取引所を利用する場合、ユーザー同士がビットコイン(BTC)を売買します。ユーザーは売買板を見ながら、ビットコイン(BTC)の金額を決めて取引をします。

引用元:コインチェック「ビットコイン(Bitcoin/BTC)を日本円に換金・交換する方法とは?

ただし、取引所の利用には手数料が必要です。

「入金手数料」「取引手数料」「出金手数料」がかかりますから、その点を考慮してください。

また、取引所を利用するためには登録が必要で、個人情報の入力と本人確認書類の提出が求められます。

なるべく手数料が安く、信頼性の高い取引所を選びたいものです。

最新ランキングでは「GMOコイン」「Coincheck」「bitFlyer」がランクインしています。

これらを選べば間違いがないでしょう。

GMOコイン公式サイトはこちら >>

取引所で換金する時の流れ

お目当ての取引所で、売却の希望額と希望枚数を伝えてください。

当然ですが、事前に最新の「ビットコイン相場」を調べておきましょう。

表記は以下の通りです。

ビットコイン=BTC
日本円=JPY

ビットコインを日本円に換金する場合には、「BTC/JPY」のペアリング(通貨ペア)を申請しましょう。

申請すると、相場でビットコインは日本円に両替されます。

相場は常に変動しますから、申請のたびに換金額が変わると考えてくださいね。

両替分は、指定する銀行口座への送金依頼をかけましょう。

取引所サイトの「出金欄」から指図できますよ。

取引所での換金にかかる日数

出金の手続きから実際の振り込みまでにかかる時間は、取引所によって変わります

以下は一例です。

取引所 出金申請のタイミング 出金日
GMOコイン 銀行営業日の 9 時まで ・200万円未満:当日中
・200万円以上1,000万円未満:翌営業日
・1,000万円以上:翌々営業日
銀行営業日の 9 時以降 ・200万円未満:翌営業日
・200万円以上1,000万円未満:翌々営業日
・1,000万円以上:3営業日後
Coincheck

銀行営業日の 9 時まで 通常、翌営業日
銀行営業日の 9 時以降 通常、2営業日後
bitFlyer

平日14時30分より前 原則当日中、または翌営業日
平日14時30分以降 翌営業日、または翌々営業日中
bitbank 平日月~金曜日15:00まで 翌営業日
平日15:00時以降 翌々営業日

このように、同じ取引所でも申請の時間帯や申請金額によって、いつお金を受け取れるかが変わってきます。

ふむふむ…

って、即日現金化できる取引所って意外と少ないですね…

まあ、銀行の営業日なんかも関係してくるしな…。

じゃあ、次は確実に即日で引き落とせる方法だ!

2.ビットコインATMを利用する

【要確認】ビットコインATMを利用するのは要注意?

ビットコインを扱う上で、「ビットコインATM」は強い味方となります。

ただし、2021年現在日本国内にビットコインATMは存在しません。

海外であればATMを使ってすぐに換金できますが、少なくとも日本では難しいということですね。

2018年4月に暗号資産のサービスが停止した。よって日本におけるビットコインの取引が可能なビットコインATMはない

引用元:Wikipedia「ビットコインATM/日本国内での設置状況」

かつては日本にも、以下の8か所にATMが存在していました。

店名 所在地
ガレット カフェ アガト 茨城県つくば市二の宮2-15-21
the SNACK 東京都中央区銀座7-5-4毛利ビル2F
回転寿司酒場 銀座沼津港 東京都中央区銀座1-8-19キラリトギンザ8F
BERG and WEST 東京都港区西麻布1-10-11セソーラス西麻布B1F
ワールドスターカフェ 東京都港区六本木5-1-3後藤ビルB1F
Cafe&Dining PEACH 岡山県岡山市北区磨屋町6-23 2F3F
Petit Colon 広島県広島市中区橋本町2-19 ハイライフ橋本町1F
FUTURE EXCHNAGE JAPAN 福岡県福岡市中央区渡辺通1丁目1-1サンセルコビル1F

今ではどの場所もATMを取り扱っていませんので、ご注意ください。

今もあればよかったんだけど…

再び利用が再開されるのを待つしかないな…。

一方、デメリットとされるのは手数料の高さ。

取引き額の5%~10%程度の手数料がかかります。

ビットコインATMで換金する時の流れ

ビットコインATMの利用方法をレクチャーしましょう。

ビットコインATMを前にしたら、まず個人認証を行なってください。

方法は「指紋認証」や「SMS・メール」などを利用すればOKです。

続けて、希望する金額(日本円)を入力しましょう。

この時必要となるのが「モバイルウォレット」です。

携帯端末(スマホ)に登録してある「ウォレット(おさいふ)」アプリのことですね。

こちらを利用して「ATMアドレス(QRコード化)」を読み取り、ビットコイン送金処理を進めてください。

すべてが完了すれば、その場で日本円を受け取れます。

3.現金化業者を利用する

詐欺に注意!仮想通貨両替謳っている会社はほぼ「グレー」

ウルフさ~ん!ネットで、仮想通貨を現金に両替してくれる業者を見つけたんですけど…

その業者、ほぼ確実に金融庁登録を受けていないな。

手数料を大量に取られる詐欺の可能性もあるから気を付けろ!

「現金化業者」の利用で、ビットコインを日本円に換金できることをご存知でしょうか?

正式には「仮想通貨両替商」と呼ばれており、オンラインショップと実店舗の両方が存在します。

ただし、現在(2021年4月)国内で金融庁登録を受けている業者は確認できません。

つまり、現段階で仮想通貨両替を謳っている業者は「グレー・もしくは違法」ということになります。

「詐欺」の可能性もありますから、十分に注意してください。

利便性の高さから、適法な「現金化業者」を望む声が多く寄せられています。

登録申請中の業者もありますから、今後に期待したいところですね……。

現金化業者で換金する時の流れ

現金化業者の利用の流れは、「取引所」利用と変わりません。

ただ、取引所への代行申請を依頼するサービスですから、必然的に全体の手数料は高くなります。

前述しましたが、中には悪質な業者もいますので、情報収集を怠らないでください。

少しでも危険を感じたら近づかないことが大切です。

ビットコインを換金する時は上限があるの?

取引所 日本円の出金限度額
Coincheck 1回あたり5,000万円
bitFlyer 1日あたり1億円
GMOコイン 1日あたり1,000万円
SBI VC Trade 1日あたり1億円
DMM Bitcoin 1日あたり1億円
bitbank 1日あたり1億円
Liquid by Quoine 上限なし
ディーカレット 1日あたり1,000万円

ビットコインの換金には、基本的には「上限がない」と考えてよいでしょう。

ただし、取引所によって一度に出金できる金額に制限が設けられていることがあります。

上記の表を参考にしてください。

また、ビットコインを日本円に換金する場合は、申請金額によって着金日が異なる場合がある点にも注意しましょう。

たとえば「ビットトレード(現フォビジャパン)」では、200万円未満の出金申請に対しては即日の換金が可能です。

しかし、200万円以上ならば翌銀行営業日、1,000万円以上の申請に関しては翌々営業日となります。

やっぱりまとまった金額を引き出すには日数がかかっちゃうんですね…。

できることなら、お金が必要になる少し前にいいタイミングで引き出しておきたいよな。

ビットコインを現金化するといくら税金がかかる?

現金化にかかる税金ビットコインは換金した時点で課税対象!

億り人なんて言葉もよく聞きましたけど、そういう人たちって税金が大変なんじゃ!?

実はな、ビットコインは換金するまで税金がかからないんだ!

ここからは少し頭のイタイ話となります。

それは「税金」の問題。

仮想通貨・ビットコインは利益確定で税金が発生します。

具体的には、「取引の中で発生した所得が20万円を超える場合」です。

ビットコイン現金化による税金は「所得税」に属します。区分は「雑所得」です。

ビットコインで税金がかかるのはいつ?

難しいのが、税金が発生するタイミングです。

保有ビットコインの相場が上昇したとしても、それだけでは課税の対象になりません。

ビットコインで税金が発生するタイミングは、主に以下の3つです。

  1. 仮想通貨を売却した時
  2. 仮想通貨で決済した時
  3. 仮想通貨で他の仮想通貨を購入した時

1の場合、仮想通貨を売却した時の価格と取得価額との差が20万円を超えると、課税対象となります。

2の場合、支払い時の仮想通貨の時価が購入時より20万円超高い場合に、課税対象となります。

3の場合、「購入する仮想通貨の時価-売却する仮想通貨の取得価額」が20万円を超えると、課税対象となります。

つまり、一度ビットコインを日本円に換金することが課税の条件になるのです。

一方、利益発生状態(含み益)だけでは、課税対象になりません。

換金や決済で「利益確定」となった瞬間に税金がかかる、と考えてください。

換金するとかかる税金額はいくら?

換金にかかる税金換金時にかかる住民税は10%!

前述の通り、ビットコインの換金による利益は課税対象です。

所得とみなされますから、所得税の申告・納付が必要となります。

この所得は税法上「雑所得」とみなされ、「総合課税」の対象です。

総合課税はさまざまな所得を合計して課税額計算をするものであり、給与所得などといっしょに課税対象額の算出が必要となります。

課税対象所得額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え1800万円以下 33% 1,536,000円
1800万円を超え4000万円以下 40% 2,796,000円
4000万円超 45% 4,796,000円

注意したいのは、換金による利益分に「所得税」だけではなく「10%の住民税」もかかる点です。

ええっ、住民税まで!?

これはかなり痛いな…!

住民税をプラスすれば、実質15%~55%の税率となります。

利益が出たとしても課税納付分を残さないと、あとで大変なことになりますよ……。

もちろん、仮想通貨・ビットコインの換金は利益だけでなく、損失もあり得ます。

それなのに、利益だけが課税対象ではたまりませんよね。

しかし、どうぞご安心を。

雑所得は「利益」と「損失」の通算が可能です。

たとえば複数の種類の「仮想通貨」を保有している場合に、ビットコインで500万円の利益を確定させたものの、リップルで100万円の損失が出たとすると、「雑所得内・通算」によって400万円の所得となります。

課税対象額を100万円減額できるのは大きいと思いませんか?

ただし、この考え方は「年度ごとに清算」されるものです。

申告年度をまたいで通算することはできませんので、年間損失がでたとしても翌年度に繰り越せない点に注意しましょう。

ビットコインの現金化にかかる手数料って?

現金化にかかる手数料メイカーとテイカーの関係をしっかり把握しよう

ビットコインの取引所で換金する際は、所定の手数料が必要です。

代表的な取引所を例にあげて紹介しましょう。

取引手数料 出金手数料(日本円)
GMOコイン メイカー:-0.01%

テイカー:0.05%

無料
Coincheck 無料 407円
bitFlyer 0.01%~0.15% 220円~770円
bitbank メイカー:-0.02%

テイカー:0.12%

550円~770円

「メイカー」とは指値注文のことで、希望価格による取引きとなります。

一方、「テイカー」は成行きによる注文を表しており、「ほかのお客様が提示する価格」による取引きです。

「メイカー」と「テイカー」の関係をしっかりと理解してください。

ビットコインを現金化するタイミングはいつ?

【重要ポイント】ビットコインを現金化する最適なタイミング

うーん、即日現金化は手数料がかかるしそうでなくても税金が…

これじゃ、損しないような換金のタイミングを選ぶのが難しそうです!

そうだよな。とりあえず、

・値上がりが落ち着いたとき

・仮想通貨関連の大きなニュースがあったとき

この2つのタイミングを基準に考えてみろ!

ビットコイン相場はつねに変動しています。

そのため、最適な現金化タイミングをつかむことは難しいですよね。

節税対策も必要となりますから、「利益確定」や「損切り(損失確定)」のタイミングを間違えないことが大切です。

ここでは、利益を生むタイミングを2つご紹介します。

1.ビットコインの値上がりが落ち着いたタイミング

要チャートチェック!利益確定は値上がりが落ち着いた時を狙う!

相場(レート)の変動を見極めるためには、「チャート(相場推移を表す表)」チェックが欠かせません。

チャートで大きな流れを見ると、ビットコインは2020年末から値が上がり始め、2021年3月には最高値を更新しました。

ところで、現金化のタイミングにしぼって考えるならば、チャートのどこをみればよいのでしょうか?

その答は、相場が上昇するタイミングにあります。

ただし、上昇角度が急激な場合は様子見しましょう。

そして、角度が緩やかとなる瞬間に換金申請をすれば、タイミングを合わせられる可能性が高いです。

換金前には、必ずチャートをしっかりと分析しましょう。

チャートは、1分毎・5分毎・10分毎・30分毎・1時間毎・4時間毎・1日毎・1週間毎・1ヵ月毎に発表されています。

傾向を分析すれば、失敗リスクを限りなく軽減できますよ。

そんなに細かく!それなら出金のタイミングも調整できそうです!

万が一暴落するようなタイミングがあっても、すぐに出金できれば大きな損をしないで済むからな。

2.大きいニュースが発表されたタイミング

取引成功のコツ仮想通貨全体に関するニュースをしっかりチェック!

ビットコイン関連のニュースも重要です。

基本的には前向きなニュースであれば、相場が急騰するでしょう。

一方、不安を感じさせるニュースは急落を呼びます。

速報タイプのニュースには対応できる範囲が限られますが、実用性や規制などに関するニュースは、事前の情報収集が十分可能です。

いかにアンテナを張り巡らせているかが大きなポイント。

タイミングを逃したくなければ、仮想通貨全体に関するニュースを逃さないようにしてください。

相場上昇のヒントを得たら「買い」、下降する可能性を感じたら「売り」の徹底が、仮想通貨・ビットコイン取引きを成功させるコツとなります。

ビットコインだけじゃなく、仮想通貨界隈全体の情報が重要なんですね!

そういうことだ!しっかりアンテナを張っておけよ。

ビットコインを匿名で現金化するには?

匿名で現金化?クレカ経由で購入すれば匿名でOK

ビットコインは匿名性が非常に高いため、クレジットカードの現金化に向いています。

クレジットカード会社はつねに現金化の動きに目を光らせており、バレるとカード利用停止などのペナルティを課されることになりますが、その点ビットコインなら安心です。

クレジットカード利用で「ビットコイン」を購入すれば、匿名換金が可能となります。

ただし、現在クレジットカードでビットコインを購入できるのは、国内の取引所のみです。

以前は「ビットフライヤー」や「コインチェック」でも可能でしたが、規制対象となったのでしょう。

そこで海外の取引所に目を向けてください。

たとえば、中国大手の取引所「Binance(バイナンス)」が有名です。

クレジットカード購入に対応していますから、安心して利用できます。

クレジットブランドは「VISA」と「MasterCard」に対応。安心の国際ブランドですね。

クレジット購入のメリットとしては、相場の値上がりもあります。

緩やかに上昇トレンドとされるビットコインをカード購入しておけば、現金化の際に換金率アップが期待できますよ。

また、クレジットカードを使えるということは、すぐに現金を用意できなくても仮想通貨を購入できるということ。

市場の盛り上がりに指をくわえて待つ必要がありません。

現金がなくても、クレジットカードで購入すればOKです!

一方、デメリットは相場の値下がりです。

市場の見極めができないと、大きなロスを出してしまうかも……。

しっかりと勉強してから取引きをスタートをさせてくださいね。

ビットコインの現金化でできる税金対策まとめ【節税】

利益確定した時点で税金が発生するのは仕方ないにしても、もう少し抑えられないでしょうか?

それなら、ふるさと納税がおすすめだな。

あとはちょっと大変だが、海外に移住するってのもあるぞ!

ビットコインを現金化させた時点で利益が出れば、課税対象です。

ここで、税金対策について考えてみましょう。

ビットコインを節税する方法には、以下のようなものがあります。

1.ふるさと納税に寄付する

納税先を工夫ふるさと納税をしてお得に税金対策

1つは、納税の仕方を工夫することです。

「ふるさと納税」制度を活用すれば、寄付額相当分の納税が減免されます。

そして、以前より条件は厳しくなったものの、寄付金額の3割以内を返礼品として受け取れるのです。

寄付をするためには「ふるさと納税サイト」を利用しましょう。

とくにオススメは「ふるさとプレミアム」です。

現在(2021年4月)、「寄付金額の6%分のAmazonギフト券」がもらえるキャンペーンが行なわれていますよ。

もちろん、地域ごとにさまざまな返礼品がもらえます!

牛肉、お米、カニ、お酒、スイーツ、家電まで…

魅力的な返礼品がたくさんありますねぇ。

普通に納税するより、ずっとお得だよな!

2.海外に移住する

日本に住むよりお得?!所得税、法人税が免除される国へ海外移住

海外には、所得税や法人税を免除する国が存在します。

はたして、本当に海外移住は税金対策となるのでしょうか?

その答えは、「移住に際しての条件」を確認することで判明します。

まず、資産が1億円以上ある場合に移住する場合は、「出国税」がかかることに。

さらに「利益確定」を国内で行なうと、日本の税率摘要を免れることはできません。

これらを払わずに海外移住をすると、「無申告加算税」や「不納付加算税」などのペナルティが発生して、税金対策どころか重い加算税に苦しむこととなります。

ただし、日本での納税分をクリアして、生活拠点を完全に海外へ移せば話は別。

「非居住者」と判断されれば、「所得税」「住民税」「健康保険料」「国民年金」を収める義務から解放されます。

前述しましたが、日本国内で1億円近くの利益があった場合には、45%の所得税と10%の住民税がかかります。

単純に比較するわけにはいきませんが、シンガポールでは所得税率の最高は20%。

さらに住民税がなく、いくら稼いでも20%分を税として納めればよいのです。

日本とかなり違いますね……。

ここで非居住者の条件を列記しましょう。

  • 1年以上日本に滞在しないこと
  • 日本に住所がないこと
    (1年以上日本に居住しなければならないような労働契約や労働実績がないこと)
  • 生計を同一にする配偶者その他の親族が日本にいないこと

注意したいのは、住民登録の有無は関係ない点です。

住民票を抜けば非居住者とされるわけではありません。

また、移住先の国それぞれに法律が存在します。

事前の情報収集を怠らないようにしてください。

まとめ:ビットコインをお得に換金するなら日本の取引所がベター!

【まとめ】現金化するならビットコインATMや日本の取引所がオススメ!

ビットコインの即日現金化は、「ビットコインATM」利用が便利です。

ただし、残念ながら日本には設置されていないため、海外に行った時に利用するしかありません。

また、手数料の高さも難点でしょう。

現実的な方法は、「仮想通貨取引所」を利用することです。

特に「GMOコイン」「Coincheck」「bitFlyer」などが、取引手数料・出金手数料ともに安いのでおすすめですよ。

ただし、入金されるタイミングは取引所によって違います。

急いでいる場合は、なるべく平日の早い時間帯に出金申請しましょう。

ビットコインを即日現金化するなら、取引所が一番ってことですね!

勉強になりました!

おう!参考にしてみてくれ。