【今すぐ現金が必要なら】マイキャッシュ24公式サイト >>

免許のお金がない。自動車学校の教習所代が足りない時の対処法まとめ

免許のお金がないお金の悩み

運転免許を取るのって、高額な費用がかかりますよね…

特に学生にとっては厳しい出費。

でも、お金のことであきらめる必要はないんです!

自動車学校の費用を工面する方法をお教えします。

自動車の運転免許は、できれば若くて時間のあるうちに取っておきたいものですよね。

たとえば将来、仕事の営業に車が必要になったり…

結婚して子どもが生まれ、その子どもが突然病気になったり…

ざっと考えただけでも、運転免許はさまざまな状況で役に立つことが想像できます。

 免許費用が足りないあなたに。
おすすめローン3選 

プロミスレディース
\カンタンお申込み/
ネット申込+「事前審査と本審査通過」で、最短でその日中に借りれます。
平日14時過ぎでも、土曜日曜祝日でもOK。

SMBCモビット
\入会金・年会費無料/
WEB完結申込なら、原則的に郵送物も無く電話連絡もありません。
家族や恋人にバレたくない!という人におすすめです。

ランキング_王冠_3位

楽天銀行スーパーローン
\スマホで手続き完結/
入会で1,000ポイントが貰える!コンビニATMから借りられます。

ただ、それだけ価値のある免許ですから、取得にあたっては高額な費用がかかるのもまた事実。

「お金が貯まっていないから免許が取れない…」
「結局どれくらい支払えばいいのかわからない」
「通っていたけど、免許費用が払えなくなってしまった」

というような理由から、教習所に足を運べていない方もいるのではないでしょうか。

このページではそんな方へ向けて、免許の取得に必要な費用や、お金がなくて教習所代が払えない場合の対応策などをご紹介していきます。

免許取得費用の支払い方

免許費用が払えないときは?

このページでわかること

自動車免許の取得には、教習所費用として20万~35万円前後+免許交付手数料などが必要です。

支払い方法の選択肢には、一括払い・分割払いのほか、金融機関などが提供する運転免許ローンの利用も含まれます。

どうしても支払いが難しくなった場合はカードローンによるキャッシングが使えますが、金利は割高です。手元に現金が少ないなら、無理なく返済できる計画を立てたうえで分割払いや運転免許ローンを上手に活用しましょう。

マイキャッシュ24
マイキャッシュ24ランキング

\換金率99%!!/

今すぐ即日で現金化するなら「マイキャッシュ24」!
来店不要・審査なし!スマホ1台あれば今すぐ現金化可能♪
最短3分のお振込みだから、忙しい方に特におすすめ!
まずは公式サイトから無料でシミュレーション♪

※クレジットカードが必要です※

【お得な情報を定期配信!】

LINE友だち追加

サイトには書けない金策方法を配信中!

免許を取るにはどれくらいお金がかかる?

免許を取るのって、実際どれぐらいの

費用がかかるんでしょう?

場所にもよるけど、だいたい

20~35万円前後だな

自動車免許を取得するための費用は、教習所にもよりますが総額にして20~35万円前後が相場です。

これには、入学費用や教科書代、学科費用などが含まれています。

合宿で免許を取る場合は8~10万円ほど安くなりますが、毎日仕事や学校のある方だと一定期間の泊まり込みはなかなか難しく、基本的には教習所へ通学して免許取得を目指すことになるでしょう。

さらに、免許の取得までにはその他以下のような費用が別途発生します。

項目料金
補講・再試験の追加料金教習所によって異なる
スケジューリングや技能教習の保証などオプション教習所によって異なる
キャンセル・夜間料金教習所によって異なる
仮免試験料と交付手数料合計2,800円
運転免許センターでの受験料と免許証交付料金合計3,850円

補講や再試験を受けることになると、その分の費用がプラスでかかる点に注意してください。

また、やむを得ず技能講習や検定をキャンセルしたときも、そのキャンセル料を支払うのが一般的です。

合計すると、かなりまとまった費用が必要になることがわかりますよね。

そのため、教習所ではほとんどの場合、一括で支払う以外にもさまざまな支払い方法が用意されています。

免許取得費用の支払い方

費用の支払い方法一括や分割払い運転免許ローンもある

30万を一括はなかなか厳しいです…

大丈夫!そんな人のために

分割やローンも用意されているんだ

主な運転免許取得費用の支払い方法には、以下の4つが挙げられます。

一括払い(入校時)

入校時に一括で払うのが一番分かりやすいな

ちょっと僕には難しいかも…

教習所へ入校する際、窓口にて必要費用を一度にすべて支払う方法です。

まとまったお金を支払うことになりますのである程度の貯金は必要になりますが、もっともシンプルで分かりやすい支払い方法だと言えるでしょう。

一括払い(銀行振込)

こちらも同じく、入校時に費用のすべてを一括して支払う方法です。

ただし上述した窓口支払いではなく、教習所指定の銀行口座へ振り込むことを指します。

大金を持って出歩きたくない方におすすめです。

分割払い

分割ならなんとか払えそう!

月々いくら支払うかシミュレーション

してもらえる教習所もあるんだ!

そして教習所によっては、分割での支払いを受け付けている場合もあります。

中には、月々の支払額を自由に決められたり、毎月どれくらい返済すればいいのかあらかじめシミュレーションできたりする教習所もあるようです。

どのくらいの分割が可能かどうかなど、詳細は教習所の公式サイトから確認できます。詳しい記載がないときは、電話で問い合わせたり、直接窓口に足を運んだりして確認するのもよいでしょう。

運転免許ローン

運転免許ローン

さらに、18歳から申し込める運転免許ローンと呼ばれる専用のローン商品を活用するのも1つの方法です。

運転免許ローンはさまざまな業者が取り扱っている商品ですが、基本的には以下のような特徴を持っています。

  • ローンの年率は13%前後(信販会社の場合)
  • ネットから申し込めて手続きが簡単
  • ボーナス払いとの併用も可能
  • 自分に合った返済回数やプランを選べる
  • 支払い開始を2~6か月遅らせる「スキップ払い」が使えることも

こうしたローンをうまく使えば、未成年や学生であっても、お金に余裕がない現時点での経済的負担は最小限に抑えつつ、免許取得を目指すことができるでしょう。

特に学生など、今すぐまとまったお金を用意できない状況にある人であれば、支払いのスタート時期を遅らせる「スキップ払い」が可能なローンの利用がおすすめです。

これなら、社会に出て働き始めてから返済することもできますよね。

運転免許ローンは、主に銀行や信販会社、大学生協などで取り扱いがあります。

中でももっとも低金利なのは、銀行の「マイカーローン」です。

マイカーローンは車本体を購入するときに組むものというイメージがありますが、実際は車に関する費用全般に使えますので、教習所代もOK!

ただ審査が少々厳しいため、学生なら通っている大学の生協もぜひチェックしてみてください。

大学生協がない場合、少し金利は高くなりますが、信販系のローンも便利です。

多くの教習所では、オリコやオリックス、イオンなどの信販系ローンを取り扱っています。

具体的な返済計画も立てながら、どれが一番自分の状況に合っているのか、よく情報を比較しながら選択してくださいね。

免許費用を節約するコツ

そもそも免許費用って高い!
節約する方法はないんでしょうか?

いくつかあるから紹介しよう!

通常だと30万円近くかかる免許の取得代。普通に考えて、高いですよね…。

大きく節約するのは難しいですが、少し安くするためのコツならあります。

最小限の出費で抑えたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

学生のうちに早めに免許を取っておく

王道ではありますが、学生の方は社会に出る前に免許を取得しておくのがおすすめです!

ほとんどの教習所には学生料金があり、社会人より安く免許を取得できるようになっています。

例として、東京の「武蔵境自動車教習所」の料金プランの一例を見てみましょう。

エコノミープランテンプラン
一般298,100円320,100円
高校生276,100円298,100円
学生287,100円309,100円

学生は社会人より約1万円、高校生だと2万円近く安くなることが分かります。

免許はなるべく早く取った方が節約できそうですね!

【社会人におすすめ】教習所が混まない季節を狙う

社会人の方におすすめなのは、教習所の閑散期を狙うことです。

教習所の場合、学生が卒業を迎える2~3月と、夏休みに入る7~8月が繁忙期に当たります。

この時期は混雑しているため、授業のコマが取りにくいだけではなく、一切の割引がなくなることが多いです。

一方、入学後・夏休み前の5~7月や、夏休み後の9~12月あたりが閑散期になります。

閑散期には、割引価格で通えるキャンペーンが行なわれることが多いので、ぜひチェックしましょう。

社会人の方には難しいかもしれませんが、合宿免許も繫忙期より閑散期の方が安くてお得です。

繁忙期より10万円近く安くなることもありますので、参加できる方はぜひ検討してみてください。

分割払い・運転免許ローンを利用する

どうしても節約が難しい場合は、教習所代を分割払いにするのがおすすめです。

免許の取得には数十万円かかるため、ほとんどの教習所では専用のローンを用意しています。

信販会社と連携した免許用のローンであれば、クレジットカードがない人でも分割払いが可能です。

詳細は各ローンによって異なりますが、最大36回くらいの分割にできることが多いようです。

これなら、月々10,000円くらいで支払っていけることになります。

高校生の方は保護者の同意が必要ですが、現在は成人年齢が引き上げられたため、18歳以上(高校生以外)であれば本人名義での契約ができますよ。

また、ローンによっては支払い開始月を遅らせたり、ボーナス払いを設定できたりすることもあります。

免許費用が払えないときの対応策

免許費用が払えない対応策と事前の注意事項

もし途中で免許代が払えなくなったら

どうしよう…

まず、支払える見通しがない状態での

免許取得はオススメできないな。

では、上述した各方法で支払いの目途を立てたのに、さまざまな理由によってその後免許費用が支払えなくなってしまったときはどうすればよいのでしょうか。そうならないための注意事項や、いざというときの具体的な対応策をご紹介します。

一括で支払う場合はその後のことをよく考えて

一括で支払うならその後のことを考えて

今一括で払うと生活できないですぅ…

後からかかってくるお金もあるから

ギリギリの貯金だと厳しいな…

まず、免許費用を一括で支払える程度の貯金がある場合、その貯金を切り崩すことで今後の生活に支障がないかどうかをよく考慮するようにしてください。

突然の病気や怪我など、運転免許の取得に限らず、いつまとまったお金が必要になるかは誰にもわかりません。

さらに、基本的な費用を一括で支払えたとしても、あとからオプション料金やキャンセル料、免許の交付手数料などがかかってくることを想定すると、貯金には多少余裕があるくらいにしておくべきでしょう

分割・ローン契約の際、毎月の支払い額をよく確認しておく

分割払いやローン契約毎月の支払い学を事前に確認しておく

分割払いや運転免許ローンを利用するときは、契約時に毎月いくら支払うか、何回に分割するかなどを自分で決められるケースがほとんどです。

免許取得にかかる費用が20~35万円前後であることから、分割手数料なども合わせると、毎月2万円を支払ったとしても完済までに11~19ヶ月程度はかかることになります。

自分が毎月いくら払えるのか、どの程度の期間払い続けられるのかという点をよく考えて、利用するローン商品を検討したり、返済計画を立てたりしましょう。

また、ローンの支払いは初回分だけ少し金額が高くなることも、計画を立てる際の注意点として覚えておいてください。

  • 支払期間中、今の仕事やアルバイト・パートを辞めてしまう可能性はないか?
  • 給与が大幅に減額してしまうような事態になっても、支払い続けられる金額か?
  • 分割手数料や利息がもっと安く済むところはないのか?

上記を踏まえつつ、複数のローン商品も比較しながら自分に合ったものを検討し、条件もよく確認してから契約するのがポイントです。

カードローンでお金を借りる

カードローンは最短即日で借りられるが

貸付利率は高めだから計画的に!

月々支払う金額が低いのは助かります!

そしてどうしても今すぐの支払いが難しくなった場合の対応策として、銀行や消費者金融が提供しているカードローンでお金を借り入れる、といった方法もあります。

ネットから気軽に申し込むことができ、かつ最短即日でキャッシング可能である点が最大のメリットです。

まとまった現金がすぐ用意できるため、持ち合わせのない中でも免許費用を支払ってしまいたいときには助かる手段だと言えるでしょう。

月々の返済負担をできるだけ軽減したかったり、免許取得のほかにもお金を借り入れたい理由があったりする場合には、分割払いや運転免許ローンより便利に使えるかもしれません。

ただし、銀行に比べると消費者金融カードローンの貸付利率は高めに設定されています。

運転免許ローンを組むときと同様に、返済シミュレーションをしっかり行ない、今後の生活の負担にならないかどうか、無理なく完済が可能かどうかを充分確認してから申し込むようにしてください。

まとめ:毎月の支払い額は慎重に。いざとなったら借り入れを検討しよう

とりあえず教習所に相談してきます!

大きな出費だから慎重に!

自分にあった支払い方法を検討しよう

自動車の運転免許取得にかかる費用は、学生や新社会人にとってほとんど経験したことのない大きな出費の1つではないでしょうか。

それゆえに、かかる費用の総額や、その支払いに対する不安はどうしても大きくなりますよね。

教習所では、その費用の支払い方法は複数用意されていることがほとんどです。

一括払いが難しい場合は、ローンを組むことも検討しましょう。

その際は、滞りなく返済可能な金額・期間を設定し、条件についてよく確認することが大切です。

そしてどうしても支払いが難しくなったときには、カードローンでまとまったお金を借りる方法もあります。ただし金利は割高になるため、まずは分割払いやローンの利用を優先的に考え、無理のない支払い計画を立てるようにしましょう!

お金の悩み
【即日】クレジットカード現金化Tips|現金化おすすめ業者を徹底比較
タイトルとURLをコピーしました