障害者はキャッシングできない?障害者年金を担保にできる業者は?

精神障害者がお金借りる方法 お金の悩み

障害者でもお金が借りれるところはどこか?

一昔前であれば、店頭で申込をして、銀行口座に振り込まれたお金を受け取って、それを口座振替で返済して・・・。

このように身体にハンディのある人は文字通り、お金を借りる際に障害が多かったですね。

ただ、現在キャッシングの主流はネットで申込。

コンビニでATMで入手金ができるため、物理的なハードルはかなり下がったといえます。

それでも、障害者の人たちにとって、お金を借りることは健常者に比べて難しいのでしょうか?

【自己破産しない借金の減らし方】

友だち追加

サイトでは書けないお金の裏技・情報発信中!

障害者年金を担保に借りることはできる?

結論障害者年金を担保に借りるのは難しい 障害者・健常者というくくりの前に、重要なことは「借り入れに際して、安定した収入があるか」ということです。

では、障害者手帳を持っている場合、障害者年金を担保にお金を借りることはできるのか?

という疑問が沸き上がってきます。

結論からいうと、それだけでは難しいといえます。 障害者基礎年金額 基礎年金額で言えば、1級で月額約80,500円、2級で月額約64,400円です。

確かに今後途絶えることのない収入ではありますが、ここから生活費を除くと、返済に充てるお金がほとんど残らないでしょう。

なので、実質障害者年金だけで、キャッシングするのは難しいといえます。

ただし、障害者年金にプラスして収入があれば話は別です。

例えば、両耳全聾の場合は障害等級2級ですが、デスクワークなど健常の人と変わらずできる仕事は多いです。

また、全盲で1級の障害を持っていても、あん摩の仕事などで安定した収入がある場合は、借り入れできる可能性も出てきます。

知的障害者は自分で申込できるかどうかが分かれ目

知的障害借入を自分でできるかが問題 身体障害者の場合は安定した収入があれば、あとは物理的な問題をクリアすればほぼ問題なくお金を借りることができます。

ただ、知的障害、精神障害の場合は、借り入れ全般を自分で管理できるかというところが一番の問題になってきます。(安定した収入があることは前提ですが)

軽度の知的障害の場合は、家族の知らないところで借り入れをしたり、他人に騙されて借金を背負わされたりするケースを心配して、家族がキャッシングを反対するケースが多いようです。

逆に、借り入れから返済まで管理してもらえる介助者や支援者がいたほうが、返済に困るという可能性は薄いでしょう。

お金を借りることができる障害者とできない障害者の違い

障害者と一括りにできないほど、それぞれの障害の重さが違います。

普通に生活をしている障害者も入れば、介助なしでは家から出られないという人もいます。

そのような人たちを一緒にして、借りられる、借りられないを説明しても意味がありません。

まずは、どのような障害者なら借りられて、どのような障害者が借りられないのかをはっきりさせていきます。

借りられないのは仕事をしていない障害者(年金受給者を含む)

これは障害者に限ったことではありませんが、仕事をしていない人に融資をしてくれる金融機関はありません。

障害があって働けないのだから、好きで働いてないわけではないと思うかもしれませんが、金融機関にしてみれば理由は関係ありません。

銀行も消費者金融も、貸したお金が返ってこないと商売になりません。

ですので、毎月安定した収入がない人には絶対に融資をしてくれません。

障害者年金があるけどダメなの?と疑問に感じるかもしれませんが、年金を担保にお金を貸すことは認められていません。

実際には担保にするわけではなく、年金から返済することになりますが、それによって障害者の生活が苦しくなったら、過剰融資だと責められるのは金融機関です。

金融機関はわざわざそんなリスクをとりたくないため、年金受給者へは融資を行いません。

また仕事をしていても、収入があまりにも少なすぎる場合にも融資を受けられません。

健常者でもそれは同じで、貸したお金を返すだけの収入がない場合には、無職の人とそれほど変わりませんので融資を断られます。

借りられないのは自分で契約内容を理解できない障害者

知的障害があり、契約内容をきちんと理解できないというケースでも借りることはできません。

ローンというのは契約に則って行われますので、契約書に書かれていることが理解できないというのは、契約そのものが成立しません。

この場合も、契約して返済できなくなったときに、障害者の家族から「無理やり融資された」と責められるのは金融機関です。

そのようなことを避けるために、契約内容を理解できない障害者への融資は行ってくれません。

物理的な理由で契約手続きができない障害者は借入れ先を選ぶ

健常者と同じように仕事をしており、安定した収入がある人でも、物理的な理由で契約手続きができないというケースがあります。

例えば、契約のために自動契約機を使わなくてはいけないのに、車いすを使っているため、自動契約機に入れないというようなケースです。

目が見えなくて契約書を読めないという場合も、点字の契約書があるわけではないので融資が難しくなります。

耳が聞こえないろう者の場合は、電話応対ができないため契約内容の確認ができずに融資を断られることもあります。

このように、金融機関のローンのほとんどが、障害者に対応していないというのが現実です。

サポートの人が付くなどすれば借りられることもありますが、このような理由で借りられないことがあるということも頭に入れておきましょう。

健常者と変わらない生活をしているのであれば問題なく借りることができる

障害者でも健常者とほとんど変わらない生活をしているのであれば、お金を借りるにあたっての問題はまったくありません。

そもそも障害者であることを伝える必要もなく、健常者と同じように申し込みを行って、審査を受ければいいだけです。

障害の重い軽いはあっても、すべて自分の意思で申し込みから契約まで進めることができれば、どんな障害者でもお金を借りることができます。

もちろん審査がありますので、その他の理由で審査落ちすることはあります。

ただ、障害者であることがマイナスになることはありませんので、安心してください。

障害者がお金をかりるのに利用できる公的融資制度

障害者でも障害の度合いによってはお金を借りることができると分かってもらえたかと思いますが、とはいえそもそも金融機関は銀行でも消費者金融でも審査が厳しいため、ちょっとした理由で融資を断られてしまう可能性があります。

そういうときに活用したいのが下記2つの公的融資制度です。

  • 生活福祉資金貸付制度
  • 年金担保融資貸付制度

それぞれ民間の金融機関から借りることができない人の、セーフティーネットとしての役割を担っている制度です。

それぞれの制度での借り方について見ていきましょう。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、低所得世帯と障害者世帯、そして高齢者世帯の3つの世帯に対して融資を行う国のセーフティーネットです。

障害者であれば障害者世帯として、福祉資金や教育支援資金を無利子もしくは低金利(年1.5%)で借りることができます。

また、収入が少なくて低所得世帯になる場合には、生活費などを借りることも可能です。

いずれで借りるにしても、まずは市区町村社会福祉協議会での相談が必要ですので、お住いの地域の社会福祉協議会で借りることかできないか確認してみましょう。

年金担保融資貸付制度

年金を担保に融資をすることは禁止されているとお伝えしましたが、実は独立行政法人福祉医療機構の年金担保融資貸付だけは、唯一年金を担保にお金を貸すことが認められています。

  • 10万円~200万円(生活費は80万円まで)
  • 受給している年金の0.8倍もしくは1回あたりの返済額の15倍以内

このような条件がありますが、低金利でお金を借りることができますので、障害者年金を受けているのあれば、おすすめの借入方法のひとつです。

ただし、平成34年3月末でこの制度が終了する予定ですので、それ以降は生活福祉資金貸付制度を利用しましょう。

正規の金融機関と国の制度以外からは借りない

障害者がお金を借りるときに気をつけてもらいたいのが、どこから借りるのかということです。

基本的には銀行や消費者金融などの正規の金融機関、もしくは上でご紹介した2つの貸付制度以外からは借りることができません。

  • 闇金業者
  • 個人融資

このような借り方は絶対にしないように気をつけましょう。

闇金業者は中小の消費者金融に紛れていますので、なかなか違いが分かりにくいかもしれませんが、金利が年20%を超えている融資を提案されたらそれは闇金業者です。

彼らはとても口が上手いので、気がついたら契約させられてしまいます。

そして、高額な利息を請求されるだけでなく、様々な手口を使ってお金を吸い上げようとしてきます。
関わったら、そこから抜け出すのは容易ではありません。

絶対に利用しないように注意してください。

インターネットの掲示板などを使った個人融資もNGです。

こちらも、実際に融資しているのは闇金業者で、さらには詐欺師なども紛れています。

親切なフリをして個人情報を盗み取るといったことをしてきますので、このような方法での借入れはしないように気をつけましょう。