【今すぐ現金が必要なら】マイキャッシュ24公式サイト >>

カードローンを断られた。審査落ちしても他社で借りられる?

カードローンで断られた。審査落ちしても大丈夫かお金を作る

せっかく申し込んだカードローンの審査に落ちると、

少なからずショックですよね…

どうして断られたのか?

このまま2社目に申し込んでも大丈夫なのか?

気になる情報をまとめて紹介します!

 まず試して欲しい!
おすすめローン3選 

プロミスレディース
\カンタンお申込み/
ネット申込+「事前審査と本審査通過」で、最短でその日中に借りれます。
平日14時過ぎでも、土曜日曜祝日でもOK。

SMBCモビット
\入会金・年会費無料/
WEB完結申込なら、原則的に郵送物も無く電話連絡もありません。
家族や恋人にバレたくない!という人におすすめです。

ランキング_王冠_3位

楽天銀行スーパーローン
\スマホで手続き完結/
入会で1,000ポイントが貰える!コンビニATMから借りられます。

カードローンは審査がありますので、当然ながら申し込んでも断られてしまうことはあります。

それでは、1社目で断られた人は他社でも審査通過できないのでしょうか?

答えはNO!実際は、一度断られた人でも他社のカードローン審査を通過した人はたくさんいます。

とはいえ、一度でも審査を断られた人にしてみれば、もうどこに申し込んでもダメなのでは…と不安に思ってしまうもの。

審査落ちした人が他社でお金を借りるにはどうすれば良いのか?

今回はこの点について解説していきたいと思います。

本当に借りられなくて辛いという方はこちら
お金借りられない!そんな時に使える最終手段とは? >>

マイキャッシュ24
マイキャッシュ24ランキング

\換金率99%!!/

今すぐ即日で現金化するなら「マイキャッシュ24」!
来店不要・審査なし!スマホ1台あれば今すぐ現金化可能♪
最短3分のお振込みだから、忙しい方に特におすすめ!
まずは公式サイトから無料でシミュレーション♪

※クレジットカードが必要です※

【お得な情報を定期配信!】

LINE友だち追加

サイトには書けない金策方法を配信中!

【知りたい】カードローンの審査に落ちた理由は?

カードローン審査落ち

カードローンの審査基準は色々ありますが、大きく分けると「信用情報・総量規制・返済能力」の3つです。

これらの基準を満たしていない人は、どのカードローンでも審査に落ちる可能性があります。

「審査落ち」の具体的な理由として考えられるのは次の3つです。

1.過去に滞納や支払い遅延がある

他者からのカードローン借り入れが多すぎるとアウト

カードローンの審査に通らない1つ目の理由は、過去の金融事故です。

金融事故とは、返済が遅れたり、返済ができなかったりしたことで、信用情報機関に情報が載ってしまうこと。

いわゆる「ブラックリストに載る」というのは、このことを指します。

カードローンの審査では、必ず信用情報機関に照会をかけますので、金融事故の記録があると審査に落ちやすくなってしまうのです。

貸金業者が借り手の返済能力を超える貸付けを防止するため、貸金業者が個々の借り手の総借入残高を把握できる仕組み(指定信用情報機関制度)が整備されています。貸金業者は、個人顧客と貸付けの契約を締結した際は、氏名や貸付けた金額など、貸付けに関する情報を指定信用情報機関に提供しなければならないことになっています。

引用:日本賃金業協会「信用情報機関」

ちなみに、クレジットカードやカードローンの支払いが遅れた場合はもちろんですが、奨学金や携帯代(本体の分割払い)を延滞した場合にも情報が残りますので要注意です!

たとえば、スマホ本体を分割で購入した場合、ローンを組んだのと同じことになるため、返済が遅れると金融事故になってしまいます。

一度の延滞では単なる払い忘れと判断される可能性が高いですが、複数回返済を延滞してしまうとブラックリスト入りは間違いないでしょう。

特に、任意整理や自己破産などの債務整理をしたことがある場合、5年~10年間審査に通らなくなることもあるので注意が必要です。

2.借りたい額と収入が釣り合わない

実は、個人が借りられる金額には上限があります。

賃金業法の「総量規制」というルールにより、「賃金業者から借りられる金額は年収の3分の1まで」と定められているのです。

つまり、年収300万円の人であれば、100万までが借りられる上限となります。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

借入れできる合計額は、最大で100万円

ここで注意しなければいけないポイントは、総量規制は他社を含む借入額の総額だということです。

たとえば、年収300万の人がA社で60万借りている状態で、新たにB社に借入を申し込むのであれば、借りられる金額は年収の3分の1である100万円から60万円を引いた40万までです。

それ以上の金額を申し込むと、返済能力を超えた貸付と判断され、審査落ちとなってしまいます。

どうしてもその額を借りたいなら、他社からの借入残高を減らすしかありません。

ちなみに、総量規制は貸金業者(消費者金融や信販会社)からの借り入れのみが対象ですので、銀行のローンは含まれません。

ですから、銀行でマイカーローンや住宅ローンを組んでいる場合、それらが合算されることはない、ということです。

とはいえ、あまりに借入総額が多い場合はやはり審査落ちしやすくなりますので気をつけましょう。

3.他社からの借入が多すぎる

カードローンを断られる3つ目の理由としては、他社からの借り入れ件数が多すぎることが挙げられます。

借入総額が総量規制をオーバーしていなかったとしても、他社からの借入が3社以上あると審査に落ちやすい傾向にあります。

借金を借金で返済しようとしている、多重債務の可能性があると判断されるからです。

また、短期間で複数のカードローンに申し込んだ場合も同様に、多重債務を疑われ審査落ちの要因となってしまいます。

既に借りているところから新たに借りるか、既にある契約をなくしてから他社に申し込むのがおすすめです。

ちなみに、一度契約したカードローンは現在借り入れしていなくても、解約しない限り「与信枠」として信用情報機関に掲載されますので、もう利用しない場合は解約しましょう。

カードローンの審査基準って?審査に通るために気を付けることとは

明確なラインはない

カードローンの審査って、結構厳しいらしいですね

自分では借りれる!と思っていても、

審査を満たしていないと借りられないからな。

ここからは、その審査基準を紹介するよ!

年収はいくらあれば審査に通るの?」「合格ラインはどれぐらい?

このように、カードローンの審査がどうなっているのか気になる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、実際は審査に明確な合格ラインはなく、さまざまな情報を総合して判断されるものなのです。

ただ、ある程度の目安というものは存在します。ここでは、多くのカードローン会社で採用されている基準についてご紹介します。

  • 安定した収入があること
  • 他社でどのくらい借りているか
  • 住宅ローンの有無・その住宅の居住年数
  • 在籍確認が取れるかどうか
  • 同時に複数のローンに申し込んでいないか
  • 信用情報機関に登録されていないか

※カードローン会社によって審査基準が異なります。上記を満たせば必ず借りられる訳ではありません。

【重要!】安定した収入があるのか

審査を通過できるかどうかの最大のカギは

返済能力の有無なんだ。

返済できなさそうな人には、

そりゃ貸したくないですよね…

返済できる見込みがあるかどうか、つまり返済能力がもっとも重要な要素になります。

そのため、どのカードローンでも申込条件に安定収入があることと記載しているのです。

希望する金額に見合った収入があることは、必須条件と言えるでしょう。

安定収入とは?

「でも、安定収入って曖昧な表現だなぁ」と思っている人は多いのではないでしょうか?

具体的に収入がいくらあれば安定しているのか、と疑問に感じることでしょう。

一般的に安定収入とは、毎月決まった金額の収入があること」「一定の収入があることを指します。

実は、金額そのものよりも、「毎月一定額の収入がコンスタントに入ってくること」が重視されるのです。

もちろん、収入は多ければ多いほど有利にはなりますが、たとえば支出額は世帯によって異なります。

低収入でも貯金ができるほど余裕がある人もいれば、高収入でも全然足りないという人もいるのです。

つまり、人によって生活環境や生活スタイルが異なるため、具体的にいくら以上の収入があれば安定しているのか、明確な決まりがあるわけではありません。

そのため、安定収入の目安は年収だけなく、職業、職種、勤続年数を含めて総合的に判斷されています。

安定した収入があると見られる職業・職種とは?

安定した収入を得られる職業BEST3

安定収入を図る基準として

職業と勤続年数は重要だぞ!

入社したては厳しいかもしれないですね…

職業・職種は、安定収入をはかるための1つの判断材料と言われています。

安定した収入がある職業・職種と真っ先に判断されるのは公務員です。

他にも、地方自治体が経営する企業や昔からある大手企業、有名企業に勤めている方などはリストラや倒産のリスクが低いですから、毎月安定的な収入がある職業・職種と言えます。

つまり安定収入とは、今現在の収入が途切れることなく継続的に受け取れるかどうかが目安となります。

継続的な収入が重要ですから、金額そのものは実はそこまで重要視されていません。

たとえパートやアルバイトであっても、継続的に収入があれば安定収入があるとみなされることもあります。

勤続年数はどのくらいか

安定収入の有無を判断する上でもう一つ欠かせないのが、勤続年数です。

一つの会社に長く勤めていればいるほど、「辞める可能性が低い」と見なされます。

さらに、年功序列によって一定の地位や立場になっていることが予想できますので、「安定収入がある」と判断されやすくなるのです。

逆に、新しい職場で働き始めたばかりの人や、転職が多い人の場合、安定収入があると見なされにくくなります。

頻繁に職を変える=安定収入が怪しくなるからです。

このように、カードローンの審査では「今現在の収入を今後も継続して得られるかどうか」が重視されます。

1社から審査を断られても、自身の収入が安定しているのであれば他社の審査に通過する可能性は十分にありますので、再チャレンジしてみましょう!

他社でどのくらい借りているか

でもご説明したように、消費者金融や信販会社のカードローンには「総量規制」というルールが適用されます。

貸金業者から借りられる総額は年収の3分の1まで、というルールです。

そのため、希望金額を多く設定しすぎると総量規制に引っかかるリスクが高いとみなされ、審査に通らないことがあります

実績を重ねれば増枠してもらえる可能性がありますので、最初はなるべく少ない金額で申し込んだ方が良いでしょう。

ちなみに、住宅ローンやマイカーローンは総量規制の対象にならないため、利用していても総量規制のことは気にしなくてOKです。

住宅ローンの有無・その住宅の居住年数

カードローンの審査では、住宅形態や居住年数、ローンの有無なども参照されます。

一般的に、審査に有利なのは賃貸より持ち家です。

特に住宅ローンの残債がない状態ですと、スコアが高くなります。

逆に、賃貸で居住年数が短いと「借り逃げ」のリスクが高いとみなされ、審査で不利になってしまう可能性があるでしょう。

また、持ち家でも月々のローンの返済額が多い人や、購入からまだ年数が経っていない人はやや不利になってしまいます。

「新築一戸建て」と「購入済みの持ち家」であれば、後者のほうが審査に通る可能性は高い傾向にあるようです。

在籍確認が取れるかどうか

カードローンの審査では、職場への在籍確認が行なわれます。

基本的には審査担当者が申し込み者の職場に電話をかけ、本人が在籍しているかどうかを確認します。

事情があって電話での在籍確認が難しい場合は、社員証や給与明細などの書類提出をもって在籍確認とすることも可能です。

もし、そのどちらもできない場合、「本当に働いているのか」が分からないため、審査に通りにくくなります

特に電話での在籍確認に不安を感じる人が多いのですが、会社名ではなく個人名でかかってきますので、カードローンの電話だとバレることはありません。

また、在籍確認はクレジットカードや各種ローンの申し込み時にも行なわれるものですから、心配しすぎなくてもOKです。

同時に複数のローンに申し込んでいないか

カードローンに申し込む時、「どれかに通ればいいや」と思って複数のローンに同時に申し込む人がいますが、これは間違いです!

信用情報機関には「申し込み情報」も記録され、6ヶ月間残ります。

そのため、同じ時期に複数のローンに申し込んだことが審査の際に明らかになってしまうのです。

貸す側としては「短期間にあちこちのローンに申し込む=よほど切羽詰まった状況」と判断するため、審査落ちのリスクが高くなります

実際、このような状況の人は「申し込みブラック」と呼ばれるほどです。

カードローンに申し込むなら、まずは1社だけに絞った方が審査に通りやすくなるでしょう。

信用情報機関に登録されていないか

審査で特に重視されるのが、「過去の未払いや滞納がないかどうか」ということです。

クレジットカードやカードローンの支払いを長期(2~3ヶ月以上)にわたって滞納した場合、その情報が信用情報機関に記録されて、審査の際に参照されてしまいます。

しかも、その記録は原則5年間も残り続けるため、その間は審査に通りにくくなってしまうのです。

ちなみに、クレジットカードやカードローンだけではなく、携帯料金や通販の後払いを延滞した場合でも登録されることがあります。

少なくとも、現時点で未払いがあるものは必ず解消しておきましょう

審査基準はカードローン会社ごとに異なる

基準は機関ごとに異なる

カードローンの審査基準は、カードローン会社によって異なります。

そのため、あるカードローンで断られたとしても、他社に申し込むと問題なく融資を受けられる場合もあります。

事実、そういった人はたくさんいるのです。

そのため、一度融資を断られたとしても他社に申し込んでみる価値はあります。

ただし、その際すぐに申し込まず、一度審査落ちした原因を知ることが大切です。

というのも、審査落ちの原因によっては他社に申し込んでも結果が変わらない可能性があるからです。

たとえば、信用情報が問題で融資を断られた場合は、どの会社で審査を受けても通らない可能性が高いでしょう。

延滞、強制解約、債務整理、代位弁済…これらはすべて信用情報に記録され、審査に落ちる強力な理由となります。

もし上記のうち1つでも当てはまる人は、「信用情報に記録が残っている間はどこからも借りられない」と思った方が良いかもしれません。

また、2社目以降に申し込む際は、一気にあちこち突撃せず、1社ずつ申込むようにしてください。

というのも、短期間にいくつも申し込みしてしまうと「よほどお金に困っているのかな?」と思われてしまい、審査に通りにくくなるからです(いわゆる「申し込みブラック」)。

目安としては、1ヶ月に3社までに留めておきましょう。

「審査の甘いカードローン」はあるのか?

「1社目で審査落ちしちゃったから、次はなるべく審査の甘いカードローンに申し込もう…」と考えている方もいると思います。

しかし、実際は審査の甘いカードローンはありません

というのも、多重債務が社会問題になって以来、貸金業界全体が審査を厳しくしているからです。

少なくとも、闇金ではないまっとうな業者であれば一通りの審査は行ないますし、多重債務になりそうな人には融資を見合わせるでしょう。

ただ、その中でも主婦やパートの人でも比較的借り入れしやすいカードローンはあります。

一般的には、金利が低いほど審査が厳しくなりますから、「銀行>大手消費者金融>中小消費者金融」の順で審査に通りにくい場合が多いです。

つまり、審査に自信がない方は、なるべく中小の消費者金融(いわゆる「街金」)を選んだ方が、融資を受けられる可能性があります。

ただ、街金の審査が特別優しいというわけではなく、「属性が良くない人にもしっかり事情をヒアリングした上で、少額融資を行なう可能性がある」ということです。

そのような会社では、カードローンではなく対面融資が多いということも覚えておきましょう。

【再チャレンジ】カードローンの審査に通るための3つのコツ

カードローン審査に通るためのコツ

1社のカードローンに落ちたからといって、あきらめる必要はありません。

審査落ちした理由を自分なりに洗い出して、「チャンスはあるはず」と思うのであれば、ぜひ次のカードローンに申し込みましょう。

ただし、やみくもに申し込みを繰り返すのは効率が悪いばかりか、「申し込みブラック」として警戒されるおそれがあります

再チャレンジを成功させる3つのコツを見ていきましょう!

①一度落ちたカードローンに再申し込みするのは半年たってから

「よし!リベンジだ!」と意気込んで、落ちたばかりのカードローンに再申し込みするのは避けましょう。

審査落ちした理由が、わずかな期間で解消される可能性は低いからです。

また、カードローンは申し込んだだけの情報も信用情報機関に記録されます。

申し込み情報は最長6ヶ月残ると言われていますので、少なくともその間の再チャレンジはやめておいた方が無難です。

急いでいる場合は、前回落ちたところとは違うカードローンに申し込みましょう。

その際も、一気に複数のカードローンに申し込むと「申し込みブラック」と見なされてしまいますので、厳選した1社だけに的を絞ることをおすすめします。

②携帯代や奨学金の返済なども一切延滞しない

携帯代等を延滞すると審査に通らない!?

先にも触れましたが、信用情報にキズがつくのは借金の延滞や債務整理だけではありません。

意外と知られていないのですが、スマホの端末代の分割払いや奨学金なども「ローン」の一種ですので、延滞すると信用情報機関に登録される可能性があります

信用情報を見て延滞の情報が出てきた場合、それだけで審査に通る確率がぐっと下がってしまうため、月々支払っているお金はすべて滞りなく支払うように心がけましょう。

もちろん、住宅ローンや車のローンも同様です。

ちなみに、最近増えているネットショッピングの「後払い」の場合は、その会社が信用情報機関(CICやJICC)に加盟しているかどうかによります。

いずれにしても、払うものはきちんと払うことが大切です!

③年収に対して低めの希望額で申し込む

カードローンの審査に通るかどうかの重要なポイントが、収入と借入額のバランスです。

基本的には、収入のわりに借り入れ希望額が少なければ少ないほど、通る可能性が高くなります。

たとえば年収300万円の人の場合、総量規制でいくと計100万円まで借り入れできますが、だからといって100万円で申し込むことはおすすめできません。

たとえ他社からの借り入れがなかったとしても、あまりにゆとりがなさすぎるのは問題です。

できれば申し込み時は、借り入れ希望額を10万~20万、最大でも50万円以下にしましょう。

審査に受かって利用開始した後でも、増枠の申請は可能ですので、まずはできるかぎり低い額で申し込むのがポイントです。

また、「借入希望額が50万円以下・他社の借入をあわせて100万円以下」の場合は、収入証明書を提出しなくてもいいカードローンが多いという利点もありますよ。

カードローン審査に落ちても使える「クレジットカード現金化」

審査がダメでも大丈夫

クレカを現金化なんてできるんですか!?

必要なのはショピング枠が残っているクレジットカードだ!

「カードローンの審査に落ちたけれど、もう2社目に申し込む時間をかけていられない…」

「たぶん、2社目に申し込んでもダメそうだ…」

その場合は、クレジットカードのショッピング枠で利用できる「クレジットカード現金化」がおすすめです。

ショッピング枠さえあれば審査なしで利用できますので、カードローンを申し込んだけど断られた人でも現金を手に入れることができます。

また、早ければ最短3~5分で振り込んでもらえるスピードの速さも人気です。

カードローンと同じく本人確認が必要となりますので、「ショッピング枠が残っているクレジットカード」と「免許証などの本人確認書類」を用意して申し込んで下さいね。

マイキャッシュ24
マイキャッシュ24ランキング

\換金率99%!!/

今すぐ即日で現金化するなら「マイキャッシュ24」!
来店不要・審査なし!スマホ1台あれば今すぐ現金化可能♪
最短3分のお振込みだから、忙しい方に特におすすめ!
まずは公式サイトから無料でシミュレーション♪

※クレジットカードが必要です※

あんしんクレジット
あんしんクレジット_バナー

あんしんクレジットなら、全国どこでも現金化OK!

これまで10万人以上が利用してきた老舗業者だから、その名の通り安心して利用できます。

土日や祝日でも、平日夜間でも最短3分で振込可能♪

今すぐ安全に現金化するなら、あんしんクレジットがおすすめです。

インパクト
インパクト_バナー

今すぐ安全に現金化するなら、インパクトがおすすめです。

「現金化は初めてでやり方が分からない」「カード事故が怖い」

インパクトなら、初めて現金化する方を最後までしっかりサポート!

24時間いつでもどこでも、素早く現金化できます。

今なら新規お申込み限定でキャンペーン開催中!

現金化業者ランキングTOP5 >>

まとめ:1社目がたまたま審査落ちということも。2社目申込はOK

同時に申し込まない

1社目がだめでも2社目は通ることもある。

ただ、一気に何社も申し込むのはダメだぞ!

申し込みブラックになったら

元も子もないですもんね…

カードローンを断られた場合でも、審査落ちの原因しだいでは他社の審査を通過することは可能です。

安定的な収入があり、信用情報に問題がなければ他社審査に通る可能性は十分にあります。

審査基準は各カード会社で異なりますので、一社に落ちたからダメだとあきらめることはないのです。

ただし、申し込みする際は1社ずつ丁寧に行ないましょう。

一度にたくさんの会社に申し込んでしまうと「申し込みブラック」となり、審査に通らなくなりますので、多くても1ヶ月に3社までにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました