クレジットカードで買った商品を返品|商品を現金化する違法じゃないやり方紹介

返品して現金化する方法 クレジットカード

「クレジットカードは持っているけれど、現金がない…」

そんな時に使える方法の一つが、カードで商品を買って返品すること。

 

本当に現金で返ってくるのか、デメリットは無いのかなど、気になるポイントについて解説していきます。

クレジットカードで買った商品を現金に換えてしまう、3つの裏ワザとは?

ユニクロで返品して現金化する方法 >

「現金が手元に欲しいのに全然ない…。あるのはクレジットカードだけ。

そんな時あなたならどうしますか?

クレジットカードでショッピングして返品すれば、返金で現金化できるのでは?

頭の回転が早い人なら、この方法を思いつくかもしれませんね。

ですが、実際に試してできなかった場合は当然リスクが高いので、実行に移してみる人は少ないでしょう。

このページでは、クレカで買った商品を「返品すれば現金は戻ってくる?」「現金にできる方法は?」「返品して現金化するデメリットは?」など、さまざまな疑問の答えを解説しています!

返品して現金化クレカで購入した商品現金でもどってこない?

まずは、「クレカで買った商品を返品すれば現金は戻ってくるのか?」という疑問に答えていきますね。

カードで買った商品を返品したら、現金で戻ってくるんでしょうか…?

おっ、その方法に気づいたか。

答えは、「ほとんど無理だが出来なくはない」だな。

くわしく解説するぞ!

返品を使った現金化方法3つ返品を利用した現金化方法 確実に現金化する方法とは?クレカ現金化の方が安全?

【自己破産しない借金の減らし方】

友だち追加

サイトでは書けないお金の裏技・情報発信中!

クレジットカードで買った商品の返品で現金が返ることはほぼゼロ!しかし…

クレジットカードで買った商品が返品で現金が返ることはほぼゼロはは

「ほとんど無理」って、どういうことですか?

クレジットカードで買った商品を返品する場合、

カードの請求が取り消されることがほとんどなんだ。

結論から言うと、クレジットカードで買った商品を返品しても、現金で返金されることはほとんどありません。

クレジットカードが使えるほとんどのお店では、クレカで決済した場合の返金処理は、クレカで行なわれます。

つまり、クレジットカードの請求がキャンセルされるだけで、その場で現金が返金されることは非常にまれなのです。

ただし、例外はありますので、次でくわしく説明しましょう。

【裏ワザ】クレカで買った商品を現金にする3つの方法

【裏技】クレカで購入商品現金化方法3選!

カードで買った商品は、まったく現金化できないわけじゃない。

ここからは、実際に現金が手に入る方法を紹介していくぞ。

裏技があるんですね!早く教えてください~!

クレカで買った商品を現金にする、あまり知られていない裏ワザとも言える方法を3つ紹介します。

それぞれのくわしい手順や、メリット・デメリットも解説していきますね。

1.ドン・キホーテで購入した商品を返品して現金化

ドン・キホーテで購入した商品を返品

ドン・キホーテなら、返品を利用した現金化ができるんですね!

ただし、色々制約はあるんだ。

とりあえずレシートは絶対になくすなよ!

前述した通り、ほとんどのお店では、クレジットカードで買った商品を返品する場合、カードの請求を取り消すという形で対応することが一般的です。

しかし、例外のお店があります。

それは、日本全国にある総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」です。

ドン・キホーテでクレジットカードを使って購入した商品を返品する場合、クレジットカードの返金処理ではなく、現金で手渡されます。

もちろん手数料などは引かれず、購入金額がそのまま返金されますので、100%の換金率と言って良いでしょう。

ですが、一つだけ注意事項があります。

それは、購入してすぐに返品してはいけない、ということです。

クレジットカードで購入してから3日以内に返品してしまうと、まだカード会社への請求が確定されていないため、ただの決済取り消しで終了してしまいます。

ドン・キホーテで返品して現金を受け取りたい場合は、3日以上経過してから店舗に返品しに行きましょう。

もちろん、購入時のレシートは忘れずに商品と一緒に持って行ってくださいね。

ドン・キホーテで返品できない商品はたくさんある

事前に確認!ドン・キホーテなら何でも返品できる?

ドン・キホーテの商品だったら、なんでも返品できるんですか?

そういうわけじゃない。

たとえば、高級ブランド品や香水といったものは返品できないんだ。

他にもいろいろあるから、事前に確認しておけよ!

ドン・キホーテでは「無期限無料返品」というサービスを行っていますが、どんな商品でも返品できるわけではありません。

返品ができないものは以下の通りです。

  • 販売が確認できないもの
  • 冷凍食品・アイス類
  • 開封されたCD/DVD/BD/ゲームソフト等
  • 返品不可POP添付商品
  • 保証書のある商品
  • ブランド品(接客販売品)
  • 香水
  • POSAカード(プリペイドカード、ダウンロードカード)
  • 特殊オーダー品(鍵・物置きなど)
  • 自転車本体・防犯登録
  • 高額ブランド化粧品(シャネル・ディオールなど)
  • 金券(グループ共通ギフト券を含む)
  • コンタクトレンズ

引用元:総合ディスカウントストア ドン・キホーテ マル得サービス

ドン・キホーテは、「お買い上げのレシートがあればいつでも返品交換できる」「食料品で味に満足できなかった場合、1/3以上食べていなければ返品できる」など、他のお店が真似できない返品のサービスを実施しています。

そんなサービス精神旺盛なドン・キホーテでも、返品できないものがあるということを理解しておきましょう。

できるだけ多くの現金を手に入れたい場合、高級なブランド品を買って返品したくなりますが、ブランド物はすべて返品対象外ですのでご注意ください。

2.電子マネーで支払った商品を返品して現金化

電子マネーで支払った商品を返品

最近は電子マネーを導入するお店も増えていますよね。

電子マネーで買った商品も現金化できるんですか?

おう、できるぞ!

ただし例外もあるからな。

最後は、電子マネーで購入した商品を返品して現金で返金してもらう方法を紹介しましょう。

クレジットカードではありませんが、最近利用者が増えている電子マネーを持っていれば使えるやり方です。

すべての電子マネーが現金で返金処理できるわけではありませんが、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ユニクロは交通系ICカード、楽天Edyなら返品すれば現金で戻ってくる!

現金でも戻ってくる電子マネー

ユニクロでは、電子マネーのSuicaをはじめとする「交通系ICカード」やイオンの「WAON」、セブンイレブンの「nanaco」「楽天Edy」で支払った商品を返品すると、現金で返金されます。

実際、ユニクロ公式サイトの「返品・交換について」を見ると、電子マネーで購入した場合の対応について以下のように書かれています。

<QUICPay/iDをご利用の場合>
電子マネーにて返品処理をいたします。
商品とご購入時のレシート、ご利用明細書(お客様控え)をご購入店舗へお持込ください。
※ご購入店舗以外でご返金の場合は、現金でのご返金となります。

<交通系ICカード/WAON/ nanaco /楽天Edyをご利用の場合>
電子マネーへのご返金はできません。現金でのご返金となります。
商品とご購入時のレシート、ご利用明細書(お客様控え)をご購入店舗へお持込ください。

引用元:ユニクロ 返金について

ユニクロは、Suica・WAON・nanaco・楽天Edyだと現金で返金してくれるんですね!

そうだぞ!

ただし、iDとクイックペイは、電子マネーでの返金になるから注意だ!

残念ながら、iDとクイックペイで購入した商品を返品しても、電子マネーで返金されてしまうようです。

ですが、「※ご購入店舗以外でご返金の場合は、現金でのご返金となります。」と書かれているため、購入した店舗以外で返品すれば、現金で返金してもらえる可能性はあります。

頑張れば現金が手に入るかもしれませんが、

イチかバチかに賭けるくらいなら他の方法が良さそうですね。

その通りだ!

確実に現金で戻ってくるSuicaや楽天Edyを選ぼうぜ!

3.クレジットカード現金化サービスを利用する

クレジットカード現金化サービス

クレジットカードをそのまま現金化するってことですか?

カードをそのものを現金化するわけじゃない。

ショッピング枠を利用して買ったものを現金に変えるだけだから、返品よりも遥かにラクなんだ。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使った現金化方法です。

専門の現金化業者もたくさん存在します。

クレジットカード現金化には、「キャッシュバック方式」と「買い取り方式」の2種類の方法があります。

  1. キャッシュバック方式:業者から商品を購入し、そのお礼のキャッシュバックとして現金を受け取る
  2. 買い取り方式:業者指定の商品を購入し、それを業者に送る代わりに現金を受け取る

キャッシュバック方式では、たとえば安価なおもちゃやアクセサリーなどを、10,000円でクレジットカードで購入し、後からキャッシュバックとして9,000円振り込んでもらいます。

この場合の換金率は90%です。

買い取り方式では、業者から指定されたブランド品やゲーム機などの換金性の高い商品を、たとえば50,000円でカード購入します。

それを業者に送ると、40,000円が振り込まれる、というようなシステムです(この場合の換金率は80%)。

送った商品は、業者が転売して現金化する、ということですね。

どちらの方法でも、まずはクレジットカードのショッピング枠を使って、指定された品物を購入することになります。

また、どちらにしても現金化業者に支払う手数料がかかるため、ドン・キホーテで返品する方法と違い、換金率は100%にはなりません。

「え!?じゃあ自分でドン・キホーテで返品した方がお得じゃん!」

と思われるかもしれませんが、返品できるものをわざわざ探すのも時間や手間がかかります。

また、何度も同じお店で返品を続けていると、要注意人物としてマークされるでしょう。

その点、現金化業者なら店舗に2回足を運ばないといけない煩わしさはありません。

今はスマホからWEBだけで申し込みが完結し、最短5分で即現金化できる業者もあります。

確実にお金が作れるなら、換金率が90%台でも手数料と思えば安いものではないでしょうか?

一歩も外に出ずに、口座にお金が振り込まれる利便性を考えると、クレジットカード現金化業者がもっともおすすめです。

即日現金化できる業者をチェックする >>

【注意】購入した商品を返品して現金化するデメリット

返品して現金化するデメリット

返品で現金化、一見楽そうに見えますけど…

確かに不可能ではないが、お店の人に迷惑がかかってしまう。

それに、今は現金で返ってくるドン・キホーテも、いつ現金化できなくなるか分からないんだ。

紹介した「1.ドン・キホーテで購入した商品を返品して現金化」や「2.電子マネーで支払った商品を返品して現金化」は、100%の換金率ではありますが、その分デメリットもたくさんあります。

1.お店側に迷惑な客だと印象を持たれる(嫌がられる)

迷惑な客

返品目的の購入は、はっきり言ってお店に嫌がられてしまいます。

当たり前の話ですが、お店の商品を返品されて喜ぶお店はありませんよね。

忙しい時に、不良品が原因などの正当な理由でもなく返品される店員さんの気持ちになってみてください。

返品の手続きは時間もかかるため、店員だけでなく他のお客さんからも冷たい目で見られるかもしれません。

特にクレジットカードや電子マネーでの買い物は、お店側がカード会社に手数料を支払っています。

たとえば、あなたが10,000円の商品をカードや電子マネーで購入すると、お店側に入るのは9,500円~9,700円くらいです。

それを返品されて現金で返金するとなると、お店側としては手数料分だけ損をしてしまうことになります。

このように、理由なき返品は迷惑行為ですので、何度も同じお店で返品を繰り返していると店側に不審がられる可能性があります。

チェーン店なら他の店舗に行けば済む話だと思うかもしれませんが、不審な客はチェーン店の中で共有され、要注意人物としてブラックリスト入りにされてしまいます。

確かに、お店側の立場で考えるとかなりの損ですもんね…

お店にはなんのメリットもないからな。

何でもやりすぎは厳禁だ!

2.購入した商品が返品できるとは限らない

返品できるとは限らない

「ドン・キホーテで返品できない商品はたくさんある」でも説明しましたが、ドン・キホーテに限らず、購入した商品がどれでもすべてお店が返品対応してくれる訳ではありません。

お店によって返品できる商品の種類は違いますし、返品自体まったく受け付けていないお店もあります。

たとえば、セール品やアウトレット商品などは返品できない決まりになっているお店がほとんどです。

これら以外にも返品できる商品のルールはお店によって違うため、購入する前にしっかり確認しておく必要があります。

大抵のお店はクレジットカード支払いの場合、クレジットカードの中で処理を行なう

お店に「現金で返金してほしい」「口座に振り込んで欲しい」などと希望を言っても、システム上、基本的にはすべてクレジットカードの中で処理されてしまうことが一般的です

たとえば、ユニクロの公式サイトの「返品・交換についてよくあるお問い合わせ」には、クレジットカードで購入した場合の対応について以下のように書かれています。

ご購入日(注文日)より30日以内は、返品・交換を承ります。

商品とご購入時のレシート、クレジットカード、クレジット売上伝票をお持ちください。

※上記をすべてお持ちでない場合は返品・交換をお受けできません。

引用元:ユニクロ 返品・交換についてよくあるお問い合わせ

なぜ購入から30日以内の返品しか受け付けないのかというと、それを過ぎるとカード会社への請求が確定し、キャンセルができなくなってしまうからでしょう。

お店からクレジットカード会社への請求確定のタイミングは、お店によって変わりますが、基本的に大抵のお店が返品の期限を設けていると思っておいて間違いないと思います。

なぜ、現金で返金してくれないかというと、上でもご説明しましたが、お店側がクレジットカード会社に手数料を払わないといけないからです。

客には現金で返金し、手数料だけクレジットカード会社に払ったら、お店は無駄にカード会社に支払ったことになりますよね。

何のメリットもなく、ただ損をすることをお店側がするでしょうか。普通はしませんよね。

必ず商品を購入する前に、返品できるかお店に確認するようにな!

もし返品できない高額商品を買ってしまったら、

元も子もありませんもんね!

3.レシートをなくすと終わり

レシートをなくすと終わり

商品を返品しようと思ったら、レシートを紛失してしまっていた…というケースは多いのではないでしょうか。

どのようなお店でも、絶対にレシートがないと返品を受け付けてくれません。

購入した証拠がないと返金処理できないのは、当然のことですよね。

返品して現金化するのに、大事なレシートをなくすなんて人いる?と思うかもしれませんが、ついいつもの癖で捨ててしまったり、どこかに落としてしまったりと、うっかりミスをしてしまうのが人間です。

普段レシートをもらわなかったり、すぐに捨ててしまう方は注意が必要ですね。

レシートをすぐ捨てる癖があるヤツは要注意だな!

4.返品の対応が現金でなくなる可能性が高い

返品の対応が現金でなくなる可能性が高い

現金化目的の商品返品があまりに増えてしまうと、当然ながらお店側が規制をかける可能性が高くなります。

ドン・キホーテは、クレジットカード会社に手数料を払ってまで現金で返金してくれているのです。

無駄に手数料を払う回数が増えると、さすがのドン・キホーテも現金での返金対応を止めてしまうおそれがあります。

便利なようで、実はハイリスクな「自分で購入した商品を返品して現金化」

お店や店員さんに迷惑をかけてまであなたはやりますか?

「人様に迷惑をかけたくない!」という方には、クレジットカード現金化をおすすめします。

迷惑な客が増えると、店側はどんどん厳しくせざるを得ないからな。

一度返品したお店には、なかなか行きづらいですよね。

他のお客さんにも迷惑がかかることを考えると、クレジットカード現金化の方が良さそうです。

安全で確実なのは返品より「クレジットカード現金化」

安全なのはクレジットカード現金化

現金化業者はこれまで数えきれないほどの取引を行なってきたから、

振込までの手続きも素早いんだ。

商品を買って返品するよりも、確実に現金化できるんですね!

クレジットカード現金化は、専門のクレカ現金化業者を利用しますので、誰かに迷惑をかけたり、商品購入や返品で失敗したりする心配がありません。

クレジットカード現金化はスマホがあればネット上だけで契約完了でき、最短5分で入金してもらえるなどのメリットが多数あります。

しかし、デメリットがまったくないわけではありません。

うっかり悪徳の現金化業者に申し込んでしまうと、換金率が50%台だったり、個人情報を盗まれたりするなどトラブルに巻き込まれてしまいます。

現金化する時は、信頼と実績があって、評判の良い業者を選ぶことが不可欠です!

安心して利用できる現金化業者は、以下の記事でくわしくご紹介しています。

クレジットカードで購入した商品を返品して現金化するのは違法?

現金化するのは違法?

返品を利用して何度も現金化していたりしたら、

最悪、捕まっちゃったりしないんですか?

返品する行為自体は違法じゃないが、

お店とのトラブルになる可能性は十分にある。

やりすぎは禁物だな。

クレジットカードで購入した商品を返品して、現金を受け取ることは違法なのでしょうか?

もちろん違法ではありませんので、ご安心ください。

この行為が違法だとすれば、すでに説明したドン・キホーテは違法行為を行なっていることになりますよね。

ヤフー知恵袋では、お店側の人がクレジット払いの返品を現金で渡すのは違法なのか心配している質問がありました。

大手スーパー勤務です。

職場のおばあさん社員が、クレジット払いの返品を

現金で返金してしまうのです。

これって、換金法違反に当たらないのでしょうか?

すぐにキレるおばあさんなので、陰で処理しています。

引用元:Yahoo!知恵袋 大手スーパー勤務です。職場の…

お店のルールと違う方法で誤って返金処理をしていることについて、この店員の行為には問題がありますが、違法性はありません。

ですが、お店で働いている人は返金処理を間違えるとトラブルになりますので、充分気を付けましょう。

まとめ:クレカで買ったものを返品して現金化するのは違法じゃない!でも迷惑行為!

違法じゃないが迷惑行為

クレジットカード払いの商品をキャンセルし、現金を受け取る行為は違法ではないことがわかりましたか?

では、最後にクレジットカードで購入した商品を利用して現金化する方法をおさらいしましょう。

以上の3つが、商品の返品で確実に現金を受け取れる方法です。

ですが、1と2は、お店や店員に迷惑をかけるだけでなく、他のお客さんまで困らせることもあります。

やはり「3.クレジットカード現金化サービスを利用」がもっとも確実で安全、かつ誰にも迷惑をかけることのない手段です。

クレカ現金化業者はスピード対応してくれますので、急ぎで現金が必要な人にとっての強い味方になってくれますよ。

やっぱり、周りの人に迷惑をかけずに現金化するなら「クレジットカード現金化」が一番ですね!

そうだな!

お店の人に迷惑がかからず、振込も早い

初めてのやつにもおすすめだぞ!

タイトルとURLをコピーしました