【今すぐ現金が必要なら】マイキャッシュ24公式サイト >>

新幹線回数券の払い戻しはばれる?内緒で現金化する4つの方法

新幹線の回数券を売り払って現金をゲットしたい!

新幹線回数券の売却は、世の中のあらゆる現金化方法の中でもっとも有名な手段の一つです。

他の金券と比べても買取金額が高く、お店によっては買取率が90%を超えることもあります。

しかし、「現金を得るためにクレジットカードで回数券を購入するのって、カード会社にばれないの?」と心配な方も多いのではないでしょうか?

  • カード会社にばれたらどうなるのか
  • 出張でもらった回数券を換金したら会社にばれるのか
  • ばれないようにする方法はないのか など

考えれば考えるほど、不安は尽きませんよね。

こちらのページでは、新幹線回数券の売却についてありとあらゆる情報を網羅し、どのサイトよりもくわしく解説しています。

きっとあなたのお役に立ちますので、ぜひ気になる箇所を読んでみてくださいね。

新幹線の回数券の売却はばれる

以前は、クレジットカード現金化といえば新幹線回数券を使うのが定番でした。

しかし現金化がバレてしまい、クレジットカードを使えなくなるといったケースが増えてきたのもあり、現金化の手法としてはほとんど使われていません。

手法としては新幹線回数券をクレジットカードで購入し、金券ショップに売るだけなので、まったく問題がなさそうに思えますが、なぜバレてしまうのか気になりますよね。

しかも現金化したくらいでクレジットカードを使えなくなるのは、納得できないという人もいるかと思います。

そこでここではまず、新幹線回数券の現金化がバレてしまう理由と、実際にバレてしまったときに本当にクレジットカードを使えなくなるのか、使えなくなるとしたらなぜなのかについて、分かりやすく解説していきます。

マイキャッシュ24
マイキャッシュ24ランキング

 \後払いで即日現金化/

最大換金率90%以上!
累計100,000人利用の人気業者だから安心♪
■換金率:初回90%
■利用可能額:5,000円~300,000円
■営業時間:24時間年中無休で受付中!
スマホひとつでOK!まずは公式サイトから無料でシミュレーション♪

【お得な情報を定期配信!】

LINE友だち追加

サイトには書けない金策方法を配信中!

新幹線回数券の現金化がバレる3つの理由

不正利用と疑われてしまう

新幹線回数券はクレジットカードで購入でき、金券ショップは現金でやり取りをしますので、現金化をしても足がつかないはずですよね。

なぜ現金化をしたことがバレてしまうのでしょう?

JRとクレジットカード会社が繋がっていて、監視されているのではないかと不安になるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。

バレてしまうのはきちんとした理由がありますので、ここではその主な以下の理由について解説していきます。

①カード会社の監視が厳しい

カードの使用を停止される
カード会社はクレジットカード利用規約によって、現金化することを禁止しています。

現金化に関与している業者の中には闇金まがいの詐欺行為を行う業者がいるため、どのカード会社も現金化に対して常に目を光らせています。

新幹線回数券購入での現金化がバレやすいのは、この手法が現金化の定番であったためです。

誰もが簡単に思いつく手法であるので、クレジットカードを使って新幹線回数券を購入するとその履歴から「要注意」と判断されてしまいます。

もちろん、購入しただけでブラックリストに載ることはありません。

直近のクレジットカードの使い方などからお金に困ってそうだと判断された場合には監視が強化され、明らかに現金化した形跡がある場合にはクレジットカードを止められてしまいます。

個人が新幹線回数券を1冊購入するくらいで、現金化を疑われるようなことはないので安心してください。

そこまで厳密にするのであれば、そもそも新幹線回数券をクレジットカードで購入できなくするはずです。

現金化がバレるのは、1〜2冊の購入ではなく何冊もまとめて購入するようなケースで、どう考えても個人では使い切れない冊数を買った場合に、クレジットカード会社が監視を強化します。

例えば直近のクレジットカードの使い方からお金に困ってそうだと判断することもありますし、東京大阪間の回数券を複数冊購入したのに、クレジットカード使用履歴が東京ばかりで、大阪で使った形跡がない場合には「怪しい」と判断されるわけです。

そうなるとクレジットカード会社が電話して使用用途の聞き取りをして、聞き取りした内容から現金化したことがバレてしまうということがあります。

②クレジットカードのセキュリティに引っかかる

クレジットカードには高額な支払いや通常では考えられない使い方をされたときに、不正利用防止のために決済を止めるセキュリティ機能があります。

新幹線回数券をまとめ買いしたときにもこのセキュリティが発動し、カード会社が確認のための電話をかけてきます。

このとき、使用用途をきちんと説明できれば問題ないのですが、疑わしいと判断されると使用を止められてしまいます。

納得してもらえても、すでに監視対象になっていますので、申告通りに使用した経歴がない場合には現金化したと判断されることがあります。

「疑わしきは罰せず」ではなく、疑わしい人は徹底して監視するのがカード会社のスタンスになります。

クレジットカードは信用をベースに成立している仕組みのため、少しでも信用できない行為があると、簡単に解約されてしまうので注意しておきましょう。

③回数券自体の販売が減っている

回数券の自体の販売が減っている

以前は出張などで新幹線回数券を利用することもありましたが、最近は金券ショップで安いチケットを簡単に購入できますし、早割などの割引制度も導入されているのもあり、そもそも新幹線回数券自体の販売数が減っています。

このため、新幹線回数券を購入した人が目立ちやすいというのも、現金化がバレやすい理由のひとつとして挙げられます。

個人が新幹線回数券を購入するということ自体がイレギュラーになりつつある状況で、さらに複数冊購入したとなると明らかに普通ではありません。

実際にJRは利用者が減ったことを理由に、新幹線回数券の発売を次々と終了させています。

大勢の人が新幹線回数券を購入しているのであれば、多少多めに購入しても疑われませんが、購入者が少ない状況では現金化のような不正利用はすぐに監視対象になってしまいます。

現金化に新幹線回数券をおすすめしない理由

コロナ禍になったことも、新幹線回数券の現金化を難しくしている要因となっています。

緊急事態宣言下においては、個人の移動が少なくなり、格安チケットのニーズが下がっているため、換金率が大幅に低下しています。

金券ショップによっては買取不可にしていることもあります。

緊急事態宣言が解除されてもGOTOトラベルが行われると、格安チケットよりも正規料金のほうがお得になるといった逆転現象が起きており、さらにはすでにお伝えしましたように、JRが新幹線回数券を終了するなどの動きもあり、新幹線回数券での現金化は完全に下火になっています。

クレジットカードの現金化は専門業者を使って行うのが主流となっており、新幹線回数券での現金化はリスクが高いだけで換金率も低くなっています。

あえて利用するメリットはありませんので、他の方法で現金化しましょう。

新幹線回数券の現金化がバレるとどうなる?

カード会社は利用規約によって現金化を禁止していますので、新幹線回数券の現金化がバレてしまうとクレジットカードの使用ができなくなります。

いきなり解約されるのではなく、まずは一時的な使用停止となり、カード会社から電話での確認があります。

電話で使用目的を聞かれた後、正当性があると判断された場合には再びクレジットカードを使えるようになります。

しかし「北海道で暮らしているのに東京大阪間の新幹線回数券を複数冊購入する」といった、明らかにおかしな使い方をしている場合には強制解約となる可能性が高いです。

解約されても他のカードがあるし…とお思いかもしれませんが、不正利用による強制解約の場合はブラックリストに利用情報が掲載されます。

これにより他のクレジットカードも使用停止となる可能性が高いため、やはり新幹線回数券は現金化に使わないのがベターです。

新幹線回数券を怪しまれずに現金化する方法

ばれないためにできる方法は?

ここまでの説明で、新幹線回数券の現金化がハイリスクであることが理解できたかと思いますが、カード会社に怪しまれることなく現金化する方法もあります。

考え方は簡単で、普通の使用用途だと判断してもらう買い方をすればOKです。

どうすれば怪しまれることなく、安全に新幹線回数券の現金化ができるのか、その方法を具体的に解説しますので、ぜひ参考にしてください。

1.大量まとめ買いは避ける

一度に大量の新幹線回数券を購入しない

現金化のために新幹線回数券を買うときには1〜2冊ずつ購入しましょう。

複数冊購入するから疑われるのですから、普通に使っている人と同じように、常識の範囲内で購入すれば疑われることはありません。

1度購入したらしばらく買わないというのも重要です。

この方法のデメリットは、まとまった額の現金化ができないということです。

東京大阪間の新幹線回数券は83,640円ですので、2枚購入しても約16.7万円にしかなりません。

これで足りるなら問題ありませんが、数十万円必要なときには不足してしまいます。

高額な現金が必要な場合には、その一部を新幹線回数券の現金化で調達し、不足分は別の方法で用意しましょう。

2.使うクレジットカードを変える

何度も購入はNG

複数枚のクレジットカードを所有しているのであれば、1冊ごとに使うクレジットカードを変えましょう。

カード会社は自社のクレジットカードで何を買ったのかは把握できても、他社のクレジットカードで何を購入したのかはわかりません。

このためA社のクレジットカードで1冊、B社のクレジットカードで1冊というように分散購入すれば怪しまれることはありません。

クレジットカードを複数枚所有していることが前提となりますが、この方法なら数十万円の現金を用意することができます。

ただしクレジットカードは打ち出の小槌ではなく、返済が待っていますので利用は程々にしておきましょう。

3.なるべく普段使う区間の券を買う

関係ない駅の回数券は購入しない

新幹線回数券を安全に購入するのに重要なのが購入区間です。

例えば毎月横浜から京都に出張しているのであれば、新横浜京都間の回数券を購入します。

もしくは大宮暮らしで実家が仙台なら、大宮仙台間の回数券といったように、使う可能性が高い区間で購入してください。

換金率を考えると利用者の多い東京を起点とした区間で買いたいところですが、東京駅を利用するのが不自然になる場合には、怪しまれたときに言い訳ができません。

普段使う区間であれば「頻繁に移動する予定なので」といった感じで説明すれば納得してもらえます。

ただし利用者が極端に少ない区間の新幹線回数券は、買取不可になることもありますので、買取金額も含めて、事前にリサーチしておきましょう。

4.新しいクレジットカードでは買わない

新しいカードでは買わない

複数枚のクレジットカードがあるなら、分散購入するのがおすすめとお伝えしましたが、もし作ったばかりのクレジットカードがある場合には、それは使わないようにしましょう。

クレジットカードは使えば使うほど信用が上がりますが、作ったばかりのクレジットカードは信用がなく、現金化を怪しまれてしまいます。

反対に長く使っているクレジットカードであれば信用があり、新幹線回数券を1〜2冊程度購入した程度で使用を止められるようなことはありません。

同じクレジットカードでも使用実績があるのとないのとでは信用がまったく違いますので、1年以上使ったクレジットカードで新幹線回数券を購入しましょう。

JR窓口で新幹線回数券は払い戻しできる?

新幹線の回数券JR窓口で現金に払い戻しする方法

ここまで、主にクレジットカードで買った新幹線回数券を売却するコツを説明してきましたが、現金化するためにはもう一つ、JR窓口で払い戻しするという方法も考えられます。

購入した窓口で払い戻せるなら換金率は100%ですし、売るより手間もかからずラクですよね。

果たして、クレジットカードで購入した新幹線回数券は窓口で現金にできるのか、くわしく解説していきましょう。

クレカで買った回数券は現金で払い戻しできない

結論から申し上げると、残念ながらクレジットカードで購入した新幹線回数券は、現金で払い戻しできません。

JRの窓口では、現金で購入した切符は現金で払い戻し、クレジットカードで購入した切符はクレジットカードに返金という形をとっています。

つまり、決済が取り消されるということです。

すでに口座から引き落としされている場合は、翌月の請求からマイナスされるなどして相殺されることが多いですが、キャンセルされた金額が請求額を上回る場合は、差額が口座に返金されることもあります

いずれにしても、クレジットカードで購入した新幹線回数券を払い戻すためには、決済に使ったクレジットカード(本人名義)の持参が必要です。

1枚でも使用していたら払い戻し不可

新幹線回数券の払い戻しは全てが未使用の場合のみ

JR窓口での新幹線回数券の払い戻しについて、もう少しくわしく解説します。

金券ショップでは、すでに使用済みの券があっても問題なく売却できますが、JRの窓口で払い戻せるのは「すべての券が未使用のもの」だけです。

また、「表紙」も必要となります。表紙には領収書としての機能もあるからです。

つまり、購入したそのままの状態で持って行かないと、払い戻しができない、ということになります。

あくまで払い戻しですから、1枚でも使用済みだったらNGなのは当然ですよね。

もちろん、回数券が有効期間内であることも必須条件です。

「C制」と書かれた回数券は払い戻し不可能

「C制」の新幹線回数券

新幹線回数券を購入した際、四角い枠で囲まれた「C制」という文字を見たことはないでしょうか。

C制とは、クレジットカードでJRの乗車券を購入した時に印字されるマークです。

「C制」以外にも、たとえばJR東日本のVIEWカードで決済したら「東C」、JR西日本のJ-WESTカードで決済したら「西C」、JR東海エクスプレス・カードで決済したら「海C」となります。

このマークがあることで、払い戻し時に「クレジットカードで購入したんだな」と窓口の係員が判断でき、スムーズに返金処理ができるのです。

ここで大事なのは、クレジットカードで購入した場合、払い戻ししても現金では返ってこないということです。

現金で返ってくるのは、新幹線回数券を現金購入した場合で、クレジットカードで購入したらカード会社を通しての返金となります。

そのため、「クレジットカードで新幹線回数券を購入した後、キャンセルして現金で返金してもらおう!」というワザは使えません。

使用済みの新幹線回数券を現金化する方法

1枚でも使用している新幹線回数券は、JRの窓口で払い戻しできません。

その場合は、以下のような方法で売却しましょう。

  • 金券ショップ
  • ヤフオク
  • ジモティー

もっともラクで安全なのは、金券ショップに持って行くことです。

路線にもよりますが、人気の東京⇔新大阪間であれば90%近い換金率で売却できます。

業者を介さずに売りたいなら、「ヤフオク」がおすすめです。

出品する手間や手数料はかかるものの、買いたい人に直接売れますので、金券ショップより高く売れる可能性があります。

手数料をかけずに売りたいなら、「ジモティー」を利用するのもおすすめです。

ジモティーは、購入した人と直接手渡しで取引する場合、手数料は一切かかりません。

ただし、ネット決済(あんしん決済)を利用する場合は、決済時の合計金額の5%が販売手数料としてかかりますのでご注意ください。

新幹線回数券の払い戻しには手数料がかかる

JR窓口での新幹線回数券の払い戻しで、もう一つ覚えておきたいのが、1冊につき220円の手数料がかかることです。

つまり、発売額から220円の手数料を差し引いた金額が払い戻される、ということになります。

ですから、正確には換金率100%ではありませんが、金券ショップで売るのに比べたら返ってくる金額が多いことは間違いありません。

残念ながら、クレジットカードで購入した場合は現金で払い戻しできませんが、もし手元に有効期間内で手つかずの新幹線回数券がある場合は、払い戻しも検討してみてください。

当サイト厳選現金化業者

ここからは、新幹線回数券よりも安全に現金化できる当サイトおすすめの業者をご紹介します。

かんたんキャッシュ
かんたんキャッシュ_バナーボタン

\最大換金率98%!!/

日本一簡単で早い!クレジットカードを使った現金化なら「かんたんキャッシュ」
トップクラスの還元率と対応の良さで、これまで7万人以上が利用!
LINEからのお申し込みも可能です♪

他の業者を見てみる >>

会社で貰った新幹線回数券を売却したらバレる?

会社から発行された回数券
「会社から出張のために支給された新幹線の回数券を金券ショップに売って、一時的に現金を手に入れたい!」と考えたことはありませんか?

ですが、「もし会社にバレたら…?」という心配も一緒に付いてきますよね。

「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」などのQ&Aサービスでも、「新幹線回数券を売ると会社にバレないか?」と質問している人が複数確認できました。

会社から渡された新幹線回数券を金券ショップで換金しても、基本的にはバレません。

ネットオークションやフリマアプリで販売し、それをたまたま会社の人が見つけてしまったら話は別ですが、金券ショップなどに買取してもらっても基本的にはバレようがないですよね。

ですが、「教えて!goo」の回答にはこんな回答も見つかりました。

使わないから、と言って返却したほうが無難だと思いますが・・・

会社のものを転売したら横領になりませんか?

引用元:教えて!goo「会社支給のチケットを使うと記録が残る?」

「会社のものを転売したら横領になるのでは」という冷静な意見です。

「会社にバレないなら売って良い」と実行してしまう前に、倫理的にどうなのか一度立ち止まって考えてみてください。

少しでも良心が痛むなら、会社のためにも、そして自分のためにも転売するのは止めておいたほうが賢明ですよ!

新幹線回数券を購入する方法まとめ

新幹線回数券を購入する時の注意点

新幹線の回数券を購入する時は、どこを利用していますか?

みどりの窓口で購入する人が多いと思いますが、最近では券売機やネットでも購入できるので、以前よりも買いやすくなりましたよね。

新幹線の回数券を購入できる場所をまとめてみました。

  • オンライン決済(クレジットカード)
  • コンビニエンスストア
  • 銀行ATM・ネットバンキング
  • 駅支払い(みどりの窓口、指定席券売機)

正規の販売ルートは以上の4つですが、裏技を使えば他でも買うことができます。

しかもその裏技なら、クレジットカードでの購入なのにカード会社に怪しまれずに購入が可能です。

電子マネーでの購入方法

新幹線回数券が購入できない

近ごろ、利用者が急増している電子マネーですが、残念ながら新幹線回数券の購入はできません

たとえば、Visaが発行するプリペイドカード「バンドルカード」

カードとアプリを両方使用でき、プリペイドなのに前払いも後払いも選択できます。

後払いができるので、新幹線回数券が買えたらかなり便利なのですが、バンドルカードは新幹線の切符の購入に対応していません。

また、意外かもしれませんが、Suicaなどの交通系ICカードも新幹線回数券の購入ができません。

Suicaは、以前まで新幹線自由席回数券を購入できましたが、Suicaのチャージ残高で新幹線が乗れるサービス「タッチでGO!」を開始したため、終了してしまったようです。

新幹線自由席回数券の発売を終了いたしますので、

併せてお知らせいたします。

引用元:JR東日本「「タッチでGO!」の詳細について」

普段Suicaを利用している人で、新幹線回数券を購入したい方には、Suicaの機能がついたクレジットカード「ビューカード」がおすすめです!

クレジットカードでの購入方法

JR発行カード

「VIEWカード」(ビューカード)は、Suicaも使えるJR東日本グループのクレジットカードです。

JRが発行しているクレジットカードなので、他のクレジットカードよりも新幹線の回数券が購入しやすいというメリットがあります。

そのため、クレヒスがなくても問題ないですし、10万円以下の金額であればカード会社から疑われる心配もありません

ちなみに、ビューカードには「JREカード」「『ビュー・スイカ』カード」「ビックカメラSuica」「ルミネカード」の4種類ありますが、ビックカメラでもお得に使える「ビックカメラSuica」が一番人気です。

クレジットカードを1枚しか持っていない人や、普段Suicaをよく使う人は検討してみてくださいね。

Viewカード公式サイト

ネットオークションでの購入方法

ヤフオクモバオク

新幹線回数券は、「ヤフーオークション」や「モバオク」などのネットオークションでも購入可能です。

需要と供給が多いため、新幹線回数券はよく出品されています。

もちろん、あくまでオークションですので、いつも出品されているという保証はありません。

また、人気があるためすぐに高値が付くこと・手にするまでに時間がかかること・確実に落札できるわけではないこと、などがデメリットとして挙げられます。

ただ、運が良ければ普通に購入するよりも安く手に入れられることもありますので、一度参考程度に覗いてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、フリマアプリの「メルカリ」では、金券の取引を禁止しています。

金券には、新幹線回数券や商品券やギフト券なども含まれますので、万が一出品されているのを見かけても、絶対に購入しないようにしてください。

メルカリと同様、楽天のフリマアプリ「ラクマ」でも、金券・チケットの出品を禁止しています。

明確に「新幹線回数券禁止」と書かれているわけではありませんが、検索してもほとんど出てきませんので、利用するのは難しいと考えておきましょう。

モバオク!公式サイト

ばれるのが不安なら「クレジットカード現金化」

バレるのが不安な人は「クレジットカード現金化」がおすすめ
新幹線回数券の転売をカード会社に疑われるのが怖い方は、カード会社にバレない「クレジットカード現金化」がおすすめです。

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用する現金化方法で、買い物をして手に入れた物を販売してお金を手に入れる仕組みとなっています。

専門のクレジットカード現金化業者にお願いすれば、審査もなく最短10分で振り込みしてもらえるなど、利便性が高いです。

新幹線回数券の転売をするには、まず自分で新幹線回数券を購入して、金券にショップに持っていって…という手順が必要ですから、絶対に自宅だけでは完結しませんよね。

一方、クレジットカード現金化は、スマホさえあれば専門の業者の公式サイトで申込みをし、指示通りにするだけで完了します。

誰かに見られることもなくスムーズに現金を手に入れられるので、おすすめです!

【即日】クレジットカード現金化業者をチェックする>>

まとめ:新幹線回数券の転売はハイリスク!

新幹線回数券の転売はハイリスク

新幹線回数券の転売は、カード会社にバレたらカードを停止されるリスクがあります。

一方、バレないように買おうとすると少額しか現金化できないローリターンとなってしまうため、非効率的です。

換金目的でカードの利用を停止されたら、カード会社に悪い印象を持たれてしまいますし、最悪の場合は規約違反として強制退会されることもあります。

印象が悪くなるどころか信頼まで失ってしまい、カード会社のブラックリストとなって、同じ会社のクレジットカードを新たに作ることが難しくなるかもしれません。

そんな危険性を犯してまで換金するのは、リスクが高すぎますよね。

その点、クレジットカード現金化ならそのような心配はありません。

もちろん、クレジットカード現金化もカード会社にバレてしまったら規約違反になりますが、バレる可能性は新幹線回数券現金化よりかなり低いです。

新幹線回数券の転売の代わりに、クレジットカードの現金化をぜひ検討してみてくださいね。

お金を作る
【即日】クレジットカード現金化Tips|現金化おすすめ業者を徹底比較
タイトルとURLをコピーしました