きついバイト・パートランキング!絶対やりたくないバイト1位は?

絶対やりたくない!きついバイト・パートランキングまとめ お金を作る

世の中には、「もうこんなバイト絶対やりたくない!」という仕事が少なからず存在します。

精神的に参ってしまう方、体力的に倒れてしまう方…。

きつさにも色々ありますが、「もう無理だ」と感じてしまう瞬間は心身ともに危険です。

できるなら、心身ともに穏やかに働ける職場にいたいのはみんな同じです。

しかし同じ業種であっても、職場によって雰囲気が全く違うこともあります。

自分の力や面接などの短い時間だけでは、安全な職場を見つけるのは困難です。

ここでは、バイト経験者30人に、「きつかったバイト」についてアンケート調査を実施。

精神的・肉体的に最もつらかった経験をまとめ、ランキング形式で紹介しています。

また、「キツイバイト」の真逆、「楽なバイト」についてはこちらのページでまとめています。

【自己破産しない借金の減らし方】

友だち追加

サイトでは書けないお金の裏技・情報発信中!

精神的にきついバイトランキング。一番はやっぱり飲食店だった…

飲食店ってチームワーク!って

感じで楽しそうなイメージでした…

全てにおいて言えるのは

『職場による』だね

まずは精神的にきつかったバイト上位3位を、ランキング形式で紹介していきます。

1位は飲食店…人間関係がつらい。怒鳴る店長、ひどいマナーの客など

接客だから人間関係からは

逃げられませんもんね

店側も忙しいとどうしても

言動がきつくなりがちだしね

栄えある第1位に輝いてしまったのは、やはりバイトの王道、飲食店でした。

アンケート結果を見ているだけでも、本当に胸が苦しくなるような回答ばかり。

チェーン店をはじめ、居酒屋やたこ焼き屋など、飲食に関する「きつい」は根強いようです。

特に多かった意見は、「店長が怒鳴る」「客のマナーがとても悪い」などでした。

バイト内の人間関係が辛かった。

若い子が多く、皆ワガママで雰囲気が最悪だった。

変な派閥やグループができて、その人達がバイトが終わるとそのまま店でどんちゃん騒ぎをして、注文や食べ物を持ってくるのが遅いなどと文句を言われたりした。

当時の店長も手に負えず、夜逃げしてそのまま退職してしまった。

本当に最悪な職場だった。

(飲食チェーン店アルバイト)

ファミリー向けのチェーン店で働いていました。

平日のお昼ごろにいらっしゃるママさん同士のランチが特にひどかったです。

子供は走り回り親は気にもせずにずっとお喋り。

お店ではワゴンを使ってお料理を運ぶのですが、運んでる最中に走り回っているお子様がワゴンと衝突。

たまたまお料理は提供した後だったのですが、走り回ると危ないと注意するも、そんな時だけ母親はお喋りをやめて、こちらにクレーム。

間違いなくお客様が悪いしお子様も危険なのに、理不尽に謝らされたのは納得いきませんでした。

(ファミレスチェーン店アルバイト)

飲食店のホールはきつかったです。

スタッフといい、お客さんといい、とにかくイライラした人ばかりでした。

お客さんはお腹が空いてお店に入ってきてるので、すぐに注文の品が来なかったり、自分より後に注文した人の方が先にきたりするとスタッフにキレます。

厨房スタッフは気が短い人が多く、忙しいとホールスタッフに八つ当たりしてばかり。

そのくせ時給は安いし、飲食店のホールスタッフが1番割に合わない仕事だと思います。

(飲食店のホールスタッフ)

2位はコンビニ店員のバイト。とにかく客が面倒くさい人ばっかり!

続いて第2位にはコンビニ店員のアルバイトがランクイン!

「コンビニのバイトはきつい」とよく言われますが、その原因は業務の多さです。

また客層が幅広いために対応が難しく、クレームに繋がりやすい傾向にあります。

仕事自体は慣れてしまえば単調なものが多いのですが、客層によってはめんどくさかったり変なお客さんが多くて精神的に疲れることが多かったです。

中でも一番精神的に疲れたのは学生に商品を万引きされたこと。

よく来店する学生だったことから学校の方に連絡をすると、担任の先生が学生と来店されたのですが、謝罪どころか万引きをされるような店側が悪いと逆ギレをされたことです。

呆れたのと、教師という立場の人のそのような振る舞いにびっくりしました。

精神的にとても疲れました。

(コンビニ店員アルバイト)

以前すごく込み合っている時間帯にレジを担当していた時に、レジに列が出来てしまいました。

レジは全て動かして、1人はそれぞれのサポートをしてくれてはいたのですが、たまたま私が打ったお客様が不機嫌に。

レジはつまづく事もなく進められてたのですが、待たせた事もあり、イライラをぶつけられ、怒鳴られてしまいました。

コンビニのレジで見ず知らずの人にイライラなどぶつけられるのが辛かったです。

(コンビニ店員アルバイト)

3位はなんと工場アルバイト。単調作業を立ちっぱなしで続ける恐ろしさ

簡単な作業が多くて楽そうな

イメージでした…!

工場作業は合う合わないが

本当に人それぞれだね

3位は意外なことに工場のアルバイトでした。

「立ちっぱなしで辛い」「些細なことが積み重なってイヤになる」という声が続出しています。

また職場によってはグループや派閥ができていることもあり、安易なオススメはできません。

とにかくずっと立ちっぱなし、食品工場は年中無休での営業。

正月やお盆も全く関係なく出勤させられ、おまけに立ち仕事で内容は毎日決まったライン作業。

朝は早く出勤しなければならないうえ、作業服のほこりを落とすエアシャワー、作業服のローラーがけ、手洗いなどをすべて決まった時間やらないといけない。

ギリギリの出勤が出来ず、かならず作業開始の15分前くらいには会社に着いてないと間に合わなかった。

また昼休憩も同様で、実質1時間もないし、休憩になるまでは小休憩やトイレ休憩もなくずっと立ちっぱなしでライン作業をしなければならない。

おまけにパートや外国人アルバイトだらけなので全く統率がとれない。

作業時間の終わりが近づくといい加減に終わらせようとする。

そのしわ寄せが社員や比較的まともに働いている人間に行くようになり、真面目にやるほどバカを見るような環境だった。

(食品工場のラインアルバイト)

体力的にきついバイトランキング。1位はやっぱり引っ越しアルバイト!

引っ越しバイトは

イメージ通りですね

その代わり給料が高いことも!

続いては体力的にきついバイトを紹介していきます。

こちらはやはりというかなんというか、およそ予想通りの結果となりました。

1位は引っ越し作業のアルバイト。過酷すぎる現場仕事にヘトヘト…

エレベーターなしで家具家電

運びは想像しただけでキツイ…!

拘束時間が長いのもネックだね

体力的にきついバイト第1位は、引っ越し作業員のアルバイトでした。

朝から晩まで家具や家電などを運び出す作業の連続がきつい、との声が多く寄せられました。

またエレベーターがないアパートや梱包が終わっていない世帯など、作業時間の長さもネックです。

某人材派遣のバイトで、引っ越しを2軒した時のこと。

1軒目は午前から昼にかけて、アパート1階から団地1階に荷物を運ぶことでそれはまだよかった。

問題は2軒目。

現地集合ということで行ってみると、エレベーターなしのマンション4階から荷物を運び出すという実に苛酷なものとなった。

階段登り降りはまるで軍隊訓練のように厳しく、しかも段取ができてないのか、積込のトラックを待ちぼうけすることかなりの時間。

おかげで秋なのに汗びっしょりになり、帰りの原チャ運転が非常に怖かった。

(引っ越しバイト)

引っ越し作業がスムーズに進むかどうかが、依頼者によって大きく違います。

引っ越し先で事前にトラックに搬入する荷物を決めて梱包が済んでいる単身者などの依頼者の場合は、指定の荷物を搬入して新居での待ち合わせ場所・時間の確認で終わります。

しかし世帯によっては作業直前まで処分するもの、持っていくものを決定していない場合もあるので、作業に時間がかかる場合があります。

(引っ越しバイト)

第2位はこちらも飲食店バイト。体力的にキツイのは「休みが取れない」こと。

精神的にキツイバイトだった飲食が、体力面では2位ランクインしました。

立ちっぱなし+長時間のため、心身ともに消耗してしまう方が多いようです。

また稼ぎ時である休日には休みも取りにくく、こちらも体力的にきついとする意見がありました。

休みが取れなかったことです。

人数がたりず、3人ですべてをしなければならなく、走り回っていました。

1人でも休んだらみんなに迷惑がかかるので、休みたいけど休めないという空気がとても辛かったです。

ちょうど夏休みで、お祭りなどお出かけなどいろいろ遠出もしたかったのですが、すべて出勤になってしまったので、その夏はもう辛かったです。

(飲食店アルバイト)

年末年始になると忘年会や新年会が1日に何組も入り、ひたすら動き回っていました。

多いと100人近くの団体客が二組に一般のお客様が次から次に来て、一階から三階を登ったり降りたりでした。

また中華料理屋さんなので、大皿のため料理1つ1つも重く、ビール瓶にお酒にととにかく体力的に疲れました。

厨房も忙しくその時期はイライラしていたので、注文の通し方やタイミングが難しかったです。

(中華料理店ウェイターのアルバイト)

同率2位は工場系・軽作業系アルバイト。水分補給もできないまま立ちっぱなしで…

こっちでも工場が

ランクインしましたね

立ちっぱで単調作業

辛くないわけがない

飲食と同率2位に輝いてしまったのは、こちらも工場系のアルバイトでした。

軽作業のアルバイトは立ちっぱなしの作業が多く、ろくに休憩も取れないことがあったそうです。

また単調作業の繰り返しのため、達成感がまるで感じられないのも大きなネックです。

工場にてお弁当などに入れる玉子焼を作る作業を行いました。

私が任された仕事は、玉子液を熱い鉄板の上に流す作業でした。

食物を扱う仕事であるため、長袖長ズボン、帽子を着用した中での作業、そして熱い鉄板のような物のそばで動いていたため、全身汗でずぶ濡れ。

しかも水分補給もできず、数時間立ち仕事…本当に死にそうでした。

夏でしたが、外に出た後の爽快感は今でも忘れません。

派遣のバイトだったため、賃金も安く、もう二度とやらないと思った仕事の一つです。

(工場での玉子焼づくりの軽作業)

内容は、ひたすら肉を網に広げる作業でした。

達成感もまるで感じられない終わりも目標も見えない作業を何時間も。

まるで修行のようでした。

しかも立ち仕事で、作業台は低くて、網は重くて、翌日からは背中から太ももまでがバキバキに。

頭から爪先まですっぽり作業服で、長靴は歩きにくいし、三重の手袋は作業しづらいし、機械は熱放ってくるし、冷蔵庫は寒い。

些細な辛さも積み重なるとキャパオーバーになりますね。

(食品工場のアルバイト)

【番外編】ラクに見えるのに…ゲームデバッグの闇

細かな仕事が求められるゲームでバックの過酷さ

ゲームできてお金がもらえるって

最高じゃないですか!

普通に遊ぶのと全くちがう

作業内容を見ていこう

「ゲームデバッグのバイト」といっても、どんな業務があるのかよくわからない方も多いのではないでしょうか。

そのため、改めてその詳細な業務内容を確認してみたいと思います。

  • 文字のチェック
  • 誤植、改行エラー
  • イレギュラー(通常のプレイではない)操作時の誤作動チェック。
  • 電波不安時の動作
  • 反復行動・特定の行動を繰り返してのチェック
  • クリアまでプレイ
  • 音量・グラフィックチェック
  • 機種ごとの動作確認
  • 時間帯によるサーバー確認
  • 報告書の作成

各種ゲームを適正に運用するためにあらゆるチェック作業を行うことが求められます。

少なくとものんびりゲームをやるような仕事ではなく、あらゆることを試しながらゲームの誤作動を確認していくという点で、ある意味「あらさがし」をしていく仕事であるといえます。

では具体的に何が大変なのでしょうか。

実際のゲームデバッグバイトの厳しさについて以下でご紹介いたします。

ゲームデバッグがキツイ理由3つ

長時間同じゲームを何回も何回もは

どれだけ好きでも辛いものがあるよ

たしかに…

嫌いになってしまいそうですね

それでは、ゲームデバッグバイトの「ここがきつい!」という点を聞いてみた結果を見ていきましょう。

実はすべてのアルバイト経験者が大変だと言っているのは大きく3点です。

  • 長時間同じ作業をしなければならない
  • なかなかバグが見つからない
  • ノルマがあること

それでは、以下でそれぞれ詳細に説明したいと思います。

長時間同じ作業をしなければならない

あらさがしが仕事長時間同じ作業を延々に繰り返す

ゲームデバッグのアルバイトというのは上記でも説明した通り、いわば「あらさがし」が業務です。

しかし、ゲームを制作している側からすれば、可能な限りミスがないようにゲームを制作していきます。

そのため、デバッグ、すなわちミス探しというのは重箱の隅をつつくような作業となり、しかも同じ作業を延々と繰り返すという非常に苛立ちを覚える作業となります。

頭がおかしくなりそう…ひたすら同じ作業を続ける時間

この仕事のポイントは、ひたすら同じことを繰り返すことです。

対戦系のゲームだと、戦う側・挑まれる側がありますので、その両方を確認しなくてはいけません。

装備もいろいろ変えてみたり、新しい装備は全て限界突破などをしたりと単純作業を繰り返します。

ガチャもコンプリートするまで回すので結構大変でした。(25歳女性)

バグはありませんでしたでは駄目で、何でも良いから1つは見つけないといけないところが大変です。

遊びではなく仕事なので、バグを見つけようというプレイをしなければいけません。

通常やらないようなプレイを延々と続けなければいけないので、ゲームは楽しめないです。(45歳 男性)

なかなかバグが見つからない

無理矢理にでも見つける

勢いなんですね…

バグも発生確率が違うから

見つけにくいんだ

上述でもあるように、ゲームを製作する側は、ミスを起こしたくて起こすわけではなく、原則ミスなしで仕事をしたいと思い仕事を進めています。

そのため、なかなかバグを見つけ出すのは至難の業です。

しかし、何もミスがありませんでしたという報告をすることはできないので、時に苦しみながら制作側のミス、すなわちバグを見つけ出さなければなりません。

自分の思った通りのバグがでないとイライラ!ストレスの溜まりやすい職種

クリアまでチェックするパターンがありますが、バグが出る・出ないも確定ではないので難しい。

バグ発生はわりと不意に起こったりするので、確定で見つけるのが難しいです。

後は最近予想外なプレイもあるので、自分の範疇ではないバグは見つけにくい。(21歳 女性)

ノルマがあること

プレッシャーがすごい?一人あたりにそれぞれノルマがある

ノルマがあるんですか!?

すごくプレッシャーになりそう

休みも取りにくいみたいだし

とても楽な仕事とは言えないよ

ゲームデバッグに関しては延々と時間をかければ良いというものではなく、実際のゲームリリースのスケジュールが決まっているため、全てのデバッグを限られた時間の中で対応しなければなりません。

そのため、一人あたりにそれぞれノルマが課されてきます。

しかし、ゲームのデバッグチェックは非常に緻密な作業なので非常にプレッシャーに感じる方もいらっしゃいます。

ノルマがあると休みが取れない!実は全然楽じゃないバイトです

クライアントが指定した納期を守ることが、重要なこととなります。

案件によっては2週間と納期が短いものもありますので、公休が月に4日ということは結構あります。

また、年末年始もありません。 休みは取り難い業種となります。(32歳 女性)

このように、ゲームデバッグのアルバイトは重箱の隅をつつくような緻密な作業です。

それも単調でかつ長時間に及ぶ作業になるため、嫌気を指して辞められる方も数多くいます。

とはいえ、ゲームデバッグのお仕事にやりがいを感じ、長期で継続されているのも事実です。

まとめ:これだけはやめておきたいアルバイト。自分の身を守るために必要なこと

働くのが怖くなる内容でしたね

さっきも伝えたけど、どのバイトでも

合う合わないがあるからいろいろ経験

してみるのも手だよ

精神的・体力的にキツイアルバイトは、意外にもかなり被っていることがわかりましたね。

「接客+立ちっぱなし」もしくは「単調作業+立ちっぱなし」が辛い、という結果に落ち着きました。

他にも様々な意見がありましたが、主に職場の雰囲気によるものが多くありました。

もちろん辛いことばかりではありませんが、ある程度は危機回避として覚えておいてください。

とにかくきついバイトはイヤだ、という人は、飲食・工場系は避けておきましょう。