10日間プレイ無料!【ベラジョンに登録する】 >>

バカラの必勝法を完全解説!読むだけで勝率がアップする必勝法まとめ

読むだけで勝率アップ!バカラ完全解説ギャンブル全般

キングオブカジノと呼ばれるほど人気が高く、世界中で多くのギャンブラーを魅了しているバカラ。

ルールがとてもシンプルなので誰でも手軽に始めることができ、ポーカーのような駆け引き要素もないので初心者にも適したギャンブルのひとつです。

ただし、勝ち続けるとなるとルールを理解しただけではダメで、勝つためのノウハウをしっかり頭に入れておく必要があります。

そこでここではカジノがもっと楽しくなるためのコツとして、初心者でも稼げるバカラ必勝法をご紹介していきます。

トランプイラストギャンブル解説記事一覧トランプイラスト
ポーカードラゴンタイガーブラックジャック
バカラクラップスルーレット

\今月のおすすめカジノはこちら!/

ベラジョン

\登録者数No.1/
ボーナスやキャンペーンが豊富で、「稼ぎやすい」と大人気!

入出金が早く、安全に遊べます。

今なら10日間無料プレイ&最高$1000ボーナス!

このページでわかること

バカラの勝率は運で決まる

  • バカラは駆け引きのない、運だけで勝敗が決まるギャンブル
  • 罫線で流れを読めるようになると勝率がよりアップする
  • 稼ぐためには「損失を抑えてより利益を上げる賭け方」も合わせて実践を

バカラはポーカーなど他のトランプゲームと異なり駆け引き要素がないため、運だけで勝つことができます

ビギナーズラックも起こりやすく、1度勝ちを味わいハマってしまう人も大勢いますが、何も考えずに遊んでいると熱くなってしまい財産を失う恐れも。

そうならないためには、罫線と呼ばれる勝敗の記録表を用いて流れを掴み、勝率を少しでも高める工夫をすることが重要です。

また、賭け方を研究したカジノ攻略法など勝つためのノウハウを上手に使って、損失をできるだけ最小限に抑えるのも合わせて意識したいポイントのひとつ。

罫線と攻略法を組み合わせた自分なりの必勝法を見つけ、安定して勝ち続けられるギャンブラーを目指しましょう。

そもそもバカラとは?人気カジノゲームの基礎知識

世界中で大人気の「バカラ」とは

バカラはカジノで人気のトランプゲームです。

カジノで破産する人がいるほど熱狂しやすいギャンブルですが、それと同じくらい億万長者になれる夢のあるギャンブルでもあります。

国内にカジノがない日本人にはあまり馴染みのないゲームですので、名前を聞いたことがあっても、実際にプレイしたことのある人は少ないかもしれません。

しかし最近注目されているオンラインカジノでもよく遊ばれているゲームですので、ルールを覚えてぜひ挑戦してもらいたいところです。

そこで、ここではまずバカラの基本となるルールや、チップの賭け方などの遊び方について簡単にご紹介していきます。

バカラのルールとゲームの流れ

バカラ基本ルール

バカラとは、仮想のプレイヤーである「バンカー」と「プレイヤー」のどちらが勝つかを予想するカジノゲームです。

ルールはとても簡単で、カードを引いて合計数の下一桁が9に近いほうが勝ち

トランプの数字はそれぞれ以下の扱いとなり、バンカーとプレイヤーへ2枚ずつ配られたところからゲームはスタートします。

バカラの数字のカウント方法

  •  A:1
  •  2〜9:数字のまま
  •  10・J・Q・K:10

たとえばバンカーに配られたカードが「4」と「J」だった場合、4はそのまま4、Jは10と変換して「4+10=14」という計算式になりますから、バンカーの下一桁は「4」になるということです。

このとき3枚目を引くかどうかは定められた条件によって変わります

バンカー 

  • 下一桁が0〜2:1枚追加
  • 下一桁が3〜6:プレイヤーのほうが9に近い場合1枚追加

プレイヤー 

  • 下一桁が0〜5:1枚追加

つまり3枚目を追加するかどうかは自動的に決まるため、参加者やディーラーの意思がバンカーとプレイヤーの勝負に関与することはありません。

ちなみに最初の2枚が「8」もしくは「9」だった場合には、どちらも3枚目を引くことはなく、その数字で勝負します。

加えて、最初の2枚で下一桁が「8」になっているのを「ナチュラル8」、「9」になっているのを「ナチュラル9」と呼び、その場合もバンカーおよびプレイヤーが3枚目を引くことはなく、手元の2枚のカードで勝負することになります。

バカラの賭け方とそれぞれの配当

バカラの配当

バカラの賭け方には、「バンカーに賭ける」「プレイヤーに賭ける」「タイ(引き分け)に賭ける」の3種類があります。

それぞれの賭け金を含めた配当は次のとおりです。

  • バンカーに賭ける:2倍
  • プレイヤーに賭ける:2倍
  • タイ(引き分け)に賭ける:9倍

配当の高さからもわかるとおり引き分けになる確率はとても低いため、基本的にはバンカーかプレイヤーへ賭けることになります。

ちなみにバンカーに賭けてもプレイヤーに賭けても配当は賭け金の2倍となっていますが、バンカーに賭けて当てた場合にはコミッション(カジノ側へ支払う手数料)が発生するため、実際にはコミッション分が配当から差し引かれます

その額はカジノによって異なるものの5%程度に設定されているケースが多く、バンカーに賭けたときの実質の配当は1.95倍になると覚えておきましょう。

バカラを盛り上げる「スクイーズ」って?

シンプルなルールで初心者にもプレイしやすいバカラですが、1点わかりづらいのが「スクイーズ(絞り)」の存在です。

スクイーズとは、簡単に言うと「カードをめくる行為」のこと。バカラでは、スクイーズをする権利が参加者に与えられるケースがあります。

誰がめくっても結果は同じですので、理屈の上ではスクイーズをする権利を得ることに意味はありません

ただし、世の中には運のいい人と悪い人がいるので、誰がめくるのかによって結果が変わってくる(カードのめぐり合わせが変わる)という考え方もできるでしょう。

自分が勝ち続けているなら、その運を持続させるために自分がめくって主導権を握り続けたいというのがギャンブラーの真理。

反対に負け続けている人も、流れを変えるために自分でめくりたいと思うわけです。

スクイーズの権利は場で最も賭け金が大きな人に与えられるため、カードをめくりたい人が競い合って賭け金を大きくします。

そうなると自然と場が熱くなって盛り上がるわけですね。

運だけで決まるシンプルなゲームでありながら、このスクイーズがあることで参加者の熱狂が高まっていきます。

これは実際のカジノで体感してもらうしかないので、もし海外でカジノをする機会があれば、ぜひバカラのテーブルに座り、実際のスクイーズを楽しんでみてください

ちなみに、スクイーズがあるとどうしてもゲーム時間が長くなるため、レートが低いテーブルではミニバカラといって参加者にスクイーズさせずに、ディーラーがめくるタイプのゲームを採用していることもあります。

バカラ基本の必勝法は「罫線で流れを読む」こと!

バカラの勝敗は運で決まるとお伝えしましたが、実際に勝つためには「どちらが勝つのか場の流れを読む」ことが非常に大切になります。

そしてその“流れを読む”ときに使えるのが、「罫線」と呼ばれるこれまでの結果表です。

ここでは基本の勝ち方として、その罫線の種類や見方から、勝敗を予測する方法までを詳しく解説していきます。

何を表している?罫線の意味と種類

どちらに賭けるかは罫線で判断する

罫線とは、これまでのバカラの勝敗を一覧で確認できる結果表のことです。

その種類は3つから4つ用意されているのが一般的で、それぞれの役割や表している内容は次の通りとなっています。

  • 大路(ダイロ)
    →過去の勝敗が一目で確認できる基本の罫線
  • 大眼仔(ダイガンチャイ)
    →大路の最新の結果と“1列手前の結果”を比較し、動きの違いを記録した罫線
  • 小路(シュウロ)
    →大路の最新の結果と“2列手前の結果”を比較し、動きの違いを記録した罫線
  • 甲由路(カッチャロ)
    →大路の最新の結果と“3列手前の結果”を比較し、動きの違いを記録した罫線(存在しないケースもある)

バカラの勝敗は運によって決まりますが、「デッキ内のカードの偏りによっては、勝敗もどちらかに偏ることがある」という特性を持っているのも事実。

つまり罫線からこれまでの流れを読むことでカードの偏りを知り、次に勝つ可能性が高いのはどちらなのかを見極めることによって勝率を高められるというわけです。

罫線の見方と、勝敗予測の考え方

メインの罫線である大路の基本は、バンカーが勝った場合は「赤丸」を、プレイヤーが勝った場合には「青丸」を左詰めで書き込み、引き分けた場合はその直前の印に斜線を入れる、というものです。

どちらか一方の勝ちが続けば同じ列へ丸を追記していき、勝敗が入れ替わったら次の列へ移る、というルールで書き込んでいきます。

たとえば以下の大路からは、全部で7ゲーム行われたうち、はじめにプレイヤーが3回連続で勝ち、次にバンカーが2回勝利、その次にプレイヤーとバンカーの勝ちが交互に続いた、という流れが読み取れるということですね。

ここから予想を立てるなら、「初めはバンカー・プレイヤーともに連勝しているものの、直近の流れではバンカー・プレイヤーの勝ちが交互に続いているからカードはそこまで偏っておらず、同じ流れを汲むなら次に勝つのはプレイヤーかも」といった考え方ができるのではないでしょうか。

片側が2連勝しているなら流れが来ている(カードが偏っている)と踏んで次も同じ側に賭けたり、もしあまりにも片方の連勝が続いているならそろそろ反対側へ賭けたほうがよいかも、と判断したりするために、大路をうまく利用してみてください。

そして大路を読むことに慣れてきたら、「大眼仔(ダイガンチャイ)」や「小路(シュウロ)」など動きの違いがわかる罫線でより具体的にこれまでの流れを掴み、予想へ生かすのがおすすめです。

バカラで勝つ賭け方は?上手い人が使う攻略法4選

バカラ攻略におすすめ!勝つための攻略法

そしてバカラで勝って「稼ぐ」ためには、罫線を読んで勝率を上げるのはもちろん、より利益を出しやすい賭け方をすることも重要です。

そこで、ここでは安定して勝ち続けるための賭け方である攻略法を4つ、厳選してご紹介していきます。

それぞれの特徴を生かし状況に応じて使い分けることで、自分なりの“バカラ必勝法”を編み出してみてくださいね。

資金が多い人向け「マーチンゲール法」

マーチンゲール法とは、負けたときに賭け金を倍にしていくシンプルな攻略法です。

最初にチップを1枚賭けておき、負けたら次は2枚、その次は4枚といったように枚数を増やします。

これを繰り返すことにより、いくら連敗が続いても、1度勝てば必ず最初に賭けた枚数分(この場合は1枚)の利益を得られるという仕組みです。

古典的な方法ですが、十分な資金があるなら確実に利益を積み重ねることができるのが最大の特徴。

ただし、資金が少ない場合には賭け金が不足して次のゲームへチャレンジできず、そのまますべてを失うリスクもあります。

さらに、テーブルごとにベット額の上限があるので、そこへ達するまでに勝つ必要もあります。

マーチンゲール法では大きく勝てないといったデメリットもありますが、それでもリスクが低いので、始めてバカラに挑戦するなら試してみる価値のある手法のひとつです。

マーチンゲール法について、詳しくはこちらの記事もご覧ください。
マーチンゲール法は確実に勝てる!?連敗しても勝てる理由を解説!

小さな資金で大きく稼げる「パーレー法」

前述のマーチンゲール法は十分な資金がある人向けの賭け方ですが、ギャンブル初心者はそもそもの資金が少ない状況も多分にあるかと思います。

そこでおすすめなのが、小さな資金から大きく稼げるパーレー法です。

パーレー法とは、当てたときの配当をそのまま次のゲームに全額賭ける攻略法のこと。

たとえば最初に1枚で賭けて当てたとしましょう。

このときの配当は2枚になるので、それをそのまま次のゲームへ賭けてください。

これにも当たると4枚、8枚、16枚と賭け金はどんどん大きくなりますから、その分配当を大きくすることができるという仕組みです。

いくら連勝が続いても1度負けるとそれまでの勝利金をすべて失ってしまうことになりますが、実際に生じる損失は最初に賭けた1枚だけ

勝ち逃げするための引き際を見極める難しさはありますが、低リスクで大きなリターンが狙える攻略法だと言えるでしょう。

パーレー法について、詳しくはこちらの記事もご覧ください。
パーレー法で一攫千金!?少ない資金で一気に稼ぐための攻略法まとめ

モンテカルロ法を応用した「2in1法」

そして「絶対に負けたくない」ときにぜひ試したいのが、資金を守ることに特化した「2in1法」という攻略法です。

2in1法とは、ある一定の法則に従って賭け金を決めていくモンテカルロ法を応用し、バカラのような2倍配当のゲームでも効果的に使えるように改良された賭け方のこと。

数列をメモする必要があるためランドカジノでは使えない方法ですが、自由にメモがとれるオンラインカジノならその真価を発揮することができるでしょう。

モンテカルロ法はパーレー法などと比較するとあまり大きな勝ちは狙えないものの、うまく1サイクルを終了できた時点でそれまでに発生した損失はすべて回収し、着実に利益を上げられるという仕組みになっています。

メモの法則や詳しいやり方については、ぜひ以下の記事をご覧になってみてください。

2in1法について、詳しくはこちらの記事もご覧ください。
2in1法はなぜ強い?攻略のコツやメリット・デメリットをご紹介

大きく負けたくない人の「フィボナッチ法」

最後にご紹介するのは、負けたときの賭け金を倍にするマーチンゲール法に似た「フィボナッチ法」という攻略法です。

フィボナッチ法とは、その名の通り「0・1・1・2・3・5・8・13・21・34…」と続いていく“フィボナッチ数列”に従ってベット額を決める賭け方のこと。

マーチンゲール法と比較して負けたときの賭け金の上昇が緩やかになっているのが特徴です。

フィボナッチ数列と聞くとなんとなく難しいイメージがありますが、その考え方は実はシンプル。

前回のゲームと前々回のゲームでベットした賭け金を加算し、その和を次の賭け金にするだけです。

たとえば1ゲーム目と2ゲーム目でそれぞれ1枚のベットをして負けた場合、3ゲーム目のベット額は「1+1=2」で、チップ2枚となります。

その3ゲーム目でも負けた場合、2ゲーム目の賭け金1枚と3ゲーム目の賭け金2枚を足したチップ3枚が4ゲーム目の賭け金になるということですね。

1度でも勝ったら賭け金をリセットし、また初めからやり直しましょう。

マーチンゲール法と同様、1度勝てばそれまでの負けを取り戻し利益を上げられるうえに、賭け金が膨らみすぎず資金不足やテーブルリミットに陥りにくいという強みもある攻略法です。

オンラインカジノでバカラに挑戦しよう!

オンラインカジノでバカラに挑戦

世界中のギャンブラーを熱狂させているバカラですが、これまではバカラを楽しむために海外のカジノに行く必要がありました。

ところが、最近はインターネットでカジノを楽しめる「オンラインカジノ」サービスが増えており、国内にいながらバカラで遊べるようになっています。

「オンラインカジノって危険じゃないの?」

「そもそも違法では?」

そう思うかもしれませんが、大手オンラインカジノはサーバーを設置している国の政府からライセンスを受けており、さらには第三者機関が監査を行っているので、本物のカジノと同じくらい安全に遊ぶことができます

また、日本国内で賭博をすること自体は違法であるものの、オンラインカジノの拠点が海外にあり、その存在が合法であるケースでは、現在の日本の法律ではそのプレイヤーを賭博罪などで検挙することはできません。

いわゆるグレーゾーンな位置付けですが、現時点の結論としては、オンラインカジノのバカラでプレイし、稼いだチップを換金しても逮捕されないということですね。

バカラはお金を賭けるからこそ熱くなれるギャンブルですので、その醍醐味を味わってみたいなら、ぜひオンラインカジノでプレイしてみましょう。

まとめ:“バカラ必勝法”とは、勝率や利益をアップする攻略法の組み合わせ

罫線を読んで勝率を高めよう

バカラは誰にでもわかるシンプルなルールで、初心者でも運が良ければ一晩にして大金持ちになることもできる魅力的なトランプゲームです。

うまく勝ち続けるためには、罫線で流れを掴み勝率を高めたうえで、より損失を減らし大きな利益を上げるための賭け方を実践していかなければなりません。

ここでは賭け方の例として「マーチンゲール法」「パーレー法」など4種類のカジノ攻略法をご紹介しましたが、このような賭け方の手法は他にもたくさん存在します。

自分にとって使いやすいものを選んで、コツコツ稼ぎ続けましょう。

勝ち方のノウハウや攻略法をうまく組み合わせて、ぜひ自分なりの“バカラ必勝法”を見つけてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました