10日間プレイ無料!【ベラジョンに登録する】 >>

韓国・釜山でカジノを楽しもう!初心者向け完全ガイド

済州島の日本人向けカジノはどこ世界のカジノ

カジノの運営が合法化され、複数の公認カジノがある韓国。

その韓国で人気のリゾート地として知られる釜山(プサン)にも、2つの公認カジノが営業しています。

日本からの直行便があり、空港から市街地までの距離も近い釜山はランドカジノデビューの舞台としても最適です。

ここでは初めて釜山へ訪れる初心者向けに、安全に楽しめるおすすめのカジノ情報や、遊ぶ前に知っておきたい基礎知識について、詳しく解説していきます。

\今月のおすすめカジノはこちら!/

ベラジョン

\登録者数No.1/
ボーナスやキャンペーンが豊富で、「稼ぎやすい」と大人気!

入出金が早く、安全に遊べます。

今なら10日間無料プレイ&最高$1000ボーナス!

2022年4月1日から成人年齢が18歳に引き下げられていますが、カジノに入れるのは基本的に20歳以上のみとなっています。
また海外にあるカジノの場合は現地の成人年齢に従っていることが多く、日本では成人を迎えていてもカジノに入れないことがあります。予めご了承ください。

このページでわかること

19歳以上限定釜山カジノで遊ぶための基礎知識

日本からアクセスしやすい釜山には、2つの外国人専用公認カジノがあります。

どちらのカジノもマカオやラスベガスと比べるとコンパクトですが、サービスのクオリティは高く、また少ない予算でも楽しめるため、特に初心者のランドカジノデビューに最適です。

韓国のカジノは19歳以上でないと入場できず、入場時にはパスポートの提示が必須なので注意してくださいね。

どちらのカジノも個性があっておすすめですが、観光メインの旅行であればアクセスしやすい市街地にあるセブンラックカジノがおすすめ。

一方でのんびりとリラックスして過ごしたいという人は、リゾート気分を味わえるパラダイスカジノ釜山を選ぶのがよいでしょう。

少ない予算でもOK!韓国・釜山(プサン)の基本情報

ビーチリゾート釜山カジノは魅力がいっぱい

まずは、韓国に複数あるカジノタウンの中で釜山がどのような特徴を持っているのか、旅先を決める際の参考になる基礎知識を詳しくご紹介します。

ビーチリゾートなど、観光の見どころも多い街

釜山(プサン)は韓国の南東に位置する、六大広域市のひとつです。

ソウルに次ぐ“韓国第2の都市”とも言われ、日本海に面していることから、ビーチリゾートを目当てに世界中から多くの観光客が訪れます。

大きな特徴として挙げられるのが、物価がソウルよりも安いため、少ない予算でもカジノから観光まで十分に楽しむことができる点。

リーズナブルにカジノ体験がしたいなら、ぜひ選択肢に含めたいエリアだと言えるでしょう。

カジノ以外にもホテルや飲食店が充実している観光都市ですが、ローカルな街並みも残っているため、「昼間は街歩きで韓国の雰囲気を味わい、夜になったらカジノを満喫」のような楽しみ方をするのがおすすめです。

日本から韓国・釜山へのアクセス

日本から釜山(金海空港)へは、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の5大都市から直行便が出ています。

成田空港からなら、到着までにかかる時間はおよそ2時間30分

国内旅行と変わらない感覚で、気軽に訪れることができるアクセスのよさが魅力です。

旅費をできる限り抑えたいなら、旅行会社のツアーや、関西国際空港で発着するLCC(格安航空)を活用するのも一手ですよ。

ちなみに金海空港から釜山市内までは、リムジンバス、もしくは電車・市内バスなどの公共交通機関で向かうことができます。

おすすめは、空港から市内まで乗り換えなしでたどり着けるリムジンバス。運賃は6,000~7,000ウォンと電車・市内バスよりは多くかかりますが、釜山駅など市内中心部まで1時間ほどで到着します。

【2022最新】新型コロナの影響は?釜山カジノの現状

新型コロナウイルスの感染拡大により、海外旅行しづらい状況が続く昨今。

釜山にあるカジノの多くは営業再開し、日本から韓国へ入国する際の制限もだいぶ緩和されています。

しかし、すべての規制が完全に解除されたというわけではないので、事前に渡航情報をしっかり確認しておくようにしましょう。

また、昨今の情勢を鑑みてビザの審査は厳格化しており、申請が却下されたり、発行までに通常より多くの時間を要したりするケースが増加。

ビザがとれず希望の日程で渡航できない!という事態を防ぐために、できるだけ早めにビザ取得に向けて動き出すことが大切です。

初心者も安心!釜山で人気の2大おすすめカジノ

全2ヶ所釜山おすすめ公認カジノを紹介

釜山には公認カジノが2ヶ所あります。

ひとつは市街地の釜田洞にある「セブンラックカジノ 釜山ロッテ店」で、もうひとつがビーチリゾートの海雲台にある「パラダイスカジノ釜山」です。

いずれもソウルにも店舗を持つ有名店で、不正などもなく安心して遊べます。

ここからはカジノ選びの参考になる、それぞれの店舗の特徴やフロアの雰囲気などを詳しくご紹介しましょう。

格式高い雰囲気「セブンラックカジノ 釜山ロッテ店」

セブンラックカジノ 釜山ロッテ店は格式を重視しているカジノです。

ドレスコードはありませんが、清潔感に気をつけた服装で行くのがおすすめ

ヨーロッパに滞在しているかのような雰囲気があり、嗜みとしてカジノゲームで遊びたい人に適しています。

2,555㎡のスペースにテーブルゲームが42、スロットが105台あり、さらにビデオゲームなども設置されているので、予算に合わせてゲームを選んで楽しめます。

どこに行くにしてもアクセスしやすい釜田洞に位置するため、カジノだけでなく観光もグルメも楽しみたいという欲張りな人におすすめのカジノです。

週末を利用しての旅行など、滞在時間が短い人もこちらが有力な選択肢になるでしょう。

住所:釜山広域市釜山鎮区釜田洞503-15, ホテル3F

営業時間:24時間

オーシャンビューが美しい「パラダイスカジノ釜山」

パラダイスカジノ釜山カジノをしながら美しい海も楽しめる

パラダイスカジノはソウルにもあったよね!

あっちは街中だったけど、こっちは海沿い!

最高のオーシャンビューを楽しめるわ♪

パラダイスカジノ釜山はビーチリゾートの海雲台に位置し、美しい海を眺めながらギャンブルを楽しめるカジノです。

約144台のゲームテーブルとスロットに加えてVIPルームやバーなどもあり、充実のカジノ体験ができるでしょう。

ただ、人気のカジノでありながらも、ややこじんまりとしていることもあって、レートの低い席がなかなか空かないのが難点。

いつまで経っても席が空かないようであれば、思い切ってレートの高いテーブルで挑戦するか、時間を替えて再訪するのがよいかもしれません。

ビーチリゾートがメインでカジノはおまけというような位置付けのため、非日常を味わいながらも休日をのんびりと過ごしたい人に最適。

昼間はビーチやプールでゆったり過ごし、夕食後に予算を決めてカジノのドキドキ感を楽しむといった使い方がおすすめです。

住所:釜山市海雲台区中洞1408-5 パラダイスホテル釜山本館

営業時間:24時間

釜山カジノのルールやマナーは?押さえておくべき5つのポイント

釜山でカジノを最大限楽しむには、カジノならではのルールやマナーを知っておかなければなりません。

最後に、特に初心者が押さえておくべきポイントを5つ、ピックアップしてご紹介します。

年齢確認のためにパスポートを持参する

メンバーズカードが便利パスポートは必ず原本で所持

釜山を含む韓国内のカジノでは、19歳未満はたとえ親同伴であってもカジノへ入場できない年齢制限が課せられています。

韓国の法律では19歳からが成人として認められるためで、日本の成人年齢は考慮されないため注意してください。

そして、韓国のカジノは入場時の年齢確認が厳格に行われることで有名です。

パスポートの原本を提示しなければならないため、訪れる際には必ず携行しておくようにしましょう。

はじめにメンバーズカードを作成しておけば2回目以降はメンバーズカードの提示のみで済むため、複数回訪れる予定があるなら作成しておくとよいかもしれません。

年会費等は無料で、提携ホテルの割引が受けられるなどのメリットもありますよ!

チップの交換にはウォンが必要

カジノで遊ぶためには現金をチップに替える必要がありますが、釜山で使えるのは現地通貨のウォンのみです。

事前に空港や市街地で日本円をウォンに両替しておくか、カジノ内にある両替所で両替しましょう。

レートがいいのは南浦洞の両替所ですが、カジノでの両替も日本の空港よりは良いレートで両替できますので、手持ちのお金に合わせて随時活用するのがおすすめです。

ただし、熱くなって手持ちを全額つぎ込むことのないように気をつけてくださいね。

ちなみに韓国を出国する際、課税されるわけではないものの、10,000ドル以上の現金を所持している人は申告が必要になります。

カジノで大きく儲けたときには、申告の時間を考慮して早めに空港に向かいましょう。

服装はビジネスカジュアルが無難

迷ったらビジネスカジュアルドレスコードは気にしないでOK

ドレスやタキシードのイメージも強いカジノですが、釜山のカジノでは決まったドレスコードなどは存在しません。

むしろフォーマルすぎる服装だと場の空気に馴染めない恐れもありますので、ビジネスカジュアル程度の清潔感ある服装を意識するのがよいでしょう。

夏場なら、エアコンの設定温度が低いときの寒さ対策として、脱ぎ着しやすい上着を一枚もっておくと安心です。

そして明確な決まりはないものの「Tシャツに短パン、サンダル」のようなラフすぎるファッションや、不正が疑われる「サングラス、ロングコート」などの着用はNG。

入場を拒否されることもありますので、ビーチ散策の帰りにそのままカジノへ行くのは避けてくださいね。

カジノ内では写真・動画を撮らない

釜山に限らず、カジノでは基本的に写真・動画の撮影が禁止されています。

そこで遊ぶ人たちのプライバシーを守るためと、不正行為を防止するためというのがその理由です。

カジノに来たらそれをSNSなどにアップしたくなりますが、写真を撮っているのがバレると注意されます。

実際には撮影していなくても、紛らわしい行為はNG。カジノ内ではできるだけスマホを触らないようにしましょう。

ただしスロットで大きく勝ったときなどには、記念撮影が許されることもあります。

どうしても写真を撮りたいときには、撮影許可をとったうえでスタッフにシャッターを押してもらうようにしましょう。

チップマナーは「大きく勝ったら1割」がスマート

ポーカーで勝てた~!!

おめでとう!お礼の気持ちを込めて、ディーラーにチップを渡してあげてね♪

渡すのは現金じゃなくて、賭けに使うチップでOKよ!

韓国は日本と同じくチップの文化がありませんが、大きく勝ったときには1割程度のチップをディーラーへ渡すのがスマートです。

やり方は、テーブルを離れる際にチップの一部をテーブルへ残しておくだけ。ディーラーへ直接渡すのは、不正を疑われる原因にもなるため避けましょう。

必ず渡さなければならないわけではありませんが、ディーラーとコミュニケーションをとり、よりカジノを楽しめるようにするためのマナーです。

まとめ:釜山カジノはコンパクトでリーズナブルに楽しめる!

まとめ:釜山カジノコンパクトで手軽に楽しめる

釜山は2つの外国人専用カジノがあり、観光スポットやグルメも充実していることから、多くの日本人が訪れる観光地です。

日本語対応もしているためカジノ初心者でも安心して遊べますし、他の国よりも低レートなので予算が限られていても十分満足できるでしょう。

ただしマカオやラスベガスといった本場のカジノに比べると規模が小さく、同じ韓国のソウルにあるカジノよりもさらにコンパクトです。

そのためギャンブル好きで、世界のカジノを巡っている人には少し物足りなく感じるかもしれません。

逆に観光がメインで、少しだけカジノを体験したいという人なら、場の空気に飲まれることもなく、熱くなりすぎないという点でおすすめできます。

昼間は観光地やビーチリゾートを楽しんで、夜に嗜む程度に遊ぶなら釜山のカジノで十分です。

せっかくですからタイプが違う2種類のカジノを巡って、それぞれの雰囲気を楽しんでください。

どちらか行けないようであれば、旅行の目的に合わせて、観光重視ならセブンラックカジノ、リゾート重視ならパラダイスカジノ釜山を選んでみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました