換金率の高い商品一覧。現金化に向いている換金性の高い商品とは?

換金率の高い商品一覧 お金を作る

クレジットカードの現金化に使える商品は、ある程度限られています。
気になるのは、「もっと高い換金率で現金化できる商品はないの?」ということですよね。

ここでは、換金率が比較的高い商品を5つご紹介。自分で現金化するメリット・デメリットについても解説していきます。

換金率100%を超える、一発逆転の商品とは?具体的にお伝えします!

換金率95%以上の現金化業者を見てみる>>

クレジットカード現金化業者を利用した場合、その換金率は70%~高くても85%くらいが相場です。

時間と手間がかかってもいいから、もっと高い換金率で現金化したい!」という人も中にはいらっしゃるでしょう。

その場合は、業者を介さずに自分で商品を購入して自分で売却するという方法もあります。

今回はそういう人のために、特に換金性の高い商品を調べてみました。

ちょっとくらい手間がかかっても、高く売りたいです!

実際、家にあるものがめちゃめちゃ高く売れたなんてこともあるしな。

よし、おすすめ商品を紹介していくぞ!

逆転可能な商品換金率の高い商品とは? 売却注意商品を売る時の注意点

【自己破産しない借金の減らし方】

友だち追加

サイトでは書けないお金の裏技・情報発信中!

換金性の高い商品5選。ゲーム機は高く売れる?

お財布と紙幣

僕はわざわざ自分で売るんです!

だから、「現金化業者より換金率の低くなるもの」は使いたくありません!

せっかく個人でやるんだから、できるだけ儲けたいよな。

大丈夫、ここでは換金率が高い商品だけを紹介していくぞ!

商品を売って現金を手に入れるなら、換金率はちょっとでも高い方がうれしいですよね。

たとえば、10万円で購入したものが8万円で売れるよりは9万円で売れた方が、誰でもいいに決まっています。

さらに、市場でプレミア価格が付くようなものであれば、買った価格より売る時の価格が上回ることもあるのです。

しかし冒頭でも説明した通り、クレジットカード現金化で業者を利用する場合、高くても換金率は85%程度。

残りの15%がどうしてももったいない、惜しい!という方は、自分で現金化することも検討してみましょう。

換金性が高く売れやすい商品をリサーチしました!

今すぐしたい人向け

ブランド品

段ボール箱とブランド品

高換金率と聞いて、まず思いつくのがブランド品ですね。

洋服・時計・靴・バッグなど、ブランド品は多岐に渡ります。

特に、シャネルやエルメス、ヴィトンなどの「一流ブランド」は需要が高い分、高換金率につながるでしょう。

しかし、ブランド品の売買はライバルが多く、値動きも激しいため、素人には分かりづらい側面もあります。

また、最近ではAmazonなどの通販サイトに堂々と偽物が販売されていることもあって、「高いお金を出して買ったのに詐欺だった」というケースもあるようです。

そもそも、相場としては高くても80%程度の換金率ですので、あまり効率の良い方法とは言えません。

ブランド品現金化のポイント

  • 流行りのブランド品でも換金率80%前後
  • もともと高い値段で買ったものでも、流行を過ぎると換金率が激減
  • そもそもが高額のため、返済が大変

最近はブランド品が安く買いたたかれることも多いんだ。

テクニックがないと高く売りにくいかもしれないな。

僕には難しそうだなあ…

家電・パソコン

掃除機のヘッド部分

こちらも新商品が次々と販売される、家電やパソコン。

出たばかりの商品を買ってすぐに売れば、ある程度の換金率になりそうな気もします。

しかし、最近は家電をリサイクルショップに持ち込む人が増えていることもあって、新品でも換金率は減少傾向にあるようです。

出たばかりの商品を買ってすぐに売れば、ある程度の換金率になりますが、やはり需要の高い、間違いなく人気の商品を選ぶことが重要でしょう。

そのためには、とにかく入念なリサーチが必要です。

しかし、そのリサーチこそが面倒で、特に情報の多すぎる現代ではなかなか難しかったりします…。

家電・パソコン現金化のポイント

  • 家電をリサイクルショップなどに売る人が増えている
  • そのため、家電やパソコンの換金率は減少傾向に
  • 種類が多く人気が分散されているため、リサーチの手間が割に合わない

時間に余裕があるなら、この方法はかなり有効だぞ!

休日はなんとなく家電量販店に行っちゃう僕にはぴったりかも~!

今すぐしたい人向け

ゲーム機

ゲームをプレイする手元

ゲーム機も、家電やパソコンと並んで換金性の高い商品によく挙げられますね。

とくに発売直後で人気が高く、並ばないと購入できないようなゲーム機ほど高く売れる可能性大です。

もしかすると、購入した金額より高く売れる可能性もあります。

しかし、人気の新ゲーム機が発売されるのは数年に一度ですよね。

自分がクレジットカードを現金化したいタイミングと、そんな社会現象が起きるタイミングが合致する可能性は、ほぼゼロに近いのではないでしょうか?

いつでも購入できるゲーム機の換金率など、たかが知れています。

こちらも手間や時間などを考えると、効果的な手法とは言えません。

ゲーム機現金化のポイント

  • 発売直後は人気だが、その時に自分が現金化したいとは限らない
  • いつでも購入できるもの、発売から年数が経ったものは換金率も低い
  • 一部マニアに高値で売れるもの以外はおすすめできない
ゲーム機は中古でもいいという人が多いせいか、定価前後の値段だとなかなか売れないんだ。

ゲームソフトでも現金化できそうですけど、今度は単価が安くなっちゃいますしね…。

チケット

球場の青いイス

最近、換金する人が多いのが、ライブやスポーツの試合のチケットです。

いわゆる「神席」と呼ばれるアリーナ席や、スタンド一列目などの良席は、相場価格が跳ね上がることもあります。

たとえば国民的アイドルのコンサートの場合、一つの座席に数十万円の値が付くこともあるほどです。

スポーツの観戦チケット代も、相場価格が年々上がっているため、定価でチケットを買って高い値段で売れば、それだけで儲けが出ます。

また、チケットのほとんどはクレジットカードで購入可能ですので、手ごろな現金化手段として利用する人も多いでしょう。

しかし、2019年6月からチケット不正転売禁止法が施行されたことで、リスクが一気に高まりました。

インターネット上でのチケットの不当な高額転売等を禁止するため、「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」(通称「チケット不正転売禁止法」)が、2019年6月14日からスタートします。

引用元:政府広報オンライン「チケットの高額転売が禁止に!」

上手くいけば、一気に何万ものお金を手にできるチケット転売ですが、逮捕などのリスクが高すぎるため、おすすめできる方法ではありません。

特に、SNSなどで定価をはるかに超えた価格で販売した場合、それが見つかって摘発の対象になったり、購入者が当日入場できなくなってトラブルに発展したりするおそれもあります。

試合に行けないなどの理由で、知り合いや家族チケットをに譲ることは可能ですので、そういった目的で使用するようにしましょう。

今すぐしたい人向け

チケット現金化のポイント

  • 人気のある公演なら、売却価格は定価の数倍~数十倍に
  • クレジットカードで購入でき、売却にも手間がかからない
  • しかし最近は転売対策法が施行され、バレた時のリスクが大きい

僕も好きなアーティストのチケットが完売だと、つい「高くてもチケットを手に入れたい!」って思っちゃうんですよね~。

Twitterなどでも売る人が増えているが、あくまでも定価以上は違法なことを忘れちゃダメだぞ!

金券・ギフト券

5000円分の金券

こちらは、クレジットカード現金化の常とう手段とも言える、オーソドックスな金券・ギフト券

需要も多く、買い取る側も何のデメリットもないことから、常時高い換金率を誇ります。

しかし、その分クレジットカード現金化に使われることが多いため、カード会社から目をつけられやすくなる可能性はありそうです。

そもそも、最近では金券の購入にクレジットカードを利用できないお店が大半となっています。

ネットなら、クレジットカードで買える金券ショップもありますが、一度に大きい金額を購入したり、繰り返し同じ商品を購入したりすると、すぐに監視の対象となってしまうでしょう。

もし少額のギフト券を現金化したい場合は、Amazonギフト券をバンドルカード(Visaのプリペイドカード)で購入する方法がおすすめです。

バンドルカードならAmazonギフト券も購入できますし、クレジットカードからチャージできますので、「クレジットカード→バンドルカード→Amazonギフト券→売る」の流れで換金できますよ!

金券・ギフト券現金化のポイント

  • カード会社に目を付けられやすく、利用停止になる可能性も高い
  • 一度だけ、少ない枚数での現金化なら怪しまれる可能性は低い
  • クレヒスのない新しいカードで購入するのは危険

金券を現金化に使うなら、一度にたくさんはダメだぞ。

その辺を考えると、やっぱり自分でやるのは大変そうだな~(泣)

新幹線の回数券

新幹線のホーム

こちらも鉄板の換金率を誇るアイテムである、新幹線の回数券

新幹線の回数券をクレジットカードで買うことは何ら違法性もないですし、需要も多いため、現金化にはもってこいのアイテムです。

換金率も高く、特に人気のある東海道新幹線(東京-名古屋・京都・新大阪)の回数券は、95%近いレートで売れることもあります。

しかし、カード会社も不正利用には目を光らせていますので、明らかに転売目的で新幹線の回数券を購入し続けていると、最悪の場合は利用停止のリスクもあります。

また、auが発行するカード(au WALLET)で回数券を買い、現金で払い戻してもらうという方法を考える方も多いようですが、実際には不可能です。

クレジットカードで購入した切符は、どんな場合でも現金で返金してもらうことはできませんのでご注意ください。

新幹線の回数券現金化のポイント

  • 鉄板アイテムであり、買うこと自体は簡単
  • 需要も高く、売れやすいため在庫リスクはない
  • ただしカード会社に目を付けられやすく、現金化自体のリスクが高い

なんだか売るのが難しそうなものばかり…これじゃあ参考になりません!

まあ待て。ここからは、「運が良ければめちゃめちゃ高く売れる商品」を紹介していくぞ!

一発逆転の商品

古い海外の切手

クレジットカード利用停止のリスクが低く、換金率100%越えも夢ではない商品も存在します。

それは、以下のようなプレミアが付きやすい商品です!

  • 切手
  • 骨董品
  • お酒
  • 着物

これらはいわゆる「マニア」が存在するため、重要と供給が合致すればとんでもない金額に跳ね上がることもあります。

しかしながら、当然そのような商品を仕入れるには「目利き」が必要です。

素人が下手に手を出したら全然価値のないものだった…なんてこともありますので、難易度は高いでしょう。

まずは、家に眠っている古い物を集めてネット検索し、高値が付いていないかをチェックすることから始めた方がいいかもしれませんね。

下手に偽物をつかまなければ、一発逆転のチャンスですね!

めちゃめちゃポジティブだな…

今すぐしたい人向け

売却の際の注意事項

緑のノートとパソコン

換金性の高い商品をクレジットカードで購入するまでは良いとして、その商品をいかに高く売るかが問題です。

買い取り店は全国各地にありますが、当然ながら買い取り金額は一律ではありません。

同じ商品でも、業者によって査定額はかなり変わりますので、少しでも高く買い取ってくれる業者を探す作業が必要です。

ネットオークションやフリマアプリを使う方法もありますが、時間や手間がかかりますし、そもそも購入してくれる人がいない可能性もあります。

自分でクレジットカードの現金化をする場合、売却先探しも自分でしないといけないということを覚えておきましょう。

フリマアプリは値切りを要求してくる人も多い。

高く売るなら、売却先の見極めも重要だ!

うーん、こうなると、途端にめんどくさく感じてきちゃいます…

換金性の高い商品が持つリスク

がっかりする人のシルエット

換金性が高いアイテムをいくつかご紹介してきましたが、これらはあるリスクを背負っています。

それは、カード会社に目をつけられやすいということです。

クレジットカードの現金化は違法ではありませんが、カード会社はルールとして禁止しています。

現金化を狙う利用者との戦いは昔から続いており、カード会社は現金化に使われやすい商品の情報を常に収集しているのです。

クレジットカード会社は、換金を目的とするクレジットカードの利用を認めていません。このことは、クレジットカード会社とカード会員との約束事である「クレジットカード会員規約」に記載されています。

また、クレジットカードで現行紙幣・貨幣を購入することはショッピング枠の現金化に該当します。このようなことは、規約違反として、「残金の一括請求」、「カードの利用停止」、「カードの強制退会」等のペナルティを受けることにもなります。

引用元:一般社団法人 日本クレジット協会「クレジットカードのショッピング枠の「現金化」の誘いにご注意ください」

換金性が高い商品でも、1回限りの購入や、本当に必要そうなまとめ買いであればバレる危険性は低いと思われます。

しかし、明らかに不自然なまとめ買いや、同じ商品の繰り返し購入などは目をつけられやすく最悪の場合はカードを利用停止されてしまうことも。

そうなると、残るのは一括請求のみという悲しい結果になってしまいますので、換金性の高さだけにつられてクレジットカードを利用するのは非常に危険な行為です。

利益を出すために何回も売っていると、突然カード会社から電話が…なんてこともあるからな!

こ、こわすぎる!

まとめ:自力での現金化には手間がかかる。楽にやるなら業者に任せよう

携帯を見てニヤつくサラリーマン

クレジットカードの現金化は、業者に依頼するよりも自分で行なった方が手数料がかからない分、多くの現金を手にできる可能性があります。

しかし、そのためには手間や労力、入念なリサーチや目利きなどが必要です。

さらに、買い方に気をつけないとカード会社に目をつけられ、最悪の場合はカード利用停止のリスクもあります。

効率やリスクなどを総合的に考えれば、換金率こそ劣るものの、クレジットカード現金化の業者を利用した方が安全で簡単です。

利用する金額にもよりますが、数パーセント換金率をお得にするためだけにカードが使えなくなってしまっては、元も子もありません。

自分で現金化をする場合はその辺りもしっかりと考えて、ムリのない方法を選んでくださいね。

現金化に慣れていないなら、まずは業者に問い合わせてみるのもおすすめだぞ!

無料で見積もりをしてくれるところもありますしね!